『神道集』の神々

第四十九 北野天神事

菅相公是善の在世当時、その家の南庭を五六歳くらいの小児が歩いていた。 相公はこの児は只の人ではないと思い、素性を尋ねてみると、「住処はありません。父母もいません。相公を父上にしたいと思います」と答えた。 その児(菅丞相)は幼い頃から詩文などの学問に優れた。 貞観八年十月、二十一歳の時には安恵和尚の『顕揚大戒論』の序文を著した。 寛平七年三月、春宮が十の詩題を出すと、一日で十首の和歌を詠んだ。 翌年には二十の詩題を出すと、わずか一時で二十首の和歌を詠んだ。
菅丞相は寛平九年六月に中納言になり、大納言に昇進し、さらに大将の宣旨を受けた。 同年十月、春宮は即位して延喜帝(醍醐天皇)と成った。 延喜帝の御代になって、菅丞相はますます重用され右大臣と成った。
昌泰三年正月三日、延喜帝と寛平法皇は菅丞相一人に政治を執らせようとした。 菅丞相は「上に左大臣がいるので慎むべきです」と辞退した。 しかし、左大臣藤原時平はこの件を察して憤り、陰陽師に冥官冥衆を祭らせて菅丞相を呪詛した。 そして、源光卿・藤原定国卿・藤原菅根卿・藤原時平大臣は延喜帝に讒言を申し上げた。
同四年正月二十五日、菅丞相は太宰権帥として筑紫に配流された。 菅丞相は無実の罪で流された事情を祭文に作り、高山に登って天道に祈った。 七日目に祭文は天に昇り、菅丞相は現身のまま七日七夜で天満大自在天神と成った。 菅丞相は都を出た頃は仏道に帰依していたが、配所に下った後は「悪神となって、怨みに報いよう」と決心したのである。
延喜三年二月二十五日、菅丞相は五十九歳にして大宰府の榎木寺で亡くなった。 筑前国の四堂に御廟所を設けようとしたが、途中で遺骸を運ぶ筑紫牛が動かなくなったので、その地を菅丞相の墓所とした。 現在の安楽寺である。

程なくして、延暦寺第十三代座主の法性房尊意僧正が三密行を修していたところ、中門辺りの妻戸を叩く音が聞こえた。 僧正が鍵を外すと、二月に亡くなった菅丞相がいた。
持仏堂に入れて用件を尋ねると、菅丞相は「雷と成って都を亡ぼそうと思い、梵天・四天王・焔魔大王・五道大神・冥官冥衆・司命司録等の許しを得ました。しかし僧正は法験が優れているから私を抑えることができるかもしれません。勅定があっても内裏へ参上しないで下さい」と云った。
僧正は「宣旨に背く事はできません。両度まではお断りしますが、三度目はそうもいきません」と答えた。 僧正が柘榴を勧めると、菅丞相はそれを噛み砕いて妻戸に吐きかけた。 柘榴は火焔となって板を三尺ほど焼き、僧正は灑水印を結び真言を唱えてその火を消した。
比叡山から黒雲が立ち上り、たちまち都に広がって震動雷電が荒れ狂った。 内裏から比叡山座主尊位僧正に使者を出したが、菅丞相との約束があるので僧正は参内しなかった。 使者は両三度に及び、ついに僧正は参内すると返事をした。
僧正が内裏に向う途中、賀茂川が増水して海のようになっていた。 僧正が牛車を川に入れると、水神の計らいか、車が一輛通れるように道が開けた。 僧正が内裏に到着して千手陀羅尼を誦すと、雷電は速やかに鎮まり、雲も消えて、空は晴れ上がった。

延喜八年十月一日、藤原菅根卿が神罰を蒙って亡くなった。
同九年三月三日、本院の大臣藤原時平は重病になった。 陰陽師に祈祷をさせたが効験は無く、医師を招いて療治をさせても効き目は無かった。 その頃、三善清行公の御子の浄蔵貴所は死者を生き返らせる事もできる名僧と評判だった。 四月四日に浄蔵を迎え、不動明王法を修した。 浄蔵は力を尽くして祈り、般若心経・薬師経を読誦し、陀羅尼神呪を唱えた。 すると、病人の左耳から青色の毒龍が頭を出した。 毒龍は時平に対する怨みを述べ、浄蔵に無駄な事は止めるよう云うと、頭を引っ込めた。 浄蔵は出て行き、時平大臣は日暮れ前に四十九歳(三十九歳)で亡くなった。
時平大臣の娘の女御(褒子)や孫(甥)の春宮(保明親王)も亡くなった。
長男の八条保忠も若死し、三男の敦忠中納言も急死した。
次男の富小路右大臣顕忠卿は菅丞相を深く恐れたので、長生きして二位の大臣に成った。
仏道に入った人は許されたのか、三井寺の心誉・興福寺の淡海公(扶公)・岩蔵の文慶は一門でも無事だった。
敦忠の三男佐理卿も出家し、後生菩提を弔って過ごし、七十余歳で極楽往生した。

