『神道集』の神々

第二十四 宇都宮大明神事

宇都宮大明神は諏訪大明神の兄である。
この明神には男体と女体がある。
俗体の本地は馬頭観音である。
女体の本地は阿弥陀如来である。
橋本七所大明神は御守である。
高尾神は大明神の一二の王子である。
この明神は千の犬、千の鳥、千の狐を眷属とする。

宇都宮大明神(男体)

二荒山神社(栃木県宇都宮市馬場通り一丁目)
祭神は豊城入彦命で、大物主命・事代主命を配祀。 『二荒山神伝』は小野猿麻呂(猿丸)、『倭漢三才図会』[LINK]は柿本人麻呂の霊とする。
式内論社(下野国河内郡 二荒山神社名神大)。 下野国一宮(論社)。 旧・国幣中社。
史料上の初見は『続日本後紀』(承和三年[836]十二月丁巳)の「奉授下野国従五位上勲四等二荒神正五位下」であるが、この二荒神が現在の二荒山神社(宇都宮、日光)のどちらに該当するか定かでない。

社伝によると、仁徳天皇四十一年[353]に下毛野国造の奈良別王が祖神である豊城入彦命を池辺郷荒尾崎(宇都宮市馬場通り三丁目付近)に奉斎した。 その後、承和五年[838]に現在の臼ヶ峰に遷座した。 旧社地の荒尾崎には摂社・下之宮が鎮座している。

『宇都宮大明神代々奇瑞之事』[LINK]によると、宇都宮大明神は神護景雲元年[767]に日光山に顕現した。 その後、承和五年に温佐郎麿(小野猿丸)により河内郡小寺峯(荒尾崎)に遷座され、補陀洛大明神と号した。 社壇の南の道を通る人馬が無礼を致したり、秋毫の誤りが有れば、神罰により落馬・病気・夭折など種々の災難が起きた。 そこで、南の道を塞いで、祠を北の山(臼ヶ峰)に移し奉ったのが現在の社壇である。

『日光山縁起』も、日光山の太郎大明神(馬頭御前)を小寺山に遷座して若補陀落大明神と号したと伝える。

宇都宮大明神(女体)

二荒山神社の末社・女体宮
祭神は三穂津姫命。
二荒山神社の本殿脇に鎮座する。
垂迹本地
宇都宮大明神男体馬頭観音
女体阿弥陀如来

諏訪大明神

参照: 「諏訪縁起事」

橋本七所大明神

不詳。

高尾神

『日光山縁起』には「阿久多丸といふ犬は地蔵菩薩、今は高尾上とあらはれ給き」とある。

「栃木県の高龗神社」[LINK]によると、栃木県内には高龗神社・高靇神社・高尾神社・高雄神社などが多数鎮座するが、宇都宮大明神の王子とされる高尾神がどの社に該当するかは不明。