『石見神楽 Sound Cronikle 』 / YEN
1999/DON-001/\1,500(税込み)/アルバム
地元浜田のインディーズレーベル( DON-CHI-CHI)発売。
本作品の御購入は郵送にて
お問い合わせは「ホテル松尾」0855-22-2520 〒697-0024 浜田市黒川町4185までです。

 CD制作の趣旨
 石見神楽は、島根県石見地方で最も親しまれている郷土芸能で、その起源は室町時代に遡ると言われています。元々、石見神楽は、神職による神事であったものが、明治維新以降は、庶民の手によって民族芸能として発展してきました。
 その内容は、神事的なもの、呪術的なものに加えて、江戸時代には古事記・日本書紀を原典とする神話ものが加わり、極めて豊富で多彩なものになっています。また、リズムも、石見人の気質そのままに、勇壮で活発なものに変化を遂げています。
 私達石見人は、多かれ少なかれ石見神楽の勇壮な舞や囃子の音を見聞きして育ち、体の奥底には神楽の調べが息づいています。春や秋の祭りの季節になると、毎週末には近くの神社から笛の音が流れ、その音にある者は郷愁を憶え、ある者は血を踊らせるのです。
 これまで石見神楽は、どちらかと言えば「視覚的な芸能」であり、ビデオなどは数多く発売されているものの、その「音」の面は置き去りにされてきたような気がします。しかし、その笛や太鼓の音も「視覚的な面=舞い」に劣らない魅力を持っています。
 今回、浜田市出身で、現在東京で活躍中のミュージシャン「福岡ユタカ」のプロデュースにより、神楽の「音」にスポットを当てたCDが完成しました。オーソドックスな演奏の録音だけではなく、福岡ユタカが現代風にアレンジしたバージョンも含まれています。
 このCDが神楽の昔からのファンから初めて接する人まで幅広く楽しんでいただき、「新しい浜田の音」となれば幸いです。
                             原田純次

制作ノート
 昨年の夏帰省し何時ものとうり悪友達と旧交を暖めていた折りひょんな事からこのCD制作の話が持ち上がりました。僕も物心着く頃より石見神楽には大変親しんでおりその8調子、6調子のリズムも体に焼き付いています。
ちょうど自らの音楽制作も一昨年リリースしたモロッコアルバム「AILAA」より「現地サウンドフィールドワーク・・スタジオ再構成」とでもいった様なスタイルが確立してきてこれをそのまま石見神楽に当てはめると面白い物が出来るんじゃないかと・・・ということで旧友達とのアルバム作りが始まりました。
 主な録音は美川西社中のみなさんに協力していただき98年秋に高井ヶ丘八幡宮で行いました。その他の社中、ハイヤ節そして風、波、雑踏音など数多くの環境音なども浜田周辺にて収録し録音方式は出来るだけ現場の雰囲気を伝えたいとの思いでフルデジタル3D方式(バイナーラル録音)を多用しました。
 これらの音をスタジオにもちかえり作曲、コラージュしていく作業は大変楽しい物でした。
 もちろん石見神楽は大変歴史も古く奥深いものでこのアルバムですべてを表現出来るというものでは到底なく、音楽だけに限ってみてもまだまだすばらしい曲がたくさんあります。何時かそれらの曲も作品化出来ればと夢見ています。
 今回は地元の友人はじめ多くのボランティアの方々がこのプロジェクトに参加されていてその制作のほとんどが彼らとの手作り作業で行われました。このアルバムが浜田発の「音」として多くの人々に聞いていただけたらと思っています。
                             福岡ユタカ

【1】DON-CHI-CHI-TOWN
  Voice,All Computer Programming & Synthesizer : Yutaka Fukuoka(Yen Chang)
  Vocal: Marie Cochrane, Yukiko Okabe
  Chorus :Hirosi Kawakami, Atsunobu Yakabe,Yuko Nakauchi,Takeru,Kanade,Miyako,
  Percussion : Atsunobu Yakabe

  Performed by Mikawa Nishi Shachu
  Sound Effects:Port Hamada

  石見神楽の最も代表的なリズム八調子をモチーフにして作ったどんちっちタウン(浜田)のテーマ曲。
  ちなみに「どんちっち」とはその八調子のリズムを表す地元の言葉。
  イントロの部分はTBSの「ジパング大決戦」のテーマでもお馴染み。