小松天皇(光孝天皇)の孫で延喜帝の従父兄弟にあたる右大弁公忠という人がいた。 延喜二十二年四月に大酒を呑んで頓死したが、三日後に蘇生した。
公忠は参内して、延喜帝に申し上げた。 「焔魔王宮に衣冠をつけて正装した人がいて、延喜帝に怨みを報いたいと冥官に許しを求めていました。一人の冥官が改元前に怨みを報いなさいと云いました」
帝はこれを聞いて延長元年に改元した。

延長八年六月二十六日、清涼殿の西南の柱に落雷して内裏は騒動になった。
右大弁平希世朝臣・近衛忠兼・紀蔭連・大納言清貫卿をはじめ八十余名が雷火や毒気の犠牲になり、半死半生の者は数えきれなかった。 これは天満大自在天神の十六万八千の眷属中の第三使者・火雷火気毒王の仕業である。
帝も毒気に当てられて重態となり、第十一皇子の朱雀天皇に譲位し、九月二十五日に出家したが、それから十日も経たぬうちに四十六歳で崩御された。

その頃、日蔵という上人がいた。 承平四年四月十六日から大和国金峯山の笙の岩屋に参籠していたが、八月一日午刻に頓死し、十三日目に蘇生した。 その間、上人は金剛象王に導かれて三界六道を巡っていた。
上人が鉄窟地獄(等活地獄の別所)に来た時、火焔に焼かれている罪人たちの叫び声の中に延喜帝の声が有った。 上人は獄卒に頼んで火焔を止めてもらい、延喜帝の話を聞いた。 延喜帝は五つの罪を懺悔し、自分のために善根を積んでもらえるよう上人に頼んだ。 その後、獄卒はまた延喜帝を火焔の中に放り込んだ。
金剛象王は上人を西方浄土のような島に連れて行った。 その島には壮麗な寺院が有り、その北に一つの楼閣が有った。 その楼閣は日本国では菅丞相、冥界では大政威徳天王と呼ばれる貴人の住処だった。 菅丞相は上人に「我には十六万八千の眷属がいて、すべて鬼神である。その災厄を避けようと思ったら、南無大政威徳天王と唱えなさい」と告げた。

天慶五年七月三日、西京七条坊門に住む多治比の娘の阿夜故に、右近の馬場に天神の社を造るよう託宣が有った。 多治比は身分が賎しいので遠慮して、右近の馬場ではなく自宅の近くに仮に透垣を造って天神を五年間祀ったが、神慮に叶わなかった。
重ねて託宣が有ったので、村上天皇の御代、天暦元年六月九日に北野に遷座した。 その託宣は、近江国平野宮の禰宜である神良種の七歳の童子に下ったものである。
「我が従者に老松・富部という者がおり、財物には仏舎利・玉帯・銀の太刀がある。大臣だった時、身体に松が生えて枯れる夢を見たが、これは流罪になる事を示していた。今一度、松の種を植えようと思う。もし私を信じない者がいたら、我が社の辺に従者を放ち、疫病や悪瘡で殺してしまおう。親を安心させる者は守護しよう。大臣の時に、寺院の建立や寄進をしなかったのは、我が生涯の恥である。また、天台山に奉献する燈油を留め、神になった今でも責苦を受けているので、私の為に法華三昧堂を建てて欲しい。菅家後集の《離家三四月 落涙百千行 万事皆如夢 時時仰彼蒼》と《雁足黏将疑繋帛 烏頭点着思帰家》の二篇を詠じる人には喜びを与えよう」
良種はこの託宣を木札に記し、右近の馬場の朝日寺の住僧最鎮に与え、僧たちに披露した。 鎮西寺に相談したところ、一夜で千本の松が生えて松林と成った。 五畿七道を歩き回って天神の教えを広めたので、貴賤上下の人々が朝暮に参詣するようになった。
最鎮らは協力して社殿を建立し、天暦元年から天徳までの十四年間に五回改築した。 天徳三年には九条右大臣藤原師輔が社殿の増築や神宝の奉納をし、祭文を作って天神に子孫繁栄を祈った。 この人の末裔が今日まで繁栄しているのは、師輔公の信心と天満天神の御恵によるものである。

一条院の御代、貞元元年から天応五年までの七年間に内裏が三度も焼亡した。 番匠が南殿の裏板を葺くと、一夜の内に虫食で和歌が書かれていた。
 造るとも又も焼けなん菅原や 棟のいたまのあはん限りは
北野社の造営が決まり、院は筑紫の御廟所に一階を加え、従一位左大臣を追贈した。 延暦四年八月二十六日に勅使が安楽寺に参じて宣旨を読み奉ると、御廟の上に銘文を記した白石が出現した。 さらに、延暦五年には正一位太政大臣大相国が贈位された。 天神の御心は和らぎ、衆合地獄にいる小野道風に請文を書かせた。

