たまには新しい本を勧めてみよう。大森望さんの『現代SF観光局』。SFマガジン2007年1月号から連載されたコラムをまとめたもので、ここ10年くらいのSFの状況を把握できる1冊……あれっ? この本は良く見たら早川じゃなくて河出だっ!! #早川書房5万

— k.hisadome (@HisadomeK) 2017年2月10日

日下三蔵さんの『日本SF全集・総解説』。SFマガジン1999年7月号から連載されたコラムをまとめたもの。架空の全集の体裁のブックガイドで、「自分ならこれを収録するのに…」と独り言を言いながら読むのが楽しい。本書はちゃんと早川から単行本化されています。 #早川書房5万

— k.hisadome (@HisadomeK) 2017年2月10日

『アシモフ自伝T 思い出はなおも若く(上下)』『アシモフ自伝U 喜びは今も胸に(上下)』の全4冊の分厚いハードカバー。昔のハードSF研の例会の時、訳者の山高昭先生に「せっかくの名著なので、若い人にも買えるよう文庫に出来ないんですか?」とお話しした事が有りましたが… #早川書房5万 https://t.co/4gseO84Wu8

— k.hisadome (@HisadomeK) 2017年2月10日

グレッグ・イーガンの作品では、「ルミナス」とその続編「暗黒整数」(こちらは『プランク・ダイヴ』所収)が一番好きです。#早川書房5万 https://t.co/zqKzvm6ZV6

— k.hisadome (@HisadomeK) 2017年2月10日

アレクサンドル・グリーンはもっと評価されていい作家だと思う。ハヤカワ文庫の『黄金の鎖』の他、他社からも『波の上を駆ける女』『輝く世界』『深紅の帆』『消えた太陽』とポツリポツリと訳されているのですが。早川書房で《グリーンランディア全集》が出たら買いますよ。 #早川書房5万 https://t.co/yVbVQVAL9q

— k.hisadome (@HisadomeK) 2017年2月10日

『深夜プラス1』はもちろんですが、ギャビン・ライアルでは『ちがった空』『本番台本』『もっとも危険なゲーム』も甲乙付け難い傑作だと思います。#早川書房5万 https://t.co/ceNS06qlvK

— k.hisadome (@HisadomeK) 2017年2月10日