合気道は、開祖植芝盛平翁(1883〜1969)が日本伝統の武術の奥義を究め、さらに厳しい修行をへて術から道へと発展させた現代武道です。
合気道は相手といたずらに力で争いません。入身と転換の体捌きから生まれる技は、相手の暴力のみを制するもので相手の生命を殺傷いたしません。人間生命の尊重がうたわれる現代にふさわしい武道といえるでしょう。
合気道が「和」の武道といわれる所以もここにあります。
植芝盛平開祖は合気道について「合気とは敵と戦い敵を破る術ではない。」と云っておられました。お互いの習熟度に合わせて技を繰り返し稽古することで心身の錬成をはかることを目的としています。その円の動きを習熟することで、合気道の神髄といえる和合の心(愉しく、強く、自在に、やわらかく)を培っていくこと。いきいきとした調和のとれた生活していくことを目的としています。
合気道は入り身と舞のように華麗な円の動きと、絶対不動な中心からくりだす技を特色としています。美しい自然な動きに反して、一撃で相手を制する武道です。特別な筋力を必要とせず、合気道を学ぶ意志さえあればだれでも稽古することができます。
合気道は試合をおこないません。合気道の精神には「相手を倒す」という思想がないからです。もし、試合をおこなえば、「必ず勝ちたい。」「相手を倒したい。」という執着心が生まれてきます。合気道は心の修養を第一要件とした武道です。日々の心身の鍛練を通じて、健康な体となにごとにも動じない強い心をつちかいます。
現在合気道は世界85カ国、150万人の人々に愛好されています。また、老人、女性、子供、老若男女を問わずだれでも一生涯を通して学ぶことができる武道として世界中で愛されています。
お問い合わせは、horii@lares.dti.ne.jpまでお気軽にどうぞ。