『神道集』の神々

第二十 越中国立山権現事

越中国の一宮を立山権現という。 本地は阿弥陀如来である。
十二所権現は王子で、則ち十二光仏である。
その十二所権現とは、一社の本地は無量光仏である。
二社の本地は無辺光仏である。
三社の本地は無礙光仏である。
四社の本地は無対光仏である。
五社の本地は炎王光仏である。
六社の本地は清浄光仏である。
七社の本地は歓喜光仏である。
八社の本地は智恵光仏である。
九社の本地は不断光仏である。
十社の本地は難思光仏である。
十一社の本地は無称光仏である。
十二社の本地は超日月光仏である。
そもそもこの権現は、大宝三年三月十五日に教興上人が御示現を蒙ってこの山に行き向い、顕現されたものである。

立山権現

雄山神社(富山県中新川郡立山町)
式内社(越中国新川郡 雄山神社)。 越中国一宮。 旧・国幣小社。
史料上の初見は『日本三代実録』(貞観五年[863]九月二十五日甲寅)の「授越中国正五位下雄山神正五位上」。

現在の雄山神社は峰本社・中宮祈願殿・前立社壇の三社から構成される。

峰本社(富山県中新川郡立山町立山峰)
祭神は伊邪那岐神と天手力雄神。
雄山の山頂に鎮座する。

中宮祈願殿(立山町芦峅寺)
西本殿(立山大宮)の祭神は伊邪那岐神で、文武天皇・佐伯宿禰有若を配祀。
東本殿(立山若宮)の祭神は天手力雄神で、稲背入彦命を配祀。
祈願殿には両本殿および立山全山三十六末社の神々を合祀。

元は中宮寺(芦峅寺)と称した。 境内には立山開山御廟があり、天平宝字三年[759]六月七日に慈興上人が入定された地と伝えられている。 また、立山開山堂には慈興上人坐像を安置する。
神仏分離以前、芦峅寺には姥尊(姥尊)と呼ばれる異相の母神を祀る姥堂が在り、女人往生のための法会「布橋大灌頂」が広く信仰を集めた(現在は立山博物館遙望館の近くに姥尊基壇が残る)。

前立社壇(立山町岩峅寺)
祭神は伊邪那岐神と天手力雄神。

立山権現の麓宮。 元は立山寺(岩峅寺)と称し、神仏分離以前は峰本社の別当寺としてその祭祀を司った。
『和漢三才図会』巻六十八[LINK]によると、佐伯有頼が白鷹を探して岩倉の林に至った時、剣と念珠を持った老人が「汝が尋る所の鷹は今横江の林に在り」と告げ、「我はこれ当山刀尾天神なり」と云って去った。 岩峅寺の境内にはこの刀尾天神を祀る刀尾社が鎮座している。
立山は古くより地獄の実在する山と信じられ、例えば『今昔物語』巻十四「修行僧越中立山に至り、少女に会ひたる語 第七」[LINK]には、「越中の国新川の郡に立山と云ふ所有り、昔より彼の山に地獄有りと云ひ伝へたり」「日本国の人、罪を造りて、多く此の立山の地獄に墜つと云へり」等と記されている。 立山信仰の布教に用いられた所謂「立山曼荼羅」では山中に各種地獄の様子が描かれ、剱岳は針山地獄に見立てられた。 現在も"地獄谷"・"みくりが池(八寒地獄)"・"血の池地獄"・"賽の河原"など立山地獄に因む場所が残っている。 一方、雄山や浄土山の峰は阿弥陀聖衆来迎の浄土と説かれた。

『類聚既験抄』によると、立山権現は大宝元年[701]に建立された。 立山の狩人が熊を射ると、死んだ熊が金色の阿弥陀如来となった。 これを立山権現と云う。

『伊呂波字類抄』所収の「立山大菩薩顕給本縁起」によると、越中守の佐伯宿禰有若が鷹猟のために入った山中で熊と遭遇した。 その熊を射ると金色の阿弥陀如来となった。 発心した有若は薬勢上人の弟子となって慈興と号し、葦峅寺(芦峅寺)根本中宮や岩峅寺などを建立した。

