横溝正史小説リスト

平成30年6月3日
[ホームページ]

参考文献


[あ][い][う][え][お]
[か][き][く][け][こ]
[さ][し][す][せ][そ]
[た][ち][つ][て][と]
[な][に][ぬ][ね][の]
[は][ひ][ふ][へ][ほ]
[ま][み][む][め][も]
[や][ ][ゆ][ ][よ]
[ら][り][る][れ][ろ]
[わ][ ][ ][ ][ ]

  1. 喘ぎ泣く死美人
    1929.07 講談雑誌増刊号

  2. 青い外套を着た女
    1937.07.01 サンデー毎日・特別号

  3. 青蜥蜴 [金田一耕助]
    1963.03 推理ストーリー
    # 長編「夜の黒豹」の原型
  4. 赤い水泳着
    1929.04.08-04.21 アサヒグラフ

  5. 赤いチューリップ [三津木俊助・御子柴進]
    1953.02 太陽少年

  6. 開かずの間 [人形佐七]
    1952.06 別冊小説新潮

  7. あかずの間
    1957.07 なかよし・夏の増刊号

  8. 赤の中の女 [金田一耕助]
    1958.05 週刊東京

  9. 赤屋敷の記録
    1926.06 『広告人形』(聚英閣)

  10. 秋の挿話
    1930.12 文学時代

  11. 空家の怪死体
    1928.11 文芸倶楽部
    # 初出時は河原三十郎名義
  12. 悪魔が来りて笛を吹く [金田一耕助]
    1951.11〜53.11 宝石

  13. 悪魔の家 [三津木俊助]
    1938.05 富士

  14. 悪魔の画像
    1952.01 少年クラブ増刊号

  15. 悪魔の降誕祭 [金田一耕助]
    1958.01 オール読物
    # 同題長編の原型
  16. 悪魔の降誕祭(長編版) [金田一耕助]
    1958.07 東京文芸社刊

  17. 悪魔の設計図 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1938.06〜07 富士

  18. 悪魔の寵児 [金田一耕助]
    1958.07〜59.07 面白倶楽部

  19. 悪魔の手毬唄 [金田一耕助]
    1957.08〜59.01 宝石

  20. 悪魔の富籤 [人形佐七]
    1955.02 読切小説集
    # 紫甚左捕物帳「富籤五人男」(1941.07 今日の問題社『紫甚左捕物帳』)を人形佐七捕物帳に改作
  21. 悪魔の百唇譜 [金田一耕助]
    1962.10 東京文芸社刊
    # 「百唇譜」の長編化
  22. 悪霊
    1949.06 キング増刊
    # 金田一物「首」の原型
  23. 悪霊島 [金田一耕助]
    1979.01〜80.05 野生時代

  24. あけぼの鳶 [菊水兵馬]
    1942.04 講談雑誌

  25. 薊を持つ支那娘(あざみを持つ中国娘)
    1933.01 少女倶楽部

  26. 亜細亜の日月
    1933.05 譚海

  27. 足の裏 ―共犯野原達男の告白―
    1931.01 婦人サロン

  28. 当たり矢 [人形佐七]
    1954.01 捕物倶楽部

  29. あ・てる・てえむ・ふいるむ
    1928.01 新青年
    # 初出時は江戸川乱歩名義
  30. アトリエの殺人
    1946.10 オール読物

  31. 画室(アトリエ)の犯罪
    1925.07 新青年

  32. 阿呆武士道 [矢柄頓兵衛]
    1943.02 講談雑誌

  33. 嵐の修験者 [人形佐七]
    1941.06 『人形佐七捕物帳(5)』(春陽堂書店)

  34. 嵐の道化師 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1939.10 富士

  35. ある女装冒険家の話
    1930.11 文学時代

  36. ある戦死
    1937.10 新青年

  37. 生きている自来也 [人形佐七]
    1940.10 講談雑誌

  38. 生ける死仮面 [金田一耕助]
    1953.10 講談倶楽部

  39. 生ける人形
    1949.08 苦楽

  40. いたずらな恋
    1926.09 苦楽

  41. 一個のナイフより
    1921.12 新青年

  42. 一週間
    1938.06 新青年

  43. 五つの踊子
    1931.12 モダン日本

  44. 五つめの鍾馗 [人形佐七]
    1955.05 読切小説集
    # 初出時の題名は「五つの鍾馗」
  45. いなり娘 [人形佐七]
    1940.03 講談雑誌

  46. 犬神家の一族 [金田一耕助]
    1950.01〜51.05 キング

  47. 犬娘 [人形佐七]
    1938.09〜10 講談雑誌
    # 初出時の題名は「謎の生葬礼」
  48. 慰問文
    1942.06 新青年

  49. 刺青された男
    1946.04 ロック

  50. 刺青三人娘 [緋牡丹銀次]
    1941.08 『緋牡丹銀次捕物帳』(春陽堂書房)

  51. いろは巷談 [人形佐七]
    1941.06 『人形佐七捕物帳(3)』(春陽堂書店)
    # 鷺十郎捕物帳「いろは政談」(1940.11 日の出)を人形佐七捕物帳に改作、初出時の題名は「いろは政談」
  52. 色八卦 [人形佐七]
    1954.09 小説倶楽部
    # 初出時の題名は「色欲八卦」
  53. 石見銀山 [人形佐七]
    1948.05 東京

  54. うかれ坊主 [人形佐七]
    1952.11 読切小説集・増刊

  55. 浮世絵師 [人形佐七]
    1968.07 『浮世絵師』(金鈴社)
    # お役者文七捕物暦「江戸の陰獣」を人形佐七捕物帳に改作
  56. 動かぬ時計
    1928以前 少年画報

  57. 失はれた影(未完)
    1950.01, 03, 04 ホープ

  58. 丑の時参り [人形佐七]
    1947.05 講談雑誌

  59. 渦の中の女 [金田一耕助]
    1957.11 週刊東京
    # 長編「白と黒」の原型
  60. 渦巻く濃霧(まぼろし曲馬団)
    1928.01〜08 少年世界

  61. 1947.01 四国新聞

  62. 空蟬処女
    1983.08 月刊カドカワ

  63. 腕環
    1930.11.09 日曜報知

  64. 海の一族
    1943.07 新青年

  65. 梅若水揚帳 [人形佐七]
    1968.10 『梅若水揚帳』(金鈴社)
    # お役者文七捕物暦「恐怖の雪だるま」を人形佐七捕物帳に改作
  66. 浦賀街道 [菊水兵馬]
    1941.01 講談雑誌

  67. 裏切る時計
    1926.02 新青年

  68. 江川蘭子
    1930.09〜31.02 新青年
    # 江戸川乱歩・横溝正史・甲賀三郎・大下宇陀児・夢野久作・森下雨村による連作
  69. (えくぼ)
    1946.04 新青年

  70. X夫人の肖像
    1940.01 サンデー毎日・特別号

  71. 江戸城秘図 [菊水兵馬]
    1942.02 講談雑誌

  72. 江戸の陰獣 [お役者文七]
    1959.11.18〜12.23 週刊漫画Times
    # 人形佐七捕物帳「浮世絵師」の原型
  73. 江戸名所図絵 [黒門町伝七]
    1951.06.10 京都新聞夕刊
    # 智慧若捕物帳「とんびの行方」を改作、人形佐七捕物帳「江戸名所図会」の原型
  74. 江戸名所図会 [人形佐七]
    1968.10 『緋牡丹狂女』(金鈴社)
    # 智慧若捕物帳「とんびの行方」、黒門町伝七捕物帳「江戸名所図絵」を人形佐七捕物帳に改作
  75. 絵馬
    1946.10 家の光

  76. 艶書御要心
    1926.10.01 サンデー毎日

  77. 艶説遠眼鏡 [人形佐七]
    1951.02 講談倶楽部
    # 初出時の題名は「風流遠眼鏡」
  78. 王冠のゆくえ
    1955.01 幼年クラブ増刊号

  79. 黄金の指紋 [金田一耕助]
    1951.06〜52.08 少年少女譚海
    # 初出時の題名は「皇帝の燭台」
  80. 黄金の花びら [金田一耕助]
    1953.01〜02 少年クラブ

  81. 黄金魔人 [三津木俊助・御子柴進]
    1957.01〜08 おもしろブック

  82. 鸚鵡を飼う女 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1937.04 キング

  83. 狼侍 [人形佐七]
    1941.07 『人形佐七捕物帳(4)』(春陽堂書店)
    # 初出時の題名は「めくら狼」
  84. 丘の三軒家
    1925.10 苦楽

