『とても変なまんが』
唐沢俊一(著)
早川書房, 2000.04
SFマガジン, 1995年2月号〜1998年12月号連載
内容
  1. 進化の逆襲──神田森莉
  2. 闇の巨匠──好美のぼる
  3. 男雑誌の耽美物
  4. 小島剛夕のSF珍品
  5. 打ち切られた予言?──宮谷一彦『キャメル』
  6. 早すぎた男──池川伸治
  7. レトロの才能──まつざきあけみ『ぼくらは青年探偵団』
  8. ひばりの子ら──山咲トオル
  9. 猟奇王、走る──川崎ゆきお
  10. もうひとつの『0テスター』──はただいすけ
  11. ただ一度の伝説──はるき悦巳
  12. 音とイメージの魔術師──滝田ゆう
  13. 海を渡ったバカ漫画
  14. ハンカチを二枚ご用意下さい──お涙少女貸本漫画
  15. 悲劇のアルチザン──杉戸光史
  16. ある律儀な劇画人の話──桜井昌一
  17. 人間エネルギー噴出作家──岡友彦
  18. 永遠の変容──峰岸ひろみ
  19. もっと感覚を!──浅野りじ
  20. 「宇宙時代」のマンガ
  21. オクトパス・アタック!
  22. 懐かしい未来──辰巳よしひろ
  23. 力道山を知ってるかい
  24. カッコいい麻原ショーコー
  25. 『幻』のノスタルジア
  26. マンガの中の大怪獣
  27. 新しい泥臭さ──咲花洋一
  28. 大阪の景品マンガ──榎本ポケットマンガ
  29. 長い長いセリフ──白井豊士
  30. 風狼太郎の正体は?──霧氷の剣
  31. アイデンティティ確認マンガ──『なつ漫探偵団』
  32. ふたつの金瓶梅──山上たつひこ・三田京子
  33. 空を飛ぶ大仏さん──泉ゆき雄『赤ん坊帝国』
  34. 『わがはいはふしぎ』──あらかじめ失われた結末たちよ
  35. 非手塚的流れを追って
  36. 進歩は漫画を幸福にしたか?

[PREV] [NEXT]