『神道集』の神々

第三十七 蟻通明神事

欽明天皇の御代に、唐から神璽の玉が大般若経に副えられて伝来した。 この玉は天照大神が天降った時に第六天魔王から貰い受けた物で、国を治める宝である。 代々の帝に伝えられたが、孝昭天皇の時に天朔女がこの玉を盗んで天に上り、玉は失われた。

崇神天皇の御代、玄奘三蔵が大般若経を求めて天竺の仏生国に渡る途中、流沙で一人の美女と出会った。 三蔵は「大般若経を東国に伝えようと思います。特に般若心経は私の志であり、その為なら屍を流沙に曝しても良いのです」と言った。 女は八坂の玉を取り出し、「この玉に緒を通せたら、あなたを仏生国に送りましょう」と言った。 その玉の中の穴は七曲りしていた。 三蔵が思案していると、木の枝にいた機織虫が「蟻腰着糸向玉孔」と鳴いた。 三蔵はこれを聞き、蟻を捕まえてその腰に糸を結び、玉の穴の口に入れた。 やがて蟻は一方の口へ通り抜け、緒を通す事ができた。
女は鬼王の姿を現し、「私は大般若守護十六善神の一人、秦奢大王である。汝は過去七生にも般若心経を伝えようとしたが、私が大事にしている経典なので、汝の命を七度奪ったのだ」と言い、頸に懸けた七つの髑髏を見せた。 秦奢大王は「これほど汝が志しているのなら、私が守護して送ってやろう」と言い、三蔵を肩にかついで仏生国に送り、大般若経と般若心経を与え、また東国に送り返した。 そして、「この玉を汝に与えよう。仏法東漸の理により大般若経と般若心経も日本に渡るだろう。この玉は元は日本の宝で、天朔女が奪った物なので、般若心経に副えて一緒に日本に渡そう。私が所持していた玉なので、私はそれに先立って日本に渡り、般若経の守護神となろう」と言った。
こうして秦奢大王は日本国に神として顕れ、紀伊国田辺に蟻通明神として祀られている。 また、蟻通の玉は欽明天皇の御代に経典と共に日本に伝わり、三種の宝の一つとなった。

延喜帝の御代に紀貫之朝臣が紀伊国に補任された時、社前を通ろうとすると馬がすくんで動かなくなった。 里の者が 「この社は蟻通明神といい秦奢大王が応迹された神です。御法施をなさいませ」 と言うので、貫之が
 七わたに曲れる玉のほそ緒をば 蟻通しきと誰か知らまし
 かきくもりあさせもしらぬ大空に 蟻通しとは思ふべし
と詠み、般若心経の読誦と奉幣を行うと、馬は再び立てるようになった。

蟻通明神

蟻通神社(和歌山県田辺市湊)
祭神は天児屋根命で、西宮大神・市杵島姫命・品陀和気命(応神天皇)・息長帯姫命(神功皇后)・迦具土命・須佐之男命・住吉大神・地主神・菅原道真公を配祀。
旧・村社。

社伝によると、天平神護元年[766]の勧請。
湊村の地主神で、古くは蟻通明神社あるいは御霊牛頭天王と称した。

清少納言『枕草子』[LINK]によると、唐土の帝が日本の帝に出した三つの難題の一つが、七曲りの孔を有する玉に糸を通す事で、孝心の深い中将が老親の智恵を借りてこれを解決し、蟻通明神として祀られた。 また、後段の紀貫之の逸話は上記の『枕草子』をはじめ、『紀貫之集』[LINK]や謡曲『蟻通』[LINK]などでも広く知られている。 ただし、この逸話における蟻通明神は、和泉国の蟻通神社(大阪府泉佐野市長滝)とする事が多い。

秦奢大王

大般若経の守護神で、通常は深沙大王・深沙大将・深沙神王などと表記される。

慧立『大唐大慈恩寺三蔵法師伝』[LINK]によると、玄奘は莫賀延磧(沙河)を進んでいた時に、水の入った皮袋を落として水をすべて失ってしまった。 四夜五日間は一滴の水も咽喉に入らなかった。 五日目の夜、夢の中に身長数丈の大神が出現し、戟を執って「何故進まずに寝ているのか」と叱責した。 玄奘が夢から醒めて出発すると、草原と池が見つかり、人馬共に蘇息する事が出来た。
この逸話に登場する夢の中の神が深沙大将の原型と考えられている。

『常暁和尚請来目録』[LINK]には「深沙神記并念誦法一巻」および「深沙神王像一躯」が挙げられている。 後者には「唐代玄奘三蔵が五天竺に渡った時に此の神を感得した。北方多聞天王(毘沙門天)の化身である。今、唐の人々は救災成益の神として重んじている」と記されている。

『覚禅鈔』によると、深沙神は頸に七つの髑髏を懸けており、これらは玄奘三蔵の過去七生の首である。

玄奘三蔵の西天取経に関する宋代の説話をまとめた『大唐三蔵取経詩話』では、深沙神は前世の三蔵法師を二度喰らった魔物として登場(三蔵法師の前世の二個の髑髏を持っている)。 深沙神は今生の三蔵法師に降伏されて前非を悔い、橋を架けて一行が沙河を渡る手助けをする。
このエピソードが発展し、小説『西遊記』における三蔵法師のお供の一人である沙悟浄が成立したと考えられている。

なお、大般若経を守護する十六善神の尊名には諸説あるが、深沙大将はその中には含まれない事が多い。 多くの十六善神図では、釈迦三尊の左右に般若十六善神、下方に玄奘三蔵・深沙大将が相対して描かれている。
垂迹本地
蟻通明神深沙大将

第六天魔王

参照: 「神道由来之事」

天朔女

『日本書紀』(神代紀・第九段)[LINK]によると、高皇産霊尊は天稚彦を葦原中国に遣わしたが、天稚彦は顕国玉命(大国主命)の娘の下照姫を娶って葦原中国に留まり、高天原に復命しなかった。 高皇産霊尊は名無しの雉を天稚彦の許に遣わし、それを見た天探女が「奇しき鳥来て杜の杪に居り」と告げた。 天稚彦は天羽羽矢でその雉を射たが、高天原からの反矢に当たって死んだ。
この天探女は民間説話における天邪鬼の原型と考えられてる。

なお、天朔女が神璽の玉を盗んだ話の典拠は不明。

玄奘三蔵

隋の仁寿二年[602]に河南省陳留郡で誕生。 俗名は陳褘。 十三歳で得度、玄奘の法号を名乗る。 西天取経の為に朝廷に出国を請願するが却下され、唐の貞観三年[629]に密出国。 出立から約2年後にインドに到着。 各地の聖跡を巡礼し、ナーランダー寺院でシーラバドラ(戒賢)に師事して有相唯識派の教理を学んだ。 貞観十九年[645]に長安に戻って訳経所を開設、瑜伽師地論・大般若経等の訳経に従事した。 麟徳元年[664]に入寂。

『神道集』では玄奘の西天取経を崇神天皇の御代、大般若経の日本伝来を欽明天皇の御代(仏教公伝は552年)とするが、どちらも史実に反する。