本日のNHK「にっぽん百名山」は鈴鹿山脈の霊仙山。
この山名は霊仙三蔵に由来するという説がありますが、霊仙は大正時代に石山寺の「大乗本生心地観経」跋文https://t.co/OdPgnVBHkyが見つかるまではほとんど知られていなかったので、この説は疑わしいと思います。

— k.hisadome (@HisadomeK) 2017年6月19日

また、霊仙山の山上にかつて泰澄の開いた霊山寺が有ったという説が有ります。これが本当なら霊仙の時代より遡るのですが。
「霊山寺。在坂田郡丹生郷。号中霊山。(中略)元正天皇養老元(丁巳)年。越智泰澄大師開基。本尊毘盧遮那如来也」
この記述の出典は……また『興福寺官務牒疏』かよ!

— k.hisadome (@HisadomeK) 2017年6月19日