漢文化の「風水」がいつ頃、周辺文化に波及・浸透して行ったか明確な結論は出ていません。

 しかし、当時の中国のアジアへの影響を考えれば、
かなり早い時期から風水思想が受け入れられていたのではと考えられます。

 今日、中国で誕生した「風水思想」が波及・浸透していったと推測されるアジア地域として、韓国香港台湾沖縄タイラオスベトナムマレーシアフィリピンバリなどがあります。