尋竜法
地上の景観から竜脈を見極め、陽宅(屋敷・村落)、陰宅(墓地)の立地の吉凶判断を行う法。祖山、局、穴、砂、 明堂など風水に普遍的な用語が使われる。
五星論九星論
周囲の山の形態を五行に配当し、象徴的な意味を付与する法。
村落風水
理想的な村落を玄武・青竜・白虎・朱雀、安山、局の左右に九曲路、前方に眠弓と呼ばれる窪み状の路がある場 所と説く法。
墓地風水
死者の埋葬、墓の造営と修理の際の年月日時の干支による日撰。墓地の方位、死者の生年の干支、暦忌日など亀甲墓のデザインコンセプトなど。唐尺を用いる。
屋敷風水
屋敷の方位、井戸・カワヤ・家畜小屋・門の位置や垣根デザイン・ヒンプンなど。唐尺を用いる。