  85. 小倉百人一首 [人形佐七]
    1942.03 『人形佐七捕物百話(2)』(八紘社杉山書店)
    # 初出時の題名は「謎の百人一首」
  86. お俊ざんげ [人形佐七]
    1942.03 『人形佐七捕物百話(2)』(八紘社杉山書店)
    # 紫甚左捕物帳「妻恋太夫」を人形佐七捕物帳に改作
  87. お尻を叩く話
    1929.08 新青年

  88. 恐ろしき四月馬鹿(エイプリル・フール) [速水健二]
    1921.04 新青年
    # 初出時の題名は「恐ろしきエイプリル・フール」
  89. 恐ろしき馬券
    1927.08 新青年
    # 初出時は山名耕作名義
  90. お玉が池 [人形佐七]
    1942.09 『人形佐七捕物百話(3)』(八紘社杉山書店)

  91. 堕ちたる天女 [金田一耕助]
    1954.06 面白倶楽部

  92. お時計献上 [朝顔金太]
    1944.11 講談雑誌
    # 人形佐七捕物帳「お時計献上」の原型
  93. お時計献上 [人形佐七]
    1954.05 捕物倶楽部
    # 朝顔金太捕物噺「お時計献上」を人形佐七捕物帳に改作
  94. 音羽の猫(金色の猫、金色の爪) [人形佐七]
    1939.05 講談雑誌

  95. 鬼の面 [人形佐七]
    1952.03.30〜04.27 秋田魁新報夕刊

  96. 鬼火
    1935.02〜03 新青年

  97. 鬼火(オリジナル版)
    2014.07 野生時代

  98. お化小姓 [人形佐七]
    1941.06 『人形佐七捕物帳(5)』(春陽堂書店)
    # 不知火捕物双紙「河童若衆」(1937.05 講談雑誌)を人形佐七捕物帳に改作
  99. お化祝言 [人形佐七]
    1946.12 講談雑誌
    # 初出時の題名は「竹法螺」
  100. お高祖頭巾の女 [人形佐七]
    1949.01 娯楽世界
    # 朝顔金太捕物噺「お高祖頭巾」(1944.12 講談雑誌)を人形佐七捕物帳に改作、「万引き娘」の原型
  101. 面影双紙
    1933.01 新青年

  102. 檻の中の女 [金田一耕助]
    1957.08 週刊東京

  103. 恩愛の凧 [人形佐七]
    1940.01 講談雑誌

  104. 音頭流行
    1937.07 婦人倶楽部増刊号

  105. 女刺青師(腰元刺青死美人) [人形佐七]
    1953.02 小説倶楽部

  106. 女易者 [人形佐七]
    1946.09 講談雑誌

  107. 女が見ていた
    1949.05.05〜10.17 時事新報

  108. 女祈祷師 [人形佐七]
    1956.11 小説新潮

  109. 女虚無僧 [人形佐七]
    1950.01 講談雑誌

  110. 女写真師
    1946.10 にっぽん

  111. 女の決闘 [金田一耕助]
    1957.01〜03 婦人公論

  112. 貝殻館綺譚
    1936.01 改造

  113. 貝殻秘仏 [緋牡丹銀次]
    1941.08 『緋牡丹銀次捕物帳』(春陽堂書房)
    # 「秘文貝殻陣」を緋牡丹銀次捕物帳に改作
  114. 怪獣男爵
    1948.11 偕成社刊

  115. 怪人魔人
    1927.01〜12 少年世界
    # 初出時は森下雨村名義
  116. 怪談五色猫 [人形佐七]
    1941.04 『人形佐七捕物帳(2)』(春陽堂書店)
    # 鷺十郎捕物帳「怪談五色猫」(1940.09 日の出)を人形佐七捕物帳に改作
  117. 怪談閨の鴛鴦(花扇人形) [人形佐七]
    1941.07 『人形佐七捕物帳(4)』(春陽堂書店)
    # 不知火捕物双紙「怪談閨の鴛鴦」(1937.08 講談雑誌)を人形佐七捕物帳に改作
  118. 海底水晶宮
    1932.08〜33.04 少年少女譚海
    # Maurice Leblanc "L'Aiguille creuse"(『奇巌城』)の翻案
  119. 怪盗X・Y・Z/消えた怪盗 [三津木俊助・御子柴進]
    1960.05〜07 中二コース

  120. 怪盗X・Y・Z/なぞの十円玉 [三津木俊助・御子柴進]
    1960.08〜10 中二コース

  121. 怪盗X・Y・Z/大金塊 [三津木俊助・御子柴進]
    1960.11〜61.01 中二コース

  122. 怪盗X・Y・Z/おりの中の男 [三津木俊助・御子柴進]
    1961.02〜03 中二コース、1961.04 中三コース

  123. 怪盗どくろ指紋 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1940.01 譚海
    # 初出時の題名は「幽霊花火」
  124. 怪犯人
    1931.02 朝日

  125. かいやぐら物語
    1936.01 新青年

  126. 帰れるお類
    1926.11 探偵趣味

  127. 化学教室の怪火 [速水健二]
    1922.02 中学世界

  128. 鏡が浦の殺人 [金田一耕助]
    1957.08 オール読物

  129. 鏡の中の女 [金田一耕助]
    1957.05 週刊東京

  130. かくし念仏 [人形佐七]
    1954.12 キング

  131. 角兵衛獅子 [人形佐七]
    1947.08 『角兵衛獅子』(杉山書店)
    # 朝顔金太捕物聞書帳「雪の夜話」(1945.01 講談雑誌)を人形佐七捕物帳に改作
  132. 神楽太夫
    1946.02 週刊河北合併号

  133. 影右衛門 [人形佐七]
    1951.11 実話と読物
    # 朝顔金太捕物噺「影右衛門」(1944.10 講談雑誌)を人形佐七捕物帳に改作
  134. 影法師 [人形佐七]
    1952.06 富士特別号

  135. 傘の中の女 [金田一耕助]
    1957.06〜07 週刊東京

  136. 風見鶏の下で
    1937.05 モダン日本
    # 初出時の題名は「風見鶏(ウェザー・コック)の下」
  137. 飾り窓の中の恋人
    1926.07 サンデー毎日特別号

  138. 飾窓の中の姫君
    1938.08 モダン日本

  139. 貸しボート十三号 [金田一耕助]
    1957.08 別冊週刊朝日
    # 同題作品の原型
  140. 貸しボート十三号 [金田一耕助]
    1958.09 『火の十字架』(東京文芸社)

  141. 敵討ち走馬灯 [人形佐七]
    1941.06 『人形佐七捕物帳(3)』(春陽堂書店)
    # 鷺十郎捕物帳「敵討走馬灯」(1940.10 日の出)を人形佐七捕物帳に改作
  142. 敵討ち人形噺(風流人形噺、愛憎人形殺し) [人形佐七]
    1939.12 講談雑誌

  143. 片腕
    1930.02 新青年

  144. 片耳の男
    1939.09 少女の友
    # 初出時の題名は「七人の天女」
  145. カチカチ武士道 [矢柄頓兵衛]
    1943.05 講談雑誌

  146. 河童の捕り物(河童の恋人) [人形佐七]
    1942.09 『人形佐七捕物百話(3)』(八紘社杉山書店)
    # 初出時の題名は「河童の仇討」
  147. 河童武士道
    1942.09 新青年

  148. 悲しき暗号
    1928.03 令女界

  149. 悲しき郵便屋
    1926.07 新青年

  150. 1949.01 モダン小説

  151. 鞄の中の女 [金田一耕助]
    1957.04 週刊東京

  152. 甲蟲の指輪
    1931.07.05 家庭シンアイチ

  153. 花粉
    1946.10 ロック

  154. 神隠しにあった女 [人形佐七]
    1953.03 読切小説集

  155. 神隠しばやり [人形佐七]
    1957.01 講談倶楽部
    # 初出時の題名は「消える花嫁」
  156. 雷の宿 [黒門町伝七]
    1952.03.03, 03.10 京都新聞夕刊
    # 人形佐七捕物帳「雷の宿」の原型
  157. 雷の宿 [人形佐七]
    1968.04 『女難剣難』(金鈴社)
    # 黒門町伝七捕物帳「雷の宿」を人形佐七捕物帳に改作
  158. 神の矢 [由利麟太郎・三津木俊助](未完)
    1949.01&02, 05 ロック

  159. かめれおん
    1946.08 モダン日本増刊号

  160. 仮面劇場 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1947.08 一聯社
    # 「旋風劇場」を改稿(初刊時の題名は「暗闇劇場」)
  161. 仮面城 [金田一耕助]
    1952.04〜53.03 小学五年生

