『神道集』の神々

第三十二 吉野象王権現事

象王権現の本地は釈迦如来である。 摩耶夫人の胎内に入った時、白象の姿であったので象王と云う。
権現として顕れた時は、本地は聖天である。 聖天は真言教主の大日如来であり、その教令輪身の大聖不動明王であり、無明界の教主の荒神大菩薩である。
その本地を尋ねると大日如来である。 普賢観経によると、釈迦牟尼仏を毘盧遮那遍一切処と称する。 その自性輪身は十一面観音である。 その教令輪身は愛染大明王である。 その垂迹は麁乱神である。 大魔王となる時は常随魔である。 煩悩となる時は元品の無明である。 総じて九億三千四百九十の王子眷属がいる。 夫婦合身の形で象頭人身の体である。 荒神として顕れる時は一面三目で二足の姿である。

第六 熊野権現事(参考)

金峯山の象王権現は三十八所である。 本地は未来の導師の弥勒菩薩である。 勝手・子守は不動明王・毘沙門天王である。

象王権現

金峯山寺(奈良県吉野郡吉野町吉野山)
金峯山修験本宗総本山。
本尊は三体の金剛蔵王権現。
文献上の初見は『義楚六帖』の「本国都城の南五百余里に金峰山有り、頂上に金剛蔵王菩薩有り、第一の霊異なり」

文観『金峰山秘密伝』[LINK]によると、白鳳年間[660-683]、大峯山を開いた役優婆塞が末代相応の仏を祈念し、濁世降魔の尊を求めた。 最初に釈迦如来が現前したが、「辺土の衆生仏身を見るに堪えず」と祈念を続けた。 次に千手観音が涌現したが、「悪世には応ぜざる所なり」と祈念を続けた。 次に弥勒菩薩が影現したが、「降魔の身を顕し給え」とさらに祈念した。 その時に震動と共に盤石の中より忿怒相で青黒色の金剛蔵王権現が湧出したので、役優婆塞は大いに歓喜してこれを崇め奉った。 この四仏の中で、前の三仏は能変の本身、後の一仏は所変の一身である。 三仏は三世の仏で、釈迦は過去以成の尊、千手観音は現在阿弥陀の正法輪身、弥勒は当来作仏である。

『役公徴業録』[LINK]によると、大宝元年[701]に役公が大峯山を辞す時、「今後の五百年、吾の跡を慕って此の山に入る者も多いだろう」と神明の扶助を祈念した。 最初に弁財天女が降臨したが、「女身である」として天河(天川村坪内の天河大弁財天社)に退けられた。 次に地蔵菩薩が出現したが、「温和で悪魔を制することが出来ようか」として吉野川の川上(川上村神之谷の金剛寺)に退けられた。 一説に伯耆の大山(鳥取県西伯郡大山町大山の大神山神社奥宮)に退けられたとする。 その時に天地が震動して忿怒相の金剛蔵王権現が地から湧出した。 釈迦・観音・弥勒の三仏の合体であり、役公は欣喜して神の威徳を讃えた。

本来の金峯山寺は吉野山から山上ヶ岳一帯の修験道場の総称であり、その中心となるのは吉野山の山下蔵王堂と山上ヶ岳(天川村洞川)の山上蔵王堂であった。 金峯山寺は役行者により開かれた後、寛平六年[894]に醍醐寺の聖宝(理源大師)により再興されたと伝えられ、大峯修験道の根本道場として隆盛。 永承四年[1049]に興福寺の円縁が金峯山検校となって法相宗に帰属。 慶長十九年[1614]には天海が学頭となって天台宗山門派に帰属した。
明治初年の神仏分離と修験道禁止により金峯山寺は廃寺となり、山下蔵王堂は金峯神社口之宮、山上蔵王堂は同奥宮に転じた。 明治十九年[1886]に両蔵王堂は修験寺院として再興。 山下蔵王堂は現在の金峯山寺の本堂となり、昭和二十三年[1948]に大峯修験宗(後に金峯山修験本宗と改称)として独立。 また、山上蔵王堂は大峯山寺と改称して単立寺院となり、吉野・洞川の5つの寺院により護持されている。

なお、『神道集』では蔵王権現を摩耶夫人の懐胎伝説および象頭人身の聖天と結びつけて"象王"権現と表記する(「北野天神事」では金剛"象王")が、この表記はあまり一般的ではない。

