<< 一般部に聞く!!!私の極意 >>

浅村 敏雄

1.あなたの稽古のモットーは?また稽古において注意する点は?
稽古は、取りと受けがあって成り立つものであるから、自分だけががんばったりせず、調和しなければならない。そして一番大切な事は、とにかくリラックスする事。

2.稽古を指導するときに重要なことは?
技を見せ、そして位置関係、ポイントを要領よく説明し、なぜこうなるのかという理合を教えていく事。リラックスさせる事(肩の力を抜く)。

3.稽古で得たものは何か?
まず、体力、精神面(自信)、相手の痛み、そして仲間達。稽古を続けてきた上で感じてきた事ですが、会社などでも人間関係、仕事など、今迄と違って、少しだが余裕をもって接する事ができるようになったのではないかと思う。

 磯村 一雄

1.あなたの稽古のモットーは?また稽古において注意する点は?
稽古に集中的に出席するよりは、コンスタントに長く続けていく事、その代わり、一回の稽古では神経を集中させ、より多くの事を習得する事。相手に振り回されない様マイペースで、技の細かい点に注意しながら行う事。

2.稽古を指導するときに重要なことは?
一回の稽古の中では各技を通して共通する留意点を重点的に指導し、稽古する人が系統立てて理解しやすい様にする。一つの技の中では、留意点と相手のレベルに相応した細かな部分を数点に絞り指導し、言葉で説明するよりも、体を実際に動かし誘導しながら指導する。

3.稽古で得たものは何か?
相手の自分へ対して向かってくる方法およびそれに対して、自分がどう対応するか瞬時に読み取り実行する事ができる様になった。観察力、洞察力が身に付く。また、技の加減を調整する技量も養われた。これは、合気道の技だけでなく日常生活での交流手段にも、同様に役立つものと考える。

 神谷 貴世子

1.あなたの稽古のモットーは?また稽古において注意する点は?
一点に意識が集中し過ぎないよう、また、体の中心、重心を、意識しようと思います。衝突すると負けてしまうので、ぶつかり合いを避けて、無理なく動ける方向に持っていきたいと思っております。

2.稽古を指導するときに重要なことは?
雁字搦めにしない。思うように動く中で、「こうすればいいのに」と思うところから、伝えていく。

3.稽古で得たものは何か?
心身共に健やかな事。身体は、強くなったのはもちろんの事、稽古によって、あまり、物事に動じなくなりました。どっしりと腰を落ち着けてみようか、という心のゆとりが生まれ、苛々する時も、稽古をする事によって、平常心に近づけます。

 北村 和広

1.あなたの稽古のモットーは?また稽古において注意する点は?
受けをしっかり取る事。相手の動きにあわせるよう、先走った受けを取らないようにする。取りはゆっくりでも、最後まで技をかけることと、投げっぱなしや、形だけの固めではなく、残心を心掛ける。
2.稽古を指導するときに重要なことは?
アドバイスはするが、自分のやり方を押し付けるのではなく、自分で考え、自分なりに消化して技が身に付くように指導することが重要であると思う。

3.稽古で得たものは何か?
師と仲間。自分に対する自信。

新堂 正忠

1.あなたの稽古のモットーは?また稽古において注意する点は?
自分も相手も怪我をしないように稽古する事です。ただ優しく動くだけではなく、互いに 受け身をとれる限界の範囲を見極めながら動く事を心がけています。

2.稽古を指導するときに重要なことは?
指導をする際には、細かい部分は除いて大きく、わかり易く動いて見せます。あとは、迷わない事が重要だと思います。高段者が見せる迷いのない動きは、説明が無くても充分な説得力を感じます。

3.稽古で得たものは何か?
7 年以上稽古していますが、正直な所、強くなったという意識は持っていません。稽古を通じて多くの人々と交流を持てたことが最も大きい事だと思います。ただ、いざという時に本当に動けるかどうか、考えながら稽古していこうと考えています。

 高橋 昭明

1.あなたの稽古のモットーは?また稽古において注意する点は?
週に2 回は必ず稽古に通う事。継続することは、気の流れにつながり、生きることに対する最大の気力の昂揚と確信している。

2.稽古を指導するときに重要なことは?
初心に還って、基本に忠実に且つ、一つ一つの動作をゆっくりと丁寧に行う様に努める事。激しい動作、若しくは無理な力により、相手に不快感を与えないように努める事。

3.稽古で得たものは何か?
(1)心身の充実した気分に浸ることが出来る事
(2)何か困難な事態に遭遇した時、以前とは違ってより平静に心身共に対応出来るのではないかと確信している
(3) 師範ご夫妻を始め、多くの合気道を志す人達と折り合うことができた事。

 藤田 隆充

1.あなたの稽古のモットーは?また稽古において注意する点は?
悪戯に力を使うのではなく、しっかりと技の鍛練を行う事。常に全力を持って臨む事。

2.稽古を指導するときに重要なことは?
まだ、稽古に体がなれておらず、普段つかわれていない所に負担がかかるのでけがをしないように気をつける。

3.稽古で得たものは何か?
健康な体と忍耐力。

 中 雄一

1.あなたの稽古のモットーは?また稽古において注意する点は?
先手必勝(相手の攻撃を受けて技につなげるのではない)。パワーに勝つには、スピード+位置と角度とタイミングの総合バランス。

2.稽古を指導するときに重要なことは?
合気道の稽古において。片方のみが指導者になることはない。互いに指導しあうことにより、より高い次元へと進むという初心を忘れてはならない。

3.稽古で得たものは何か?
「人」、合気道をしたことにより、色々な年代の友人ができた。これは合気道の中のみならず、自分の人生そのものに多大な影響を与えている。

明確な正解が存在しないこれらの質問、
皆さんならどう答えますか?
<< 戻る