  162. 仮面の怪賊
    1931.05 少年倶楽部

  163. 仮面の若殿 [人形佐七]
    1939.02 講談雑誌
    # 初出時の題名は「仮面の囚人」
  164. 仮面舞踏会
    1938.06 オール読物・増刊号

  165. 仮面舞踏会 [金田一耕助]
    1974.12 講談社刊

  166. 榧の木の恐怖
    1959.06.21 中部日本新聞・中日サンデー版

  167. からかさ榎 [人形佐七]
    1952.04 『猫屋敷 <人形佐七捕物帖>』(東方社)
    # 朝顔金太捕物噺「黄昏長屋」(1944.04 講談雑誌)を人形佐七捕物帳に改作、初出時の題名は「化け物長屋」
  168. 唐草権太 [人形佐七]
    1942.02 『人形佐七捕物百話(1)』(杉山書店)

  169. からくり駕籠 [人形佐七]
    1950.10 宝石
    # 朝顔金太捕物噺「からくり駕籠」(1944.08 講談雑誌)を人形佐七捕物帳に改作
  170. からくり御殿 [人形佐七]
    1941.06 『人形佐七捕物帳(5)』(春陽堂書店)
    # 不知火捕物双紙「からくり御殿」(1937.12 講談雑誌)を人形佐七捕物帳に改作
  171. 鴉 [金田一耕助]
    1951.07 オール読物

  172. からす凧 [菊水兵馬]
    1942.03 講談雑誌

  173. カリオストロ夫人
    1931.05 新青年

  174. カルメンの死[由利麟太郎]
    1950.01〜03 講談倶楽部
    # 春陽文庫版では「カルメン殺人事件」
  175. 河獺
    1922.05 ポケット

  176. 川越雄作の不思議な旅館
    1929.02 新青年

  177. 玩具店の殺人
    1947.01 トップライト

  178. 冠婚葬祭 [人形佐七]
    1957.06 別冊平凡
    # 初出時の題名は「婚礼と葬式」
  179. かんざし籤 [人形佐七]
    1947.03 講談雑誌

  180. 広東の鸚鵡
    1931.11 新青年

  181. 黄色い手袋
    1932.12.18 日曜報知

  182. 菊花大会事件[宇津木俊助]
    1942.01 譚海

  183. 奇傑左一平/京人形の怪(狐面の怪女)
    1939.04 少年少女譚海

  184. 奇傑左一平/はまぐり秘文
    1939.05 少年少女譚海

  185. 奇傑左一平/まぼろし小僧(富士山麓の洞宮殿)
    1939.06 少年少女譚海

  186. 奇傑左一平/身替り花嫁(琴路身代りの巻)
    1939.07 少年少女譚海

  187. 奇傑左一平/壬生の怪屋敷
    1939.08 少年少女譚海

  188. 奇傑左一平/怪しき猿人吹矢の巻
    1939.09 少年少女譚海

  189. 吉様まいる [人形佐七]
    1946.08 講談雑誌

  190. 狐の裁判 [人形佐七]
    1953.06 別冊宝石
    # 左門捕物帳「十二匹の狐」(1949.11 日光)を人形佐七捕物帳に改作
  191. きつねの宗丹 [人形佐七]
    1948.11 旬刊ニュース増刊・傑作小説集
    # 朝顔金太捕物噺「狐医者」(1944.06 講談雑誌)を人形佐七捕物帳に改作、初出時の題名は「狐の宗丹」
  192. キャン・シャック酒場(バー)
    1925.01 映画と探偵

  193. 吸血蛾 [金田一耕助]
    1955.01〜12 講談倶楽部

  194. 恐怖の映画
    1931.01 週刊朝日・特別号

  195. 恐怖の雪だるま [お役者文七]
    1960.01.06〜01.27 週刊漫画Times
    # 人形佐七捕物帳「梅若水揚帳」の原型
  196. 曲馬団に咲く花
    1928.04〜12 少女世界

  197. 清姫の帯 [人形佐七]
    1941.06 『人形佐七捕物帳(3)』(春陽堂書店)
    # 不知火捕物双紙「清姫の帯」(1937.12 講談雑誌)を人形佐七捕物帳に改作
  198. 霧の山荘 [金田一耕助]
    1961.01 『扉の影の女』(東京文芸社)
    # 「霧の別荘」を改稿
  199. 霧の中の女 [金田一耕助]
    1957.01 週刊東京

  200. 霧の別荘 [金田一耕助]
    1958.11 講談倶楽部
    # 「霧の山荘」の原型
  201. 霧の夜の出来事
    未発表

  202. 霧の夜の放送
    1938.07 主婦之友

  203. 銀色の舞踏靴 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1939.03 日の出

  204. 金座大疑獄 [菊水兵馬]
    1941.03 講談雑誌

  205. 金座太平記 [緋牡丹銀次]
    1941.08 『緋牡丹銀次捕物帳』(春陽堂書房)

  206. 銀の簪(銀簪罪あり) [人形佐七]
    1946.02 講談雑誌

  207. 金襴護符
    1943.05 新青年

  208. 括り猿の秘密 [人形佐七]
    1940.04 講談雑誌

  209. 九時の女
    1933.03 オール読物

  210. 孔雀扇の秘密 [三津木俊助]
    1950.12 少年クラブ

  211. 孔雀屏風
    1940.02 新青年

  212. 孔雀夫人
    1937.07〜12 新女苑

  213. 具足一領
    1944.08 新青年

  214. 首 [金田一耕助]
    1955.05 宝石
    # 「悪霊」を金田一耕助物に改作
  215. 首(改訂増補版) [金田一耕助]
    2010.09 『横溝正史研究(3)』(戎光祥出版)
    # 「首」(宝石版)を改訂増補
  216. 頸飾り綺譚
    1929.08 朝日

  217. 首吊り三代記
    1931.05 探偵

  218. 首吊り船 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1936.10〜11 富士

  219. 首を抜く話
    1930.07 文芸倶楽部
    # 初出時は山名耕作名義
  220. 熊の見世物 [人形佐七]
    1959.05 週刊朝日別冊

  221. 蜘蛛と百合 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1936.07〜08 モダン日本

  222. 蜘蛛の巣屋敷 [お役者文七]
    1957.11〜58.08 小説の泉
    1959.04 東京文芸社刊(後半を加筆)

  223. くらげ大尽 [人形佐七]
    1952.10〜11 小説倶楽部

  224. 蔵の中
    1935.08 新青年

  225. 暗闇の中の猫 [金田一耕助]
    1956.06 オール小説
    # 星野夏彦・冬彦物「双生児は踊る」を金田一耕助物に改作
  226. くらやみ婿 [人形佐七]
    1953.01 小説倶楽部

  227. クリスマスの酒場
    1938.01.01 サンデー毎日・特別号

  228. 車井戸はなぜ軋る
    1949.01 読物春秋
    # 金田一物「車井戸はなぜ軋る」の原型
  229. 車井戸はなぜ軋る [金田一耕助]
    1955.05 『幽霊座』(東京文芸社)
    # 同題作品を金田一耕助物に改作
  230. 黒い翼 [金田一耕助]
    1956.02 小説春秋

  231. 黒谷の尼 [菊水兵馬]
    1941.08 講談雑誌

  232. 黒蝶呪縛 [人形佐七]
    1939.10 「講談雑誌」
    # 初出時の題名は「胡蝶御前」
  233. 黒猫亭事件 [金田一耕助]
    1947.12 小説

  234. 黒薔薇荘の秘密
    1949.08 少年倶楽部夏の増刊号

  235. 黒船往来 [菊水兵馬]
    1942.10 講談雑誌

  236. 黒蘭姫 [金田一耕助]
    1948.01〜03 読物時事

  237. 戯作地獄 [人形佐七]
    1940.05 講談雑誌

  238. 消すな蠟燭
    1947.01.25, 02.10 旬刊ニュース

  239. 建築家の死
    1933.03 探偵クラブ

  240. げんとうどろぼう
    1956.11 幼年クラブ

  241. 玄米食夫人
    1933.01 新青年

  242. 恋の通し矢 [人形佐七]
    1949.01 りべらる
    # 朝顔金太捕物噺「通し矢秘聞」(1944.03 講談雑誌)を人形佐七捕物帳に改作
  243. 広告人形
    1926.01 新青年

  244. 広告面の女
    1938.01 新青年

  245. 好色いもり酒 [人形佐七]
    1951.07 講談倶楽部

  246. 香水心中 [金田一耕助]
    1958.11 オール読物

  247. 鋼鉄仮面王
    1931.08〜10 少年世界

  248. 鋼鉄魔人 [三津木俊助・御子柴進]
    1955.01〜12 おもしろブック
    # 「魔人都市」の長編化
  249. 紅梅屋敷 [人形佐七]
    1941.06 『人形佐七捕物帳(5)』(春陽堂書店)
    # 初出時の題名は「矢がすりの女」
  250. 蝙蝠男 [金田一耕助]
    1964.05 推理ストーリー

