竹中労『鞍馬天狗のおじさんは 聞書アラカン一代』の「聞書8 アラカン天皇記」で触れられていますね。
アラカン氏曰く「天皇はんどう演じたらよいのか見当もつかん」「天皇陛下、これはツブシがききまへんな。ワテは大損をした」「天皇はん演れたのは、役者冥利と思いま」等々、実に面白い。 https://t.co/gfabry2XQz

— k.hisadome (@HisadomeK) 2017年2月7日