ぬぬ

 この数日、春爛漫って感じですよね。
 外もですが、家の中も花がいっぱいで、香りも漂い、春爛漫です。
 というのも、17日は73歳の私の誕生日でした!
「おめでとう」と言われるのは、何回だってうれしいです。もう歳だからうれしくないなんて言う方もいますが、いやー、この世に誕生してきた記念日ですからね。生きている間中「おめでとう!」と思いたいし、言われたいです。
 誕生日記念に、りんごの木を共に創設し今まで一緒にやってきた通称「まささん」と、赤坂見附のお寿司やさんに行きました。本来、足を踏み込めるようなお店ではないのですが、ありがたいことに、子どもが保育に来ているもので席を設けてくれました。「知り合いになったら、だれでも巻き込んでしまう」とか言われますけど、親しくなったのだから、お互いの絆に遠慮はいりません、と思いませんか? まさに、暮しの手帖の「迷惑かけたっていいじゃない」です。
 迷惑かけあってお互いの素晴らしいところを認識できるってこともありますよ。

 お寿司の感動は言葉にできないし、みなさんに試食いただけるわけでもないのでやめておきます。とにかく「おいしい!」を連発して堪能してきました。

 

 久しぶりに電車で向かいました。最近は堂々と優先席に座ります。なかなか空いていないんですが、日曜日の昼だったので座れました。
 そこへベビーカーのようなものを引いて、若い女性がやってきました。私の前の席に座りました。中にはかわいらしい犬が座っています。女性は席に座り、前にわんちゃんカーを引き寄せるようにして、向かい合っています。
「おみじゅ、のみましょうか」
 無言のわんちゃん。
「あら、いらないの? じゃあ、おやつに、ちまちょうか?」と、赤ちゃん言葉。
 何やら口に入れました。
「ちゃんと、かみかみしてね」と言いながら見守っています。
 かみかみなんていう言葉、すごく久しぶりに聞きました。この人はどうして知っているんだろうと不思議。たぶん私の視線は釘付け。
 その後も、ずーっと話しかけていました。
 私は、ずーっと見ていました。その方の横に座った年輩の女性も見ていました。
 子ども連れでこんなにコミュニケーションを取っている親子は、滅多にいません。
 最近わんちゃんカーで公共の乗り物に乗ってくる人が多くなりましたが、総じて親子連れより優しい会話がなされています。
 なんで?
 おとなしく静かにしているから? 泣いてぐずらないから?
 そういえば、犬が吠え出すのはみたことがありません。
 ペットは家族同様という方も多くなっています。でも、飼い主の愛情を受け止めてくれるありがたい家族ってことかしら?
 子どもはそうはいきません。自己主張が甚だしくて、ほぼ思うようにいきません。イヤイヤ期とかいって、「NO!」と命かけて言い続けるのですから、楽しみもあるけど、面倒くさく、困ることだらけでもあるでしょう。
 そして、責任の重さが違いますよね。わが子の育ちを、自分の責任を感じながら見守らなければならないのですからね。
 あー、これからはどんどん子どもは減少し、ペットは増えていくんでしょうか?
 今日は、いまからEテレ「すくすく子育て」の収録に行きます。放映は4月10日、テーマは「イヤイヤ期」です。
 わんちゃんとのように楽しんで、会話を交わせるようなお役に立てればいいのですが・・・・?
 手強い子どもに向き合う手立てをお伝えしてきましょう。(2月22日 記)


 ●最近のバックナンバーはここをクリックしてください。