  251. 蝙蝠と蛞蝓 [金田一耕助]
    1947.09 ロック

  252. 蝙蝠屋敷 [人形佐七]
    1941.07 『人形佐七捕物帳(4)』(春陽堂書店)

  253. 黄金虫 [菊水兵馬]
    1942.06 講談雑誌

  254. 黒衣の人 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1939.04 婦人倶楽部

  255. 獄門島 [金田一耕助]
    1947.01〜48.10 宝石

  256. 1947.01 四国春秋

  257. 御朱印地図
    1932.02 譚海

  258. 壺中美人 [金田一耕助]
    1957.09 週刊東京
    # 「壺の中の女」の長編化
  259. 湖泥
    1937.05 シュピオ
    # 「鬼火」後半の抄録
  260. 湖泥 [金田一耕助]
    1953.01 オール読物

  261. 湖畔
    1940.07 モダン日本

  262. 五万円の万年筆
    1933.01.01〜01.03 中国民報

  263. 金色の魔術師 [金田一耕助]
    1952.01〜12 少年クラブ

  264. コント・むつごと集
    1933.05 講談雑誌

  265. 最後の密使 [菊水兵馬]
    1942.12 講談雑誌

  266. 災難
    1926.04 探偵趣味

  267. 桜草の鉢
    1939.01.07〜01.10 信濃毎日新聞夕刊

  268. 佐七の青春 [人形佐七]
    1940.06 新青年

  269. 殺人鬼 [金田一耕助]
    1947.11+12〜48.02 りべらる

  270. 殺人暦
    1930.11〜31.03, 05 講談雑誌

  271. 殺人迷路
    1932.04〜33.04 探偵クラブ
    # 森下雨村・大下宇陀児・横溝正史・水谷準・江戸川乱歩・橋本五郎・夢野久作・浜尾四郎・佐々木俊郎・甲賀三郎による連作
  272. 座頭の鈴 [人形佐七]
    1939.03 講談雑誌

  273. 沙漠の呼声
    1932.03 譚海

  274. 百日紅の下にて [金田一耕助]
    1951.01 改造

  275. 猿と死美人 [三津木俊助]
    1938.02 キング

  276. 三行広告事件 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1943.08 満州良男

  277. 三十の顔を持った男
    1937.05 新青年

  278. 三代の桜
    1932.02 新青年

  279. 三通の手紙
    1932.01 文学時代

  280. 三人色若衆 [人形佐七]
    1955.11 講談倶楽部別冊
    # 初出時の題名は「彼岸の毒」
  281. 三本の毛髪
    1930.03 朝日

  282. 三本の矢 [人形佐七]
    1938.07〜08 講談雑誌

  283. 死屍を喰う虫
    1930.01 講談倶楽部
    # 「丘の三軒家」を改稿
  284. 死仮面 [金田一耕助]
    1949.05〜12 物語
    # 角川文庫版は散佚部分を中島河太郎が補作、春陽文庫版は完全版
  285. 縮尻武士道 [矢柄頓兵衛]
    1943.03 講談雑誌

  286. 地獄の花嫁
    1949.06 実話奇談集

  287. 地獄の花嫁(花嫁殺人魔) [人形佐七]
    1952.08〜09 小説倶楽部

  288. 使者武士道 [矢柄頓兵衛]
    1943.09 講談雑誌

  289. 1936.07 新青年
    # 初出時は阿部鞠哉名義
  290. 七人比丘尼 [人形佐七]
    1942.03 『人形佐七捕物百話(2)』(杉山書店)

  291. 支那扇の女 [金田一耕助]
    1957.12 太陽
    # 「ペルシア猫を抱く女」「肖像画」を改作、同題長編の原型
  292. 支那扇の女(長編版) [金田一耕助]
    1960.07 東京文芸社刊

  293. 死神の矢 [金田一耕助]
    1956.03 面白倶楽部
    # 同題長編の原型
  294. 死神の矢(長編版) [金田一耕助]
    1956.05 東京文芸社刊

  295. 死の部屋
    1931.08.16 日曜報知

  296. 地見屋開業
    1936.05.21 朝日新聞夕刊

  297. 蛇性の淫 [人形佐七]
    1954.08 小説倶楽部
    # 初出時の題名は「蛇性の肌」
  298. 上海氏の蒐集品
    1980.07.09 野生時代

  299. 獣人 [由利麟太郎]
    1935.09 講談雑誌

  300. 獣人魔島 [三津木俊助・御子柴進]
    1954.07〜55.06 冒険王

  301. 十二時前後
    1926.10 講談倶楽部増刊号
    # 初出時は佐川春風名義
  302. 十二時前後
    1955.10 中学生の友(解答は12月号に掲載)
    # 講談倶楽部版「十二時前後」の推理クイズ化
  303. 執念
    1926.11 新青年

  304. 十万両旅 [菊水兵馬]
    1941.05 講談雑誌

  305. 出世競べ三人旅 [人形佐七]
    1941.07 『人形佐七捕物帳(4)』(春陽堂書店)
    # 鷺十郎捕物帳「出世競べ三人旅」(1941.02 日の出)を人形佐七捕物帳に改作
  306. 舜吉の綱渡り
    1930.01 文学時代

  307. 春宵とんとんとん [人形佐七]
    1952.02 講談倶楽部

  308. 春色眉かくし [人形佐七]
    1946.06 宝石

  309. 巡礼塚由来
    1945.04 北方日本
    # 初出時の題名は「消える巡礼」
  310. 彰義隊夜話 [菊水兵馬]
    1941.12 講談雑誌

  311. 肖像画
    1952.07 りべらる増刊
    # 「ペルシア猫を抱く女」を改稿、金田一物「支那扇の女」の原型
  312. 松竹梅三人娘(春姿松竹梅) [人形佐七]
    1947.01 講談雑誌
    # 初出時の題名は「松竹梅」
  313. 少年探偵長
    1949.01〜11 東光少年
    # 海野十三の未完作品を横溝正史が補作
  314. 浄玻璃の鏡(浄玻璃の手紙)
    1948.08 読物界

  315. 浄瑠璃船 [菊水兵馬]
    1941.06 講談雑誌

  316. 女王蜂
    1931.05〜07 文学時代

  317. 女王蜂 [金田一耕助]
    1951.06〜52.05 キング

  318. 女怪(未完)
    1927.11〜1928.01, 03, 04 探偵趣味

  319. 女怪 [金田一耕助]
    1950.09 オール読物

  320. 女難剣難 [人形佐七]
    1952.05 面白倶楽部

  321. しらぬ火秘帖
    1939.04 講談雑誌増刊号

  322. しらぬ火秘帖(未完)
    1952.09〜1954.03 少年少女譚海
    # 短編「しらぬ火秘帖」を長編化、『横溝正史探偵小説選(IV)』は未発表分を含む
  323. 不知火奉行(江戸のルパン)
    1956.06〜08 小説倶楽部

  324. 白羽の矢(消えた小町) [人形佐七]
    1947.04 宝石

  325. 汁粉屋の娘
    1921.12 ポケット

  326. 白い恋人
    1937.05 オール読物・増刊号

  327. 白と黒 [金田一耕助]
    1960.11.06〜61.12.19 日刊スポーツ
    # 「渦の中の女」の長編化
  328. 蜃気楼島の情熱 [金田一耕助]
    1954.09 オール読物

  329. 深紅の秘密
    1921.08 新青年・増刊号

  330. 真珠塔 [三津木俊助・御子柴進]
    1953.01〜12 少年画報
    # 「深夜の魔術師」の改作
  331. 真珠郎 [由利麟太郎]
    1936.10〜37.02 新青年

  332. 神兵東より来る
    1932.06 譚海

  333. 神変稲妻車
    1938.01〜39.04 譚海

  334. 神変黒髪党
    初出不詳

  335. 神変龍巻組
    1953.01〜54.03 中学生の友

  336. 人面瘡
    1949.12 講談倶楽部
    # 金田一物「人面瘡」の原型
  337. 人面瘡 [金田一耕助]
    1960.07 『支那扇の女』(東京文芸社)
    # 同題作品を金田一耕助物に改作
  338. 人面瘡若衆 [人形佐七]
    1941.07 『人形佐七捕物帳(4)』(春陽堂書店)
    # 不知火捕物双紙「滝夜叉達磨」(1937.11 講談雑誌)を人形佐七捕物帳に改作、初出時の題名は「人面瘡綺譚」
  339. 深夜の魔術師 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1938.08〜39.01 新少年
    # 「真珠塔」の原型
  340. 水晶の数珠(水晶珠の謎、数珠の彫物) [人形佐七]
    1950.10 小説の泉・増刊号
    # 朝顔金太捕物噺「数珠を追う影」(1944.06 講談雑誌)を人形佐七捕物帳に改作
  341. 姿なき怪人/救いをもとめる電話 [三津木俊助・御子柴進]
    1959.04〜06 中一コース

