ナコルルとは何者か?
BACK


一言で言えば、格闘ゲームのキャラクター。


私の紫ナコルルのイメージは、長い褐色の髪と日に焼けた肌。 白と紫の衣装に身を包んで、赤ナコルルに対して 「強さも美しさも私の勝ちというわけね」と勝ち台詞を吐きつつ笑う女。
立ち塞がる敵を、ばっさり斬り捨てて、不敵に微笑む女。

ナコルルがすべてを許し、包み込もうとする「白」であるならば、紫ナコルルは、すべてを拒絶する孤高の「白」。
そんなイメージが私のナコルルです。

登場作品 第1作「サムライスピリッツ」1993年
第2作「真・サムライスピリッツ〜覇王丸地獄変〜」1994年
第3作「サムライスピリッツ斬紅郎無双剣」1995年
第4作「サムライスピリッツ天草降臨」1996年
第5作「64サムライスピリッツ」1997年
第6作「SAMURAI SPIRITS〜アスラ斬魔伝〜」1998年
第7作「剣客異聞録甦りし蒼紅の刃サムライスピリッツ新章」1999年
第8作「ナコルル」2001年
第9作「サムライスピリッツ零」2003年

番外1・「クイズ・キングオブファイターズ」1996年
番外2・「真説サムライスピリッツ武士道列伝」1997年
番外3・「サムライスピリッツ!」1998年
番外4・「サムライスピリッツ!2」1999年
番外5・「SNK VS. CAPCOM 激突カードファイターズ」1999年
番外6・頂上決戦最強ファイターズ SNK VS. CAPCOM 1999年
番外7・「SNK GALS' FIGHTERS」2000年
番外8・「キング・オブ・ファイターズ2000」2000年
番外9・「CAPCOM VS SNK」2000年
番外10・「サムライスピリッツS」2001年
名前ナコルル
流派シカンナカムイ流刀舞術
武器銘宝刀チチウシ
生年月日1771年10月11日明け方
年齢17歳〜18歳
出身地アイヌモシリ・カムイコタン
血液型AB型
身長5尺1寸・22.5cm(7・聖霊時)
体重語らず
3体数73・50・82
趣向自然の声を聞くこと(1〜2)森林浴(5)
家族構成サノウク(祖父)・モナシリ(祖母)・ママハハ(鷹)(1)
リムルル(妹)(2〜7)・シクルゥ(狼)(3〜6)
宝物チチウシ(戦士だった父親の形見)
好きなものカムイコタンの森や動物達(1〜2)
森や動物(5)
嫌いなもの自然を汚す悪い人間
剣の道について 他人を傷付けたくはないが、自然を守って行くために必要だと思う(1)
自然を守る為の手段(5)
複合感情 秘密(1〜2)
巫女としての宿命の重さ(5)
尊敬する人 どんなかたでも尊敬できる一面を持っています(2)
亡き父(5)
特技 毎朝作る「ラタシケプ」はみんなおいしいと言ってくれます(2)
平和だと思う時 森の木々に囲まれてすごしている時(2)
好みのタイプ どんな人にもすばらしい一面が必ずあります(2)
現代社会での彼らは・・・・? 彼女は現代社会では淘汰され、生きてはいられない(2)
( )内は、作品番号。


アイヌの巫女ナコルル。彼女は優れた巫女でありながら同時に剣士です。

〜SHELL的キャラクター考察〜

■ 第1作目では、明るくて元気なイメージでした。勝利時には戦隊モノのような 決めポーズと「大自然のおしおきよっ!」というVOICEがたまらなく恥ずかしかった 記憶があります(^^;)

■ その一年後の設定の、第2作目では、物語の終わりに、自らの「命の光」で自然を浄化し、 風になってしまうという結末を迎えます。ここから、赤ナコルルって可憐でおしとやか という印象が強くなってきます。紫も同じ結末なのですが、キャラ選択時の表情が あまりにも挑戦的な笑顔だったので、そんなイメージはありません。

■ 3・4作目は1と2の間の物語です。3作目は大自然の巫女的な台詞で、 括られています。4作目では、ラストシーンで、2作目の最後の敵の声が表示されます。

■ 5・6作目は、なんと、「復活」です。2作目で死んだと思われていたナコルルは、 実は大自然の中で眠りについていたという設定です。
ガルフォードと相思相愛のようですが、巫女という立場を思うと素直にはなれないみたいです。

・・・ちゃんとした物語だったらなぁ・・・3作目以降って、無理矢理考えたみたいに なっちゃってるから・・。サムライ以外のバケモノが多すぎるし。(手からレーザー光線とか、 ビームサーベルだすんだもん)日本的な妖怪のたぐいなら良かったかもしれないケド。

■ 7作目は、ナコルルが20年後の世界に光の聖霊として自らの魂を送り、 プレイヤーキャラを導きます。・・・むちゃやってくれます。
「あいつ」は、20年後でも自分の故郷でナコルルを待っている・・・そうです(爆)。

■ 8作目は、PCゲームです。これまで描かれなかったナコルルの日常が中心。 ノベル系です。紫ナコルルは、主人公ミカトにレラ(アイヌ語で風)という名前を 付けられます。これまでのゲームの設定等々、すべて無視!というのが脱力の原因の一つ。
通常ルートはナコルルのエンディングですが、レラのエンディングもあります。 ナコルルのエンディングは非常に悲惨なので、レラのエンディングの方が ナコルルファンには幸せなのかもしれません。
ちなみに、このゲームの公式コスプレイヤーになった時、私はすっかりレラができるものと 思ってたんですが・・・・ナコルルでした(苦笑)。

■ 9作目は、「零」だそうで(苦笑)。最初タイトルロゴが「ゼロ」でした(笑)。 ナコルルと紫ナコルルが完全別キャラとなり、紫ナコルルはレラという名前と姿が確定。 私的にこれですべてが終わりました。