ゲーム概要 内容の説明 よくある質問
オレンジエリア「六」の陣捕りで大逆転を狙え!未来的 「陣捕りボードゲーム」ザクロス 『ザクロス』は、
六角形の盤上で黒と白に分かれて陣地を捕り合う『陣捕りボードゲーム』です。
タイトル:ザクロス
ジャンル:
モノクロ美術知育&陣捕りボードゲーム
対応機種:
ニンテンドーDSi(DSiウェア)
DSi LL/3DS/3DS LL
操作方法:基本タッチペン操作。
※ボタンは、一部対応しています。
配信開始日:2014年3月19日
販売価格:
ニンテンドーeショップ 500円[税込]
DSiショップ 500DSiポイント
プレイ人数:1~2人
容量: 32ブロック
セーブファイル:なし
レーティング:
CERO A(全年齢対象)
メーカー:株式会社甲南電機製作所
このアイコンが目印!!
 
六角形で構成された盤上の66マスを黒と白に分かれて陣地を捕り合います。 コマを置く時は相手のコマを挟むように置かないと置く事ができません。 挟んだコマは自色に変わります。

ただ陣地が多いだけが勝利条件ではありません。
盤上にあるオレンジエリア13コを全て自陣にした場合や、オレンジエリア13コが埋まった状態で 6コを自陣にした時にも勝利になります。

top
ゲームモード

オレンジエリアの陣捕りまたは判定時に陣地の数を捕り合う「通常式」と、自色に変わる度 に加算される得点を捕り合う「得点式」の、2種類のゲームルールがあります。

top
勝利条件

■「通常式」
①全てのマスを自陣にする。

②相手の陣地をなくす。

③オレンジエリア13コを全て自陣にする。

④オレンジエリア6コを自陣にする。但し、残りのオレンジエリア全てが相手の陣地であること。

⑤判定の際に相手より陣地が多い。
※判定とは?全てのマスがコマで埋まるか両者共にコマを置けなくなった場合には判定で勝敗 を決します。なお、陣地が同数の場合は引き分けになります。

⑥相手のペナルティ数が3になる。

■「得点式」
①判定の際に相手より得点が多い。
※判定とは?全てのマスがコマで埋まるか両者共にコマを置けなくなった場合には判定で勝敗 を決します。なお、得点が同じ場合は引き分けになります。

②相手のペナルティ数が3になる。

top
充実した設定

コンピュータの難易度は3段階。先攻後攻や制限時間も自由に設定可能です。
次の置ける場所を教えてくれるガイド機能や、画面デザインを変更できるスキン機能。
対局時、お好みの音楽を選びプレイする事が可能です。

top
【ザクロス バックグラウンド】
世の中心が「6(ロク)」だと言う哲学を視覚化させた「上園磨冬」氏の作品。

1989年3月より「六本木交差点」の「とある場所」にて「磨冬」氏がずっと創り続けて居る、
【六本木製造/made in 6pp】と言うドキュメント映画が存在する。
そしてそれは今なお継続して制作され、2014年3月、丸四半世紀(25年)たった今、
その集大成として、ようやくと其の一部が「ザクロス」と言う名の「ゲーム」となって世に解禁。

逆昇る2002年3月、
「磨冬」氏は独自の視点で「六本木交差点」を記号化し、1枚の絵画に封じ込め、
その絵画を「ゲーム」として独り歩きさせる事を計画。
そして2014年3月、
その「ゲーム」の一部を切り捕り、
「モノクロ美術知育」の一環として、
「33vs33の『66マスの陣捕り』ゲーム『ザクロス』」を世に投下…

そう「ザクロス」は「ゲーム」であると同時に、その映画のワンシーンなのである。

「ザクロス」は「ゲーム」を皮切りに「テキスタイル制作」「サントラ発売」「ライヴ開催」と、
継続されて行く…

2017年までの「ザクロス」スケジュールあり。
詳しくは http://www.creala33.com/mafuyu/zacross/ にて御確認を。
top
【ゲームとしてのザクロス】
「6角形」の盤面に用意された「66個の『6角形のマス目』」を、
黒か白のコマを選んで「6方向」から挟み捕る「リバーシ的『陣捕り』」ゲーム。
そしてその盤面の中央には「六(6)」と言う記号で表わされた「オレンジエリア」があり、
そのエリアを「独自のルールのモトに奪い合う」と言うゲームです。

が、しかし…それはあくまでも表上のルール…
その裏に隠されし真の目的とルール、そこにある哲学は、実は真反対…


「6=3+3」

「6」に気付き、まずは平和に辿り着け。

(messsage from 双子の3ベア)