【2】NEO KUROTUKA

  Voice,All Computer Programming & Synthesizer : Yutaka Fukuoka(Yen Chang)
  Vocal : Atushi Simono (Mikawa Nishi Shachu)

  Performed by Mikawa Nishi Shachu & Nishimura Shachu
  Sound Effect:Tatamigaura

  歌詞)
  むつの国那須野が原の黒塚に鬼住むよしを聞くがまことか
  青き葉の燃え立つほどに思えども煙をたたねば人は知らずよ・・・・

  黒塚は謡曲「安達が原」から取材したもので、妖鬼白狐を三浦介、上総介が激しい立ち回りをした後、退治するという演目。

【3】OROCHI-Trilogy
 @Golden days of childhood
 ASusanou
 BFinale

  Voice,All Computer Programming & Synthesizer : Yutaka Fukuoka(Yen Chang)
  Vocal : Katuo Yoshiga (Mikawa Nishi Shachu)
  Talk : Hirosi Kawakami
  Percussion : Atsunobu Yakabe

  Performed by Mikawa Nishi Shachu
  Sound Effects:Naimuracho Takaigaoka Hachimanngu

  (歌詞)   青草結い束ねてぞ蓑笠と作り初めます須佐之男命
  白雲の向伏す限り国々を見そなはしける御子の御為に・・・・

「大蛇(オロチ)」はどんな場合でも舞わないことが無いと言うほど石見神楽の代名詞となっている演目。多くは祭りの最後に演じられ、明け方に成ることもしばしば。
出典は出雲神話でも有名な須佐之男命の大蛇退治を石見神楽ならではの勇壮な舞いで表現する。

【4】NEO HAIYA
   All Computer Programming & Synthesizer : Yutaka Fukuoka(Yen Chang)
   Performed by Hamakko Haiya Group

☆BONUS TRACK

【5】恵比寿
  Performed by Mikawa Nishi Shachu
   

恵比寿は美保神社の祭神、事代主命をたたえたもので、コミカルな所作が楽しい。

【6】浜っ子ハイヤ節
  Performed by Hamakko Haiya Group

====Stuff credit===================================================
All compose,arrangement:Yutaka Fukuoka(Yen Chang)
Words written by Yutaka Fukuoka & Marie Cochrane(DON-CHI-CHI-TOWN

All Computer Programming & Synthesizer : Yutaka Fukuoka(Yen Chang)

美川西社中
品川 安夫、品川悦雄、髻谷 進、小川泰昭、浅浦賢二、藤井博美、松下勝則、後藤恭司、吉賀克夫、矢上義広、小川安夫、元重 誠、下野貴志、右田光男、藤原宏夫

Hamakko Haiya Group 三味線; Katumi Nakashima(中島克).Hisako Harada(原田ひさ子).Kimiko Oota(太田喜美子) 太鼓:Hatuyo Tanaka(田中初代)
鐘:Nobuko Sakata(坂田 宣子)
歌:Satomi Aoki
お囃子:Kimiko Tanaka(田中公子)Yoko Sakai(酒井洋子)

Produced by Yutaka Fukuoka
Recorded & Mixed by Yutaka Fukuoka & Kiyoshi Okabe at YEN studio
Sampling & Recorded by Kiyoshi Okabe & Yutaka Fukuoka with Binaural Recording
System at Takaigaoka Hachimangu,Hamada
Mastered by Tetuya Yamamoto(Prime Drection)

Art Direction by Takayuki Hirota
Designed by Takayuki Hirota
Photography by Junji Harada,
Haiya Dance designed by Hidetosi Hukuhama

Executive Producer: Akira Matuo(浜田に花を咲かせる会)
Production Superviser:Junji Harada(浜田に花を咲かせる会)
Co-ordinated by Daizo Hirano(浜田に花を咲かせる会),Hiroki Furutani(Lascaux)

Special Thanks
Hamada:Nannchin,Uenishi,Hiroyuki Shimazu,Jun Sakata(NHK Matue)、Hiroko Ushio(Takaigaoka Hachimangu Guuji),Nagasawa shachu,Nishimura shachu

Tokyo:Akihiko Iimmura(Computor Programming ) ,Toshihumi Noda,Yasu Tokuda(Nichion),