  342. 姿なき怪人/怪屋の怪 [三津木俊助・御子柴進]
    1959.07〜09 中一コース

  343. 姿なき怪人/ふたごの運命 [三津木俊助・御子柴進]
    1959.10〜60.01 中一コース

  344. 姿なき怪人/黒衣の女 [三津木俊助・御子柴進]
    1960.02〜03 中一コース、1960.04 中二コース

  345. 鈴木と河越の話
    1927.01 探偵趣味

  346. 素敵なステッキの話
    1927.07 探偵趣味

  347. すっぽん政談(恋の元祖裁き) [人形佐七]
    1942.02 『人形佐七捕物百話(1)』(杉山書店)

  348. スペードの女王 [金田一耕助]
    1960.06 東京文芸社刊
    # 「ハートのクイン」の長編化
  349. 相撲の仇討 [人形佐七]
    1952.01 別冊宝石
    # 朝顔金太捕物噺「相撲の仇討」(1944.02 講談雑誌)を人形佐七捕物帳に改作
  350. 相撲武士道 [矢柄頓兵衛]
    1943.10 講談雑誌

  351. 青髪鬼 [三津木俊助・御子柴進]
    1953.01〜12 少年クラブ
    # 初出時の題名は「大宝窟」
  352. 聖女の首
    1948.02 東京
    # 金田一物「七つの仮面」の原型
  353. 石膏美人 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1936.05〜06 講談倶楽部

  354. 佝僂(せむし)の樹
    1938.06.05 サンデー毎日・特別号

  355. 先駆者の旗 [菊水兵馬]
    1942.11 講談雑誌

  356. 旋風劇場 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1938.10.02〜11.27 サンデー毎日
    # 「仮面劇場」の原型(連載時の題名は「仮面劇場」)
  357. 双仮面 [由利麟太郎]
    1938.07〜12 キング

  358. 双生児
    1929.02 新青年・増刊号

  359. 相対性令嬢
    1928.01 文藝春秋

  360. 大迷宮 [金田一耕助]
    1951.01〜12 少年クラブ

  361. 大鵬丸消息なし
    1933.02 譚海

  362. 宝船殺人事件 [黒門町伝七]
    1954.11.29, 12.06 京都新聞夕刊
    # 左門捕物帳「春姿七福神」(1950.02 日光)を黒門町伝七捕物帳に改作
  363. 竹槍
    1944.12 新青年

  364. 凧のゆくえ [人形佐七]
    1945.01 北方日本

  365. 狸御殿 [人形佐七]
    1947.02 『狸御殿』(杉山書店)

  366. たぬき女郎 [人形佐七]
    1954.10 キング

  367. たぬき汁 [人形佐七]
    1952.11 読切小説集

  368. 狸の長兵衛 [人形佐七]
    1945.07 北方日本

  369. 狸ばやし(もののけ異変) [人形佐七]
    1946.11 講談雑誌

  370. 卵と結婚
    1926.08 探偵趣味
    # 原作はフランス漫画
  371. 団十郎びいき [人形佐七]
    1942.09 『人形佐七捕物百話(3)』(八紘社杉山書店)

  372. 探偵小僧 [三津木俊助・御子柴進]
    1952.12.09〜1953.02.28 読売新聞、1953.03.01〜04.24 夕刊読売新聞

  373. 探偵小説
    1946.10 新青年

  374. 断髪流行
    1926.12 女性

  375. 丹夫人の化粧台
    1931.11 新青年

  376. 血蝙蝠 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1939.10 現代

  377. 稚児地蔵 [人形佐七]
    1939.11 講談雑誌

  378. 血屋敷(お銀狂乱、妖説血屋敷) [人形佐七]
    1941.06 『人形佐七捕物帳(5)』(春陽堂書店)
    # 初出時の題名は「新皿屋敷」
  379. 蝶合戦 [松平長七郎]
    1944.10 陣中読物
    # 人形佐七捕物帳「蝶合戦」の原型
  380. 蝶合戦 [人形佐七]
    1952.06 別冊宝石
    # 松平長七郎捕物帳「蝶合戦」を改作
  381. 蝶々殺人事件 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1946.05〜47.04 ロック

  382. 憑かれた女
    1933.10〜12 大衆倶楽部
    # 由利・三津木物「憑かれた女」の原型
  383. 憑かれた女 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1948.01 龍生社刊
    # 同題作品を由利・三津木物に改作
  384. 鼓狂言(女護ヶ島) [人形佐七]
    1942.09 『人形佐七捕物百話(3)』(八紘社杉山書店)

  385. 角男
    1928.03 サンデー毎日
    # 初出時は江戸川乱歩名義
  386. 壺の中の女 [金田一耕助]
    1957.09 週刊東京
    # 長編「壺中美人」の原型
  387. 妻恋太夫 [紫甚左]
    1941.07 『紫甚左捕物帳』(今日の問題社)
    # 人形佐七捕物帳「お俊ざんげ」の原型
  388. 妻は売れッ児 ―甘辛夫婦喧嘩抄―
    1932.12 講談雑誌

  389. 詰将棋
    1946.11 探偵よみもの

  390. 剣の系図
    1944.03 新青年

  391. 鶴の千番 [人形佐七]
    1942.03 『人形佐七捕物百話(2)』(杉山書店)

  392. 鉄仮面王 [三津木俊助]
    1955.01 おもしろブック新年・増刊号

  393. 燈台岩の死体
    1921.11 ポケット

  394. 燈台島の怪 [金田一耕助]
    1952.08 少年クラブ

  395. 遠眼鏡の殿様 [人形佐七]
    1955.06 キング

  396. 通り魔 [黒門町伝七]
    1953.03.23, 03.30 京都新聞夕刊
    # 朝顔金太捕物噺「消える虚無僧」(1944.05 講談雑誌)を黒門町伝七捕物帳に改作
  397. 通り魔 [人形佐七]
    1954.01 別冊宝石
    # 朝顔金太捕物噺「消える虚無僧」(1944.05 講談雑誌)を人形佐七捕物帳に改作
  398. 毒の矢 [金田一耕助]
    1956.01 オール読物
    # 同題作品の原型
  399. 毒の矢 [金田一耕助]
    1956.03 『蠟美人』(東京文芸社)
    # 同題作品を改稿
  400. 髑髏鬼
    1930.12 文芸倶楽部

  401. 髑髏検校
    1939.01〜07 奇譚

  402. どくろ祝言 [人形佐七]
    1954.10 小説倶楽部

  403. 毒環
    1954.04 探偵実話
    # 横溝正史・高木彬光・山村正夫による連作
  404. 屠蘇機嫌女夫捕物(謎の折鶴、黄色の折鶴) [人形佐七]
    1939.01 講談雑誌

  405. 殿様乞食 [人形佐七]
    1942.09 『人形佐七捕物百話(3)』(八紘社杉山書店)

  406. 鳥羽の兄弟 [菊水兵馬]
    1941.10 講談雑誌

  407. 扉の影の女 [金田一耕助]
    1961.01 東京文芸社刊
    # 「扉の中の女」の長編化
  408. 扉の中の女 [金田一耕助]
    1957.12 週刊東京
    # 長編「扉の影の女」の原型
  409. 富籤紳士
    1927.03 週刊朝日・特別号

  410. どもり和尚 [人形佐七]
    1946.10 講談雑誌

  411. ドラ吉の新商売
    1932.02 日の出

  412. トランプ台上の首 [金田一耕助]
    1957.01 オール読物
    # 同題作品の原型
  413. トランプ台上の首 [金田一耕助]
    1959.02 『迷路荘の怪人』(東京文芸社)
    # 同題作品を改稿
  414. 鳥追い人形 [人形佐七]
    1941.06 『人形佐七捕物帳(3)』(春陽堂書店)
    # 鷺十郎捕物帳「鳥追人形」(1940.08 日の出)を人形佐七捕物帳に改作
  415. 捕物武士道 [矢柄頓兵衛]
    1943.06 講談雑誌

