百人一首:横田順彌「STAR BAWS」「続・中継ステ*ション」に登場する、百人の胴体に一個の頭がついた宇宙怪物。「いにしえの 奈良の都の八重桜 今日九重ににほひぬるかな」とか「雀の子 そこのけそこのけ お馬が通る」等(一部違うのが混じってる)と言いながら出現。#百人一首の日

— k.hisadome (@HisadomeK) 2017年5月27日

西川魯介先生の『おてつきおちゃっぴい!』は競技かるた物の先駆的作品(月刊少年キャプテン1996年12月号〜97年2月号に連載)。
この場面では、序歌として「ふんぐるい むぐるうなふる くとうるう うがふなぐる ふたぐんるるいえ〜」(作者不詳)が読まれている。
#百人一首の日 pic.twitter.com/puKmrxmdsN

— k.hisadome (@HisadomeK) 2017年5月27日