ウィキペディアの素盞嗚神社 (福山市新市町戸手)には、「一般に牛頭天王の本地仏は薬師如来であるが、当社の観音祭祀の理由は不明である」とあるが、『備陽六郡志』https://t.co/pskvwyJaDTには「医王善逝(牛頭本地) 聖観世自在(天徳神、本地蘇民将来也)」とある。

— k.hisadome (@HisadomeK) 2017年5月21日

医王善逝とは薬師如来です。つまり、素盞嗚神社(福山市新市町戸手)も他の牛頭天王社(八坂神社・広峯神社・津島神社など)と同じく本地仏は薬師如来だったと思われます。

— k.hisadome (@HisadomeK) 2017年5月21日