『立山大縁起』によると、大宝二年[702]九月十三日、佐伯有頼(有若の嫡男)は鷹狩の際に父の白鷹を逃した。 有頼は鷹を探して山に入り、熊と遭遇した。 有頼がその熊を射ると、熊は洞窟(玉殿の岩屋)に逃げ込んだ。 その後を追って洞窟に入ると、窟内には胸に矢の刺さった金色の阿弥陀如来像が有った。 弓矢を捨てて合掌礼拝すると、金色の尊像が消えて、生身の阿弥陀如来が示現した。
そこに慈朝と名乗る聖が現れた。 慈朝は天竺清涼山の文殊菩薩の後身の弟子で、数百年前から有頼を待っていたと言う。 有頼は慈朝の弟子となって慈興と号した。 慈朝は慈興に文殊菩薩付属の秘法を教授し、雲上に登り去った。
慈興は十月朔日から窟内に籠って修行し、同二十八日に小山大明神から「東にある泰嶽(雄山)は弥陀の妙体であり、その膝・腰・肩・額・烏瑟(肉髻)はそれぞれ一の輿~五の輿である」と神示を受けた。 さらに修行を続けて、同三年[703]三月十五日に金剛手威徳王菩薩の神示(後述)を受けた。 慈興は慶雲元年[704]四月八日に玉殿の岩屋を出て、阿弥陀三尊の御来迎を感見した。 その後に再び十七日間の定に入り、立山権現より衆生救度を誓願する神示を受けた。
千八十日間に及ぶ修行を成満した慈興は、末世の衆生のために禅定引接の中宮を造立しようと願った。 同年九月二十九日に麓の龍蔵洞(龍象洞)で十七日間の定に入り、神託を受けて常願寺川の北に清涼たる平原に立山権現を奉斎する神宮を鎮座した。

十二所権現

『立山大縁起』によると、大宝三年三月十五日、玉殿の岩屋で修行中の慈興上人に「我は金剛手威徳王菩薩なり。我に随身眷属数多有り。所謂十所の王子、一万の眷属、十万金剛童子なり。十二光仏とは八大童子なり」「十二光仏は、一には大汝、十二所権現清浄光仏、二には砂嶽、炎王光仏、三には別山、帝釈天歓喜光仏、四には中津原、智恵光仏、五には断材御坂、不断光仏、六には鷲窟、超日月光仏、七には五千原、難思光仏、八には箱折、無称光仏、九には破山、無量光仏、十には熊雄嶽、無礙光仏、十一には根雄、無対光仏、十二には国見、無辺光仏、是れ則ち弥陀示現の十二光仏なり」と神示が有った。
大汝山・砂嶽(真砂山)・別山・国見山などの山々や、熊王嶽・鷲ヶ窟・断載坂・中津原(弥陀ヶ原)・箱折(獅子ヶ鼻岩)など登拝路の要所に祀られていたと思われる。
垂迹本地
立山権現(雄山神)阿弥陀如来
刀尾天神(剱岳神)不動明王
十二所権現(十二光仏)大汝清浄光仏
砂嶽炎王光仏
別山歓喜光仏
中津原智恵光仏
断材御坂不断光仏
鷲窟超日月光仏
五千原難思光仏
箱折無称光仏
破山無量光仏
熊雄嶽無礙光仏
根雄無対光仏
国見無辺光仏
参考文献『立山大縁起』

教興上人

多くの縁起類では立山開山の法号を慈興と伝えるが、『神道集』『日本賀濃子』『国華万葉記』等は教興とする(ただし、『神道集』でも「御神楽事」は慈興上人とする)。 廣瀬誠『立山黒部奥山の歴史と伝承』には「慈興・教興は、同名の異伝・訛伝と見るべきであらう。しかし、教興の名を称する伝が、「俗人が山中の奇瑞に感激して僧になった」といふ形を取らず、はじめから「高僧が御示現を蒙って山に行き向かった」といふ形をとってゐる点が注目を引く」と指摘している。