お二方とも同じ女性(同級生)をモデルに小説を書かれていますね。
荒巻先生の『白き日旅立てば不死』では"加能純子"、渡辺先生の『阿寒に果つ』では"時任純子"。 https://t.co/XxpbWc2wAR

— k.hisadome (@HisadomeK) 2017年4月18日

@azutak @uncle_dagon 私は『白き日旅立てば不死』を先に読んでいたので、TVでたまたま映画版『阿寒に果つ』を観て、ヒロインに関するエピソードの類似に驚きました。調べてみたら、ヒロインには実在のモデルがいた事が判って……という次第です。

— k.hisadome (@HisadomeK) 2017年4月18日