聖天

象頭人身の鬼神で、歓喜天・大聖歓喜自在天とも称される。 元来はヒンドゥー教の神ガネーシャ(Gaṇeśa)で、毘那夜迦(Vināyaka)の首領である故に毘那夜迦王と称される。
大自在天の長子にして軍を統帥する大将であり、仏法に障碍を為す魔王であったが、十一面観音の化身である女天と夫婦となり護法神に転じた。 聖天像には単身像と双身像があるが、双身像は上記の伝承に基づくもので、男天と女天が抱擁した「夫婦合身の形」で表わされる。

常随魔

含光『毘那夜迦誐那鉢底瑜伽悉地品秘要』によると、毘那夜迦は常に一切有情に随って障難を作すので"常随魔"と名づける。

『蘇婆呼童子経』によると、毘那夜迦は行者の仏道成就を妨げる四種(摧壊部・野干部・一牙部・龍象部)の魔類で、軍荼利明王の印と真言によって斥けることができる。

荒神・麁乱神

仏教・修験道系の民間信仰における神格。 多面多臂(三面六臂、三面八臂、八面八臂など)の忿怒形(三宝荒神)、一面六臂の菩薩形(如来荒神)、あるいは一面四臂の俗体形(子島荒神)で表される。 家庭では竈神として祀られる。

『谷響集』によると、役優婆塞が葛城の峰から東北の山を望むと、紫雲が靉靆としていた。 その山に行くと、神は「悪人を治罰する故に麁乱荒神と称し、また三宝を衛護する故に三宝荒神と号す。九万八千の夜叉眷属がいる」と告げた。

『諸山縁起』によると、役行者が大峯より出て愛徳山に参詣した時、発心門に一人の老人がいて「吾は百済の美耶山に住む香蔵仙人也」と名乗った。 仙人の教えによると、熊野の山から下向する者の験気の利生を奪う者が三所(発心門・滝尻・切目)ある。 熊野の本主(地主神)は麁乱神で、人の生気を取り善道を妨げる者である。 大豆を粉にして顔に塗れば、障碍する者を避ける事ができる。 また、金剛童子の三昧耶形である梛の葉を笠に付ければ、荒ぶる山神は近づく事が出来ない。

荒神(麁乱神)と毘那夜迦は共に障碍神の属性を有し、しばしば同一視された。 例えば『神道雑々集』所収の「荒神之事」によると、舎利弗が善法を修行し道場を建立しようとしたが、常に魔のために破壊され成就しなかった。 舎利弗が尋ねると、魔は「我は是れ三宝荒神・毘那夜迦也。亦の名は那行都佐神也」と名乗り、恭敬しない者の善法を破壊して様々な災いをもたらすだろうと告げた。 舎利弗が荒神に恭敬を誓い百味供物を備えて祭ると、万願成就した。
(参考文献 山本ひろ子「宇賀神経と荒神祭文」、『異神 ―中世日本の秘教的世界―』所収、平凡社、1998)

なお、『神道集』では象王(蔵王)権現と荒神を同一視しているが、別の神格とするのが一般的である。

三十八所

『金峯山秘密伝』[LINK]によると、子守明神所生の若宮の兄弟である。 あるいは、役行者が日本国中の三十八所の大神(八幡・賀茂・春日・熊野等)を勧請して一所に祀ったと云う(現存しない)。

勝手

勝手神社(吉野郡吉野町吉野山)
祭神は天忍穂耳命で、大山祇命・久久能智命・木花佐久夜比咩命・苔虫命・菅野比咩命を配祀。 一説に受鬘命。
旧・村社。
平成十三年[2001]九月二十七日に不審火で本殿が焼失したため、現在は吉水神社に仮遷座している。

『金峯山寺文書留』によると、孝安天皇六年[B.C.387]に影向した。 神功皇后が社殿を建立し、新羅退治の守護神であるので勝手明神と号した。

『金峯山秘密伝』[LINK]によると、勝手大明神は多聞天王の垂跡で、仏法護持の大将、国家鎮守の首領である。


子守

吉野水分神社(吉野郡吉野町吉野山)
正殿の祭神は天水分神、右殿の祭神は天万栲幡千々姫命・玉依姫命・瓊々杵命、左殿の祭神は高皇産霊神・少彦名命・御子神。
式内社(大和国吉野郡 吉野水分神社)。 旧・村社。
史料上の初見は『続日本紀』(文武天皇二年[698]四月午日)の「奉馬于芳野水分峰神、祈雨也」

『金峯山秘密伝』によると、子安明神は地蔵菩薩の垂跡で、勝手大明神の妻である。

垂迹本地
金剛蔵王権現釈迦如来(過去)・千手観音(現在)・弥勒菩薩(未来)
勝手明神毘沙門天
子守明神地蔵菩薩
三十八所千手観音
参考文献『金峯山秘密伝』