  416. 捕物三つ巴 [人形佐七]
    1941.06 『人形佐七捕物帳(3)』(春陽堂書店)
    # 不知火捕物双紙「南京人形」(1937.10 講談雑誌)を人形佐七捕物帳に改作
  417. 泥の中の女 [金田一耕助]
    1957.02〜03 週刊東京

  418. とんびの行方 [智慧若]
    1949.02 中学生の友
    # 黒門町伝七捕物帳「江戸名所図絵」、人形佐七捕物帳「江戸名所図会」の原型
  419. 泣虫小僧
    1947.10 サンデー毎日特集号「秋のスリラー集」

  420. 嘆きの遊女 [人形佐七]
    1938.03 講談雑誌

  421. 仲人武士道 [矢柄頓兵衛]
    1943.11 講談雑誌

  422. 謎の狐 [菊水兵馬]
    1942.09 講談雑誌

  423. 謎の金扇 [菊水兵馬]
    1941.07 講談雑誌

  424. 謎の五十銭銀貨
    1950.02 少年クラブ

  425. 謎の紅蝙蝠 [お役者文七]
    1959.07.29〜09.16 週刊漫画Times
    1960.02 東京文芸社刊(改稿版)
    # 『横溝正史探偵小説選(IV)』は週刊漫画Times連載版
  426. 謎のルビー
    1938.10 少女倶楽部・臨時増刊号

  427. 謎坊主(二枚の絵馬) [人形佐七]
    1938.02 講談雑誌

  428. 七つの仮面 [金田一耕助]
    1956.08 講談倶楽部
    # 「聖女の首」を金田一耕助物に改作
  429. 生首事件
    1928.05 講談雑誌

  430. ナミ子さん一家
    1943.09 新青年

  431. 南無三甚内(不知火甚内) [不知火甚内]
    1942.09 『南無三甚内』(文松堂)

  432. 南海の太陽児
    1940.11〜41.08 譚海

  433. 南京人形 [不知火甚左]
    1937.10 講談雑誌
    # 人形佐七捕物帳「捕物三つ巴」の原型
  434. 虹のある風景
    1929.06 近代生活

  435. 二千六百万年後
    1941.05 新青年

  436. 日食御殿 [人形佐七]
    1942.02 『人形佐七捕物百話(1)』(杉山書店)

  437. 日蝕の歌 [菊水兵馬]
    1942.01 講談雑誌

  438. 日本左衛門 [人形佐七]
    1942.09 『人形佐七捕物百話(3)』(八紘社杉山書店)

  439. 二枚短冊(双生児短冊) [人形佐七]
    1939.06 講談雑誌

  440. 人魚の彫物 [人形佐七]
    1952.01 人生倶楽部

  441. ねえ! 泊まってらっしゃいよ
    1929.04 講談雑誌

  442. ネクタイ綺譚
    1927.04 新青年

  443. 猫と女行者 [人形佐七]
    1954.11 小説倶楽部

  444. 猫と蠟人形 [三津木俊助]
    1936.08 キング

  445. 猫姫様 [人形佐七]
    1953.01 別冊宝石
    # 朝顔金太捕物噺「腰元忠義」(1944.09 講談雑誌)を人形佐七捕物帳に改作
  446. 猫眼石の秘密(未完)
    1929.07 少女世界

  447. 猫館 [金田一耕助]
    1963.08 推理ストーリー

  448. 猫屋敷 [人形佐七]
    1948.10 朝日・秋季特大号
    # 初出時の題名は「猫侍」
  449. 睡り鈴之助 [人形佐七]
    1942.09 『人形佐七捕物百話(3)』(八紘社杉山書店)

  450. 睡れる花嫁 [金田一耕助]
    1954.11 読切小説集

  451. 覗機械倫敦綺談(のぞきからくりろんどんきだん)
    1935.02 新青年・増刊号
    # 初出時はトム・ガロン名義(蓼科三訳)
  452. 乗合自動車の怪
    1929.03 講談倶楽部

  453. のろいの王冠 [三津木俊助・御子柴進]
    1957.01〜12 幼年クラブ

  454. 呪いの畳針 [人形佐七]
    1955.03 読切小説集

  455. 呪いの塔
    1932.08 新潮社刊(書き下ろし)

  456. ハートのクイン [金田一耕助]
    1958.06 大衆読物
    # 長編「スペードの女王」の原型
  457. 廃園の鬼 [金田一耕助]
    1955.06 オール読物

  458. 廃屋の少女
    1938.05 少女倶楽部・特別増刊号
    # 初出時の題名は「鐘楼の少女」
  459. 拝領の茶釜 [人形佐七]
    1953.11 読切小説集・増刊号
    # 智慧若捕物帳「雪だるま」を改作
  460. 博愛の天使(エンゼル) ナイチンゲール
    1928.04 譚海別冊読本(少年少女譚海付録)

  461. 博士昇天
    1930.12 朝日

  462. 白痴娘 [人形佐七]
    1949.01 第一読物・増刊号
    # 初出時の題名は「唖娘」
  463. 白蝶系図 [菊水兵馬]
    1942.07 講談雑誌

  464. 爆発手紙
    1927.10 日本少年

  465. 化け物屋敷 [人形佐七]
    1946.07 講談雑誌

  466. 羽子板娘 [人形佐七]
    1938.01 講談雑誌
    # 初出時の題名は「羽子板三人娘」
  467. 葉桜街道 [菊水兵馬]
    1942.05 講談雑誌

  468. 橋場仙吉の結婚
    1927.04.03 週刊朝日

  469. はだか武士道 [矢柄頓兵衛]
    1943.01 講談雑誌

  470. 初春笑い薬(笑い茸) [人形佐七]
    1955.01 読切小説集
    # 初出時の題名は「笑い薬」
  471. 八百八十八番目の護謨の木
    1941.03 キング

  472. 花園の悪魔 [金田一耕助]
    1954.02 オール読物

  473. 花髑髏 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1937.06〜07 富士

  474. 花の通り魔 [お役者文七]
    1959.04.29〜07.15 週刊漫画Times
    1959.10 東京文芸社刊(改稿版)
    # 『横溝正史探偵小説選(IV)』は週刊漫画Times連載版
  475. 花火から出た話
    1938.03 週刊朝日・特別号

  476. 花びらの秘密
    1936.09 少女倶楽部
    # 初出時の題名は「真鍮の花弁」
  477. 花見の仇討ち [人形佐七]
    1955.04 読切小説集

  478. 花見の仮面 [人形佐七]
    1939.04 講談雑誌
    # 初出時の題名は「越後屋騒動」
  479. 華やかな野獣 [金田一耕助]
    1956.12 面白倶楽部

  480. 花嫁富籤
    1938.03 婦人倶楽部

  481. 薔薇王
    1939.04〜05 新青年

  482. 薔薇と鬱金香 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1936.11 週刊朝日

  483. バラの怪盗
    1936.09 少女倶楽部

  484. バラの呪い
    1928.01〜03 少女世界

  485. 薔薇の別荘 [金田一耕助]
    1958.06〜09 時の窓

  486. 薔薇より薊へ
    1947.01 漫画と読物

  487. 春姿七福神 [人形佐七]
    1955.01 別冊宝石
    # 左門捕物帳「春姿七福神」(1950.02 日光)を人形佐七捕物帳に改作、初出時の題名は「宝船殺人事件」
  488. 塙侯爵一家
    1932.07〜12 新青年

  489. 犯罪を猟る男
    1926.10 現代
    # 初出時は江戸川乱歩名義
  490. 番太郎殺し [人形佐七]
    1957.10 別冊週刊サンケイ

  491. 半分鶴之助 [人形佐七]
    1942.03 『人形佐七捕物百話(2)』(八紘社杉山書店)

  492. ビーナスの星 [三津木俊助]
    1936.11 少女倶楽部・増刊号
    # 初出時の題名は「ヴィーナスの星」
  493. 緋鹿の子娘 [人形佐七]
    1948.05 読物界
    # 初出時の題名は「緋鹿子の狂女」
  494. 比丘尼御殿 [お役者文七]
    1959.02.04〜04.15 週刊漫画Times
    1959.09 東京文芸社刊(改稿版)
    # 『横溝正史探偵小説選(IV)』は週刊漫画Times連載版
  495. 比丘尼宿(色比丘尼、妖説色比丘尼) [人形佐七]
    1948.06 読物界
    # 初出時の題名は「怪談比丘尼宿」
  496. 柩の中の女 [金田一耕助]
    1958.03 週刊東京