【モノクロ美術知育としての側面】

黒と白のコマを使ってゲームを行ない、
その結果として、盤面上に「六角形のピクセルアート(ドット絵)」を完成させる。
このゲームは黒と白とが争うだけでなく、黒と白との共同作業としての側面を持つ。

偶発的な結果としての作品、緻密に計算された結果での作品、
誰と誰が対戦した結果が最も美しきコラボ作品となるのか等、
その総ては結果までのプロセスが傷跡となった「ライヴアート」によって創られる。

「ザクロス」…そこに美しき傷跡を残して下さい…

※「ザクロス」は、そんな結果盤面を「作品」と捉え、
それを使い「ザクロス迷彩」と名打つ「テキスタイル」を創り、
其の柄を使った次な る作品化をも視野に入れています。

※そして其のゲームのプレイ中の総ての音の流れすら「一連の作品」と位置付け、
総てを一連の「ザクロス」と言う名の作品の一部として増殖させ、
楽しむ事が出来るような計画も用意しています。

「ザクロス」は、只争うだけのゲームでは無い。
「陣捕り」と名打つも、
御互いの共同作業によって完成する側面をも持つのが、この「ザクロス」だ。
そのヒントをモトに、
「ザクロス」が伝えたい何かを知る事が出来る鍵としての結果に辿り着き、
この「ザクロス」を攻略して貰えたらと。
top
【原案者プロフィール】
【上園 “黒路愛弗” 磨冬/ Mafuyu "Kuro-idol" Kamizono】
/黒白専門美術家 ( MONO POP ARTIST )

「黒と白」「影と光」…そんな相反するモノを共に生かし続け、
御互いの魅力を最大限に迄引き出し合わせて循環させる事を中核に、
モノクロにこだわり抜き、
平面、立体、肉体、音、声、映像、文字、発明等、
己の360度フルセンスを使い、
生きる事を「ショービズ」と位置付け、
自身を一番の作品(魅せモノ)とするショーマン。

総ての活動発信基地としての「DOL※」を主催し、
1989年3月、
六本木交差点の「とある場所」を人生の零地点と定め、
「新しいモノではなく『最速』のモノを創る」事を念頭に、


常に「遺作の上描き」としての作品を創り、未来に向けて「昭和」の継続を生きている。

「上園磨冬自身の一挙手一投足の総てが、完全に『生きた作品』そのものである」との呼び声は高い。



※「DOL(Devil Orange Land)」…それはショービズ地下軍隊。
そこは地下の世界とてアンダーグラウンドでは無くアンダーランド。
発信は地下だが、意識はいつだって「路(みち)の上」…
「モノクロmeets刺し色オレンジ」の街を現実に創る事を目標としている。

【DOL公式】http://www.devilorangeland.com/


「昭和50年代を任天堂に育てられたゲーム&ウォッチ世代。
ファミコンが創まれる前に起きたデジタルゲーム初期衝動。

はじめて手の中にゲームセンターを感じ、
そこで得た感動と夢中、それは任天堂のゲーム&ウォッチだった。
そしてそこに未来の匂いを知り、未来の玩具を感じた。

あの頃の初期衝動は今でも強烈に残っている。
だからこの『ザクロス』のデジタル版を出すならば、
あの頃の継続として、
最初の第一歩目はどうしても『任天堂』から、
『昭和89年版ゲーム&ウォッチ』のイメージで発信したいと切願し、
撲は『ニンテンドーDS』を選んだ。

今回の『ザクロス』の発売は、
確実に叶えられた夢として喜びと感謝に満ちている。

この『ザクロス』が世の定番化になればと、切に願う。
/上園磨冬(談)」
top
よくある質問
Q1
A1
電源を入れてゲームを開始する度にメニュー項目がリセットされるのですが…。
電源再投入時は、セーブに対応していない為、メニュー項目もリセットされます。
Q2
A2
2人対戦は、2台の本体で対戦する事が可能でしょうか?
いいえ。1台の本体を交代交替でプレイしてください。
Q3
A3
難易度の☆2つや☆3つだとオレンジエリアの『六』が点滅や非表示になりますが判定は
あるのでしょうか?
はい。視覚的な影響があるだけで勝利条件としては有効になります。
Q4
A4
オレンジエリアの『六』は、得点式の場合は勝利条件に影響があるのでしょうか?
勝利条件に直接影響はありませんが、オレンジエリア以外のマスより高得点が得られます。
一度に挟む数が多い程、得点も跳ね上がります。
Q5
A5
盤上にある「ザクロス」とかかれているマスにコマを置く事はできるのでしょうか?
その4マスにはコマは置けません。
top
©2014 MECHANIC ARMS
©DOL 1989-2014
Nintendo DS・ニンテンドーDSは任天堂の登録商標です。