大江匡衡は種々の供物や御幣を北野天神に奉り、「右天満自在天神、或は天下に塩梅として、一人を輔導し、或は天上に日月として、万民を照臨したまふ。中に就きて文道の大祖、風月の本主なり。翰林の人、尤も夙夜に勤労すべし」と奏状を書いた。 その夜の匡衡の夢の中で、天神が御殿の扉を押し開いて奏状の文章を誉め、「我が本地は十一面観音である。極楽世界では無量寿と称され、娑婆では北野天神として示現する」と告げた。 こうして、北野天神は観音の垂迹である事が知られたのである。

北野天神

北野天満宮(京都府京都市上京区馬喰町)
祭神は菅原道真公で、相殿に中将殿・吉祥女を配祀。
二十二社。 旧・官幣中社。

天慶五年[942]に多治比文子の託宣により創祀され、天暦五年[951]に北野の地に遷座した。
諸国の天満宮の総本社であり、学問・詩歌の神として広く崇敬されている。

老松

摂社・老松社
祭神の島田忠興翁は菅原道真の家臣で、太宰府に流された際に松の種を託された人物である。
この他、地主神社の隣に末社・老松社があり、十二所末社の中にも老松社がある。

『北野宮寺縁起』によると、老松の本地は不動明王である。

富部

摂社・福部社
祭神の十川能福は菅原道真の舎人で、牛車を引く牛の世話役である。
この他、八所末社の中にも福部社がある。

『北野宮寺縁起』によると、福部の本地は毘沙門天である。

千本の松

末社・一夜松社に一夜千松の霊を祀る。

朝日寺

朝日山観音寺(京都市上京区観音寺門前町)
真言宗泉涌寺派準別格本山。
本尊は菅公自作の十一面観音。

北野天満宮の二の鳥居の西に在る。
寺伝によると、延暦二十五年[806]、桓武天皇の勅願により建立された。 当初は朝日寺と称し東西両向の堂があったが、東向堂だけが現存し、通称を東向観音寺と云う。 北野天満宮が創祀されるとその神宮寺となり、天徳五年[961]に筑紫の観世音寺(福岡県太宰府市観世音寺五丁目)より菅公自作の十一面観音像を請来し、天神の本地仏として安置した。
垂迹本地
北野天神(菅原道真)十一面観音

高山

天拝山(福岡県筑紫野市武蔵)
山頂には太宰府天満宮の境外摂社である天拝山社が鎮座し、その近くには菅原道真が天に無実を訴えたと伝わる天拝岩(おつま立ちの岩)が有る。

榎木寺

榎社(福岡県太宰府市朱雀)
太宰府天満宮の境外末社(御旅所)で、境内には浄妙尼社が鎮座する。

安楽寺

太宰府天満宮(福岡県太宰府市宰府四丁目)
祭神は菅原道真公。
旧・官幣中社。
京都の北野天満宮と並び、諸国の天満宮の総本社として崇敬されている。

金剛象王

参照: 「吉野象王権現事」
金峯山寺(奈良県吉野郡吉野町吉野山)の境内には、天徳三年[959]九月五日に日蔵が創祀したと伝えられる威徳天満宮が鎮座する。

阿夜故(文子)

菅原道真の乳母もしくは童女と伝えられる。
多治比の自宅の近くに祀られた小祠が後の文子天満宮で、江戸時代には京都市上京区北町に鎮座していた。 明治六年[1873]に北野天満宮境内に遷座。 現在は北野天満宮の末社として祀られており、旧址は御旅所の一つとなっている。

平野宮(比良宮)

天満神社(滋賀県大津市北比良)
祭神は菅原道真公。
社伝によると、延喜十六年[916]二月に筑紫から菅公の霊魂が江州志賀郡比良に移り来た事を延暦寺権律師が奏聞し、一条左大臣雅信が勅使として菅公の神霊を崇め奉った。

『近江国輿地志略』巻之三十[LINK]には、北比良村の天満宮社について「当社は北野社鎮座より以前と見へたり」と記す。

なお、比良宮を白鬚神社(滋賀県高島市鵜川)に比定する説も有る。

大江匡衡

天暦六年[952]~寛弘九年[1012]七月十六日。
寛弘九年六月二十五日、病身の匡衡は北野天満宮に御幣・上紙百帖・供物二(長櫃・中折櫃)・色紙絵馬三疋・走馬十列を献上し、病気平癒を祈った。 「右天満自在天神、或は天下に塩梅として~」はその際に読まれた祭文(『本朝文粋』巻第十三[LINK])で、弟子の中原長国の代作である。