  497. びっくり箱殺人事件
    1948.01〜08 月刊読売

  498. 日時計の中の女 [金田一耕助]
    1962.08 別冊週刊漫画

  499. 瞳の中の女 [金田一耕助]
    1958.06 週刊東京

  500. 雛の呪い [人形佐七]
    1945.03 北方日本

  501. 美男虚無僧 [人形佐七]
    1954.03 講談倶楽部・増刊号

  502. 非人の仇討(水色頭巾、宮芝居) [人形佐七]
    1938.06 講談雑誌

  503. 火の十字架 [金田一耕助]
    1958.04〜06 小説倶楽部、1958.09 東京文芸社刊

  504. 雲雀
    1944.08 新青年

  505. 狒々と女 [お役者文七]
    1959.09.30〜11.11 週刊漫画Times

  506. 緋牡丹狂女 [人形佐七]
    1949.12 小説の泉

  507. 百唇譜 [金田一耕助]
    1962.01 推理ストーリー
    # 長編「悪魔の百唇譜」の原型
  508. 秘薬武士道 [矢柄頓兵衛]
    1943.07 講談雑誌

  509. 百面相芸人
    1947.01 りべらる

  510. 百物語の夜(百物語) [人形佐七]
    1942.09 『人形佐七捕物百話(3)』(八紘社杉山書店)

  511. 白蠟仮面 [三津木俊助・御子柴進]
    1953.02〜12 野球少年

  512. 白蠟少年 [三津木俊助]
    1938.04 キング

  513. 白蠟変化 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1936.04〜12 講談雑誌

  514. 白狼浪人
    1940.02 譚海

  515. 病院坂の首縊りの家 [金田一耕助]
    1975.12〜77.09 野生時代
    # 「病院横町の首縊りの家」の長編化
  516. 病院横町の首縊りの家 [金田一耕助]
    1954.07 宝石
    # 長編「病院坂の首縊りの家」の原型、完結編は岡田鯱彦及び岡村雄輔による
  517. 漂流奇譚(血染め表紙) [人形佐七]
    1940.11 講談雑誌

  518. 秘文貝殻陣
    1940.04 奇譚
    # 緋牡丹銀次捕物帳「貝殻秘仏」の原型
  519. 風船魔人 [三津木俊助・御子柴進]
    1956.04〜57.03 小学五年生

  520. 風流女相撲 [人形佐七]
    1953.07 小説倶楽部
    # 左門捕物帳「風流女相撲」(1949.09 日光)を人形佐七捕物帳に改作
  521. 風流六歌仙 [人形佐七]
    1940.09 講談雑誌

  522. 夫婦書簡文
    1927.08.12 サンデー毎日

  523. 笛を吹く浪人 [人形佐七]
    1941.07 『人形佐七捕物帳(4)』(春陽堂書店)
    # 不知火捕物双紙「笛を吹く浪人」(1937.09 講談雑誌)を人形佐七捕物帳に改作
  524. 覆面の佳人 ―或いは「女妖」―
    1929.05〜12 北海タイムス
    # 江戸川乱歩との合作(翻案)
  525. 福笑いの夜 [人形佐七]
    1956.02 講談倶楽部別冊

  526. 不死蝶 [金田一耕助]
    1953.06〜11 平凡
    1958.03 東京文芸社刊
    # 『横溝正史探偵小説選(V)』は平凡連載版
  527. 双生児(ふたご)は踊る [星野夏彦・冬彦]
    1947.03〜05 漫画と読物
    # 金田一物「暗闇の中の猫」の原型
  528. 双生児(ふたご)は囁く [星野夏彦・冬彦]
    1948.01〜05 漫画と読物

  529. 双葉将棋 [人形佐七]
    1942.03 『人形佐七捕物百話(2)』(八紘社杉山書店)

  530. ふたり市子 [人形佐七]
    1954.08 キング

  531. 二人亀之助 [人形佐七]
    1940.08 講談雑誌

  532. ふたり後家 [人形佐七]
    1951.09 サンデー毎日特別号

  533. 二人の未亡人
    1931.01 新青年

  534. 船幽霊 [黒門町伝七]
    1954.06.28, 07.05 京都新聞夕刊
    # 人形佐七捕物帳「舟幽霊」の原型
  535. 舟幽霊 [人形佐七]
    1954.09 別冊宝石
    # 黒門町伝七捕物帳「船幽霊」を人形佐七捕物帳に改作、初出時の題名は「船幽霊」
  536. 芙蓉屋敷の秘密
    1930.05〜08 新青年

  537. 振袖幻之丞 [人形佐七]
    1940.06 講談雑誌

  538. 噴水のほとり
    1936.07 明朗

  539. 蛇使い浪人 [人形佐七]
    1954.07 講談倶楽部・増刊号

  540. 蛇を使う女 [人形佐七]
    1945.05 北方日本

  541. ペルシャ猫を抱く女(ペルシア猫を抱く女)
    1946.12 キング
    # 「肖像画」、金田一物「支那扇の女」の原型
  542. 変化獅子
    1956.10〜57.04 読切小説集

  543. 変幻幽霊盗賊
    1929.12 『少年冒険小説全集(12) 渦巻く濃霧 外二篇』(平凡社)

  544. 鳳凰の鳴く時 [菊水兵馬]
    1941.04 講談雑誌

  545. 宝玉的道話集
    1929.06 文芸倶楽部
    # 初出時は山上三四郎名義
  546. 坊主斬り貞宗 [人形佐七]
    1942.02 『人形佐七捕物百話(1)』(杉山書店)

  547. ほおずき大尽 [人形佐七]
    1942.03 『人形佐七捕物百話(2)』(八紘社杉山書店)

  548. 焙烙の刑 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1937.01 サンデー毎日

  549. 「蛍の光」事件
    1938.02 少女倶楽部・特別大増刊号

  550. 蛍屋敷(小判屋敷) [人形佐七]
    1939.09 講談雑誌

  551. 焔の漂流船
    1932.05 譚海

  552. 洞の中の女 [金田一耕助]
    1958.02 週刊東京

  553. 堀見先生の推理
    1946.05.15 九州文化新聞

  554. 彫物師の娘 [人形佐七]
    1952.03 『好色頭巾』(文芸図書出版社)
    # 左門捕物帳「刺青師の娘」(1949.12 日光)を人形佐七捕物帳に改作、初出時の題名は「刺青師の娘」
  555. 本所七不思議 [人形佐七]
    1941.06 『人形佐七捕物帳(5)』(春陽堂書店)

  556. 本陣殺人事件 [金田一耕助]
    1946.04〜12 宝石

  557. 魔女の暦 [金田一耕助]
    1956.05 小説倶楽部
    # 同題長編の原型
  558. 魔女の暦(長編版) [金田一耕助]
    1958.08 東京文芸社刊

  559. 魔人都市 [三津木俊助・御子柴進]
    1954.08 少年クラブ
    # 長編「鋼鉄魔人」の原型
  560. (マスク)
    1936.06 週刊朝日特別号

  561. マスコット綺譚
    1938.11 オール読物

  562. まほうの金貨 [三津木俊助・御子柴進]
    1956.01〜12 幼年ブック

  563. まぼろし小町 [花吹雪の左近]
    1940.06 日の出
    # 人形佐七捕物帳「まぼろし小町」の原型
  564. まぼろし小町(謎の錦絵) [人形佐七]
    1941.07 『人形佐七捕物帳(4)』(春陽堂書店)
    # 花吹雪の左近捕物帳「まぼろし小町」を人形佐七捕物帳に改作
  565. 幻の女 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1937.01〜04 富士

  566. まぼろしの怪人/社長邸の怪事件 [三津木俊助・御子柴進]
    1958.01〜02 中一コース

  567. まぼろしの怪人/魔の紅玉 [三津木俊助・御子柴進]
    1958.03 中一コース、1958.04〜05 中二コース

  568. まぼろしの怪人/まぼろしの少年 [三津木俊助・御子柴進]
    1958.06〜08 中二コース

  569. まぼろしの怪人/ささやく人形 [三津木俊助・御子柴進]
    1958.09〜59.03 中二コース

  570. まぼろし役者 [人形佐七]
    1940.02 講談雑誌

  571. 真夜中の口笛
    1933.06 少女倶楽部

  572. 万歳かぞえ唄(風流かぞえ唄) [人形佐七]
    1951.02 面白倶楽部
    # 朝顔金太捕物噺「謎のかぞえ唄」(1944.01 講談雑誌)を人形佐七捕物帳に改作、初出時の題名は「囮万歳」
  573. 万引き娘 [人形佐七]
    1952.04 『地獄の花嫁』(神正書房)
    # 「お高祖頭巾の女」を改稿
  574. 木乃伊の花嫁 [由利麟太郎]
    1938.02 富士・増刊号

