『YEN Calling“ DOCUMENTA”』
2000.11.22/TECI-1008/\2,400(税抜)

1.Mille a mille(千から千)
   with Natsuki Kido (Oct. 4th 2000)
2.Tapestry(つづれ織り)
    with Natsuki Kido (Oct. 4th 2000)
3.Bacile(水盤)
   with Haruki Adachi (Jan .9th 1999)
4.Figura(人)
   with Youichi Okabe (Oct. 4th 2000)
5.Terra rossa(赤い大地)
   with Natsuki Kido (Oct. 4th 2000)
6.Giugno(6月)
   with Natsuki Kido & Youichi Okabe (Oct. 4th 2000)
7.Talking about・・・(・・・ってさァ)
   with Natsuki Kido (Oct. 4th 2000)
8.Superficie bianca〜Canone
   Voice solo Sagacho EXHIBIT SPACE (Oct.2nd 2000)
   

Performed by “ YEN calling”
Voice: Yutaka Fukuoka
Guitar:Natuki Kido
Percussion:Youichi Okabe
Piano:Haruki Adachi

All Songs Composed by “ YEN calling”
All Lyrics Written by UR WORDS

        

======雑記====================

 YEN callingは5年ほど前から実験的に始めたライブパフォーマンスですべてイ ンプロビゼーション(即興)で行われている。
 何時の頃からか(子供の頃から?)決められた曲の再現というものから離れ自由に オタケンでみたいという気持ちが強くこういうパフォーマンスを始めた。
 前もって決めてある事は何もなく生まれ出てくる音はその場のシチュエーションや メンバーなどによって様々に変化する。

  無音の状態から誰かの発する一音より演奏はスタートし・・・後はただひたす らお互いの音を聞きながら自由に展開をして行く・・・セッション重ねる内にプレイ ヤーは自然と目を閉じて演奏するようになった、最近ではオーディエンスも目を閉じ て聞く方がちらほらと・・・ありがたいことである(笑)。しかし全員が目を閉じて 聞くようになると・・・・これはかなり不気味なものに(笑)・・・やってみたい。

  即興ということで上手く行くときもあればそうでない時も当然ある、上手く行 くときはストンと何かの世界に入れ後は自然に音が生まれてくる・・・そして思いも しなかった自分を発見できたりして・・・これはかなりの快感で、どちらかというと このパフォーマンスは自分自身の為にやっているという側面が強いのだがこの気持ち はやはり人に伝わると信じていてさらに僕は図々しくもこの部分こそが音楽の中心な んだと思っている。

  今回のアルバムは5年前から今まで一番多く共演してきた鬼怒、岡部両君とのセ ッションを中心に納めた。この位一緒にやっているとお互いの音は十分すぎるくらい 分り合えていてユニット自体まるでリアルタイム作曲装置の感さえする。
  録音は1999年1月9日 大宮 Studio Garuda と 2000年10月4日(恵比寿 Village studio) の二日。ピアノの足立君とのセッションも大宮での同日に行われた。
  最近ではこうして録音したものをさらに編集したりして遊んではいるのだが今 回はダビング、打ち込みなどは極力廃しあえて生そのままの形で発表することにした 。

   んで・・YEN callig “ DOCUMENTA”
   楽しんで聞いていただけたら・・・・・・さて次回は。
                   YEN chang

  
                   

Recorded at Village studio、 Studio Garuda, Sagacho EXHIBIT SPACE
Recorded & Mixed by Kiyoshi Okabe at Village studio
Recorded by Yutaka Fukuoka &Yukiko Okabe with Binaural Recording System
Assistant Engineer:Tadahiro Okada
Mastered by Mituharu Harada at On Air Azabu Studio
Produced by Yutaka Fukuoka

Art Direction & Designed by Keiji Itoh(UFG)

A & R:Akira Noguchi(TEICHIKU ENTERTAINMENT,INC.)

Promotion Staff:Yoshiaki Tanaka/Toshio Ohe(TEICHIKU ENTERTAINMENT,INC.)

Special Thanks to
shinya-b. /Haruki Adachi&Hiroki Hurutani&Miyuki Sakanoue(Studio Garuda)
kazuko Koike&Noriyo Kaneko(Sagacho EXHIBIT SPACE)/Akira Inoue/Yoshihiko Koda