  575. 三日月おせん [人形佐七]
    1953.09 別冊宝石

  576. 三河万歳 [人形佐七]
    1957.08 講談倶楽部

  577. 身代わり千之丞 [人形佐七]
    1941.07 『人形佐七捕物帳(4)』(春陽堂書店)
    # 不知火捕物双紙「身代り千之丞」(1937.06 講談雑誌)を人形佐七捕物帳に改作
  578. 身替わり花婿
    1936.06 新青年
    # 初出時は阿部鞠哉名義
  579. 水芸三姉妹 [人形佐七]
    1952.03 『好色頭巾』(文芸図書出版社)
    # 左門捕物帳「水芸三姉妹」(1949.08 日光)を人形佐七捕物帳に改作
  580. 幽霊嬢(ミス・ゆうれい)
    1929.06 新青年
    # 初出時は鈴木伝明名義
  581. 三つ首塔 [金田一耕助]
    1955.01〜12 小説倶楽部

  582. 密書往来
    1926.02 ポケット

  583. 三年の命
    1927.05-12 文芸倶楽部

  584. 妙法丸 [人形佐七]
    1942.03 『人形佐七捕物百話(2)』(八紘社杉山書店)

  585. 武者人形の首 [人形佐七]
    1945.05 北方日本

  586. 紫の道化師
    1928.07-09 向上之青年

  587. 迷宮の扉 [金田一耕助]
    1958.01〜12 高校進学

  588. 名月一夜狂言 [人形佐七]
    1939.08 講談雑誌
    # 初出時の題名は「一夜狂言」
  589. 名月の使者 [菊水兵馬]
    1941.09 講談雑誌

  590. 明治の殺人
    1946.07 新青年

  591. 名槍まんじ暦
    1940.01 講談雑誌・増刊号

  592. 迷路荘の怪人 [金田一耕助]
    1956.08 オール読物
    # 同題中編および長編「迷路荘の惨劇」の原型
  593. 迷路荘の怪人(中編版) [金田一耕助]
    1959.02 『迷路荘の怪人』(東京文芸社)
    # 長編「迷路荘の惨劇」の原型
  594. 迷路荘の惨劇 [金田一耕助]
    1975.05 東京文芸社刊
    # 「迷路荘の怪人」の長編化
  595. 迷路の三人 [由利麟太郎]
    1937.08 キング・増刊号

  596. 迷路の花嫁 [金田一耕助]
    初出不詳

  597. めおと武士道 [矢柄頓兵衛]
    1943.04 講談雑誌

  598. 雌蛭
    1930.07 講談雑誌・増刊号

  599. 雌蛭 [金田一耕助]
    1960.09 別冊週刊大衆

  600. 盲人の手
    1937.10 モダン日本・増刊号

  601. 孟宗竹 [人形佐七]
    1947.03 『銀の簪』(杉山書店)
    # 朝顔金太捕物聞書帳「孟宗竹」(1945.02 講談雑誌)を人形佐七捕物帳に改作
  602. 盲目の犬 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1939.04 キング

  603. 木馬に乗る令嬢
    1941.02 新青年

  604. 物言わぬ鸚鵡の話
    1938.10 新青年
    # 初出時は阿部鞠哉名義
  605. 夜光怪人[金田一耕助・三津木俊助・御子柴進]
    1949.05〜50.01, 03〜05 少年少女譚海
    # 山村正夫により由利先生物より改作
  606. 夜光虫 [由利麟太郎・三津木俊助]
    1936.11〜37.06 日の出

  607. 八つ墓村 [金田一耕助]
    1949.03〜50.03 新青年、1950.11〜51.01 宝石

  608. 八つ目鰻 [人形佐七]
    1948.07 天狗

  609. 山形屋騒動 [人形佐七]
    1938.05 講談雑誌

  610. 山雀供養 [人形佐七]
    1938.04 講談雑誌

  611. 山名耕作の不思議な生活
    1927.01 大衆文芸

  612. 山吹薬師 [人形佐七]
    1952.01.23-02.26 神戸新聞
    # 初出時の題名は「やまぶき薬師」
  613. 誘蛾燈
    1937.12 オール読物

  614. 幽霊男 [金田一耕助]
    1954.01〜10 講談倶楽部

  615. 幽霊騎手
    1933.06〜08 講談雑誌

  616. 幽霊兄弟 [智慧若]
    1955.08 おもしろブック・増刊号
    # 人形佐七捕物帳「角兵衛獅子」を改作
  617. 幽霊座 [金田一耕助]
    1952.11〜12 面白倶楽部

  618. 幽霊姉妹 [人形佐七]
    1940.07 講談雑誌

  619. 幽霊鉄仮面 [由利麟太郎・三津木俊助・御子柴進]
    1937.04〜38.03 新少年

  620. 幽霊の見世物 [黒門町伝七]
    1955.07.25, 08.01 京都新聞夕刊
    # 人形佐七捕物帳「幽霊の見せ物」の原型
  621. 幽霊の見せ物 [人形佐七]
    1956.08 別冊キング
    # 黒門町伝七捕物帳「幽霊の見世物」を人形佐七捕物帳に改作、初出時の題名は「幽霊の死」
  622. 幽霊山伏 [人形佐七]
    1938.11〜12 講談雑誌
    # 初出時の題名は「山伏幽霊」
  623. 雪女郎 [人形佐七]
    1945.02 北方日本

  624. 雪だるま [智慧若]
    1949.01 中学生の友
    # 人形佐七捕物帳「拝領の茶釜」の原型
  625. 雪達磨の怪 [人形佐七]
    1942.02 『人形佐七捕物百話(1)』(杉山書店)

  626. 雪割草
    1946.06.12-07.31 新潟毎日新聞、1946.08.01-12.29 新潟日日新聞

  627. 夢の浮橋 [人形佐七]
    1946.04 講談雑誌

  628. 夢の中の女 [金田一耕助]
    1956.07 読切小説集

  629. 夜歩き娘 [人形佐七]
    1954.04 別冊宝石
    # 左門捕物帳「夜歩き娘」(1949.10 日光)を人形佐七捕物帳に改作、初出時の題名は「夜歩き姉妹」
  630. 陽気な夢遊病者
    1937.04.14 東京朝日新聞

  631. 妖犬伝 [人形佐七]
    1948.10 読物界・仲秋号

  632. 妖説孔雀の樹
    1940.06 譚海

  633. 妖説血屋敷
    1936.04 富士・増刊号
    # 人形佐七捕物帳「血屋敷」の原型
  634. 妖霊星 [菊水兵馬]
    1941.02 講談雑誌

  635. 寄せ木細工の家
    1929.10 改造

  636. 寄木細工の家
    1952.01 少年少女譚海・増刊号

  637. 夜毎来る男 [人形佐七]
    1946.06 講談雑誌

  638. 寄せ木細工の家
    1929.10 改造

  639. 夜歩く [金田一耕助]
    1948.02 男女、1949.06〜12 大衆小説界

  640. 夜の黒豹 [金田一耕助]
    1964.08 東京文芸社刊
    # 「青蜥蜴」の長編化
  641. 夜読むべからず
    1928.08 講談雑誌

  642. 落城秘話 [矢柄頓兵衛]
    1943.11 講談雑誌

  643. 悧口すぎた鸚鵡の話
    1930.09 新青年

  644. 離魂病(二人佐七、幻の佐七、佐七ふたり、ふたつ面影) [人形佐七]
    1939.07 講談雑誌
    # 初出時の題名は「佐七離魂病」
  645. 劉夫人の腕環
    1928.03 サンデー毎日・特別号
    # 初出時は江戸川乱歩名義
  646. 猟奇の始末書 [金田一耕助]
    1962.08 推理ストーリー

  647. ルパン大盗伝
    1929.08〜11 講談雑誌
    # Maurice Leblanc "Le bouchon de cristal"(『水晶栓』)の翻案
  648. 恋慕猿
    1939.05 現代

  649. 籠城武士道 [矢柄頓兵衛]
    1943.08 講談雑誌

  650. 蠟人
    1936.04 新青年

  651. 蠟の首
    1946.08 VAN

  652. 蠟美人 [金田一耕助]
    1956.02 講談倶楽部

  653. 蠟面博士[金田一耕助・御子柴進]
    1954.01〜12 おもしろブック
    # 山村正夫により三津木物より改作
  654. ろくろ首の女 [人形佐七]
    1960.01 週刊大衆
    # 初出時の題名は「ろくろ首の娘」
  655. 路傍の人
    1926.06 『広告人形』(聚英閣)

  656. 若衆かつら [人形佐七]
    1955.03 キング

  657. 笑ふ紳士
    1931.06.10〜08.12 婦人子供報知

  658. 藁人形(呪いの藁人形) [人形佐七]
    1946.05 講談雑誌