『泣ける猟奇 ―Pathetic Stories of Love & Hate―』
唐沢俊一(作)、ソルボンヌK子(画)
ミリオン出版, 2007.09
内容
  1. やさしく愛して ―love & hate―
    1. さらば愛しき女よ (昭和25年 女性局部切り取り惨殺事件)
    2. あゝ爆弾 (昭和43年 横須賀線電車爆破事件)
    3. 美しき諍い女の告白 (昭和49年 社長愛人女児誘拐殺人事件)
    4. さすらいのふたり (昭和51年 克美茂愛人絞殺事件)
  2. 家族の肖像 ―family affair―
    1. お母さんといっしょ… (昭和26年 日本探偵作家クラブ会員実母惨殺事件)
    2. 支配と従属 ―尊属殺重罰規定違憲判決― (昭和43年 栃木実父殺害事件)
    3. デュエリスト 呪われた兄弟 (昭和44年 兄弟喧嘩決闘殺人事件)
    4. ある男の存在証明 (昭和61年 杉並区一家4人殺人放火事件)
  3. みじかくも美しく燃え ―lovers' suicide―
    1. 不幸に魅せられた女 (昭和28年 33歳人妻不倫心中事件)
    2. 醜聞に死す (昭和44年 新進ヌードモデル自殺事件)
    3. 殉愛物語1974 (昭和49年 台湾人妻無理心中未遂事件)
  4. 大いなる幻影 ―state of confusion―
    1. ある夜の出来事 (昭和28年 新宿男娼殺人事件)
    2. 泣ける大捜査線 (昭和32年 東京・名古屋・福岡 布団包み殺人事件)
    3. 大人は判ってくれない ―実録 人間の証明― (昭和41年 混血少年連続殺人事件)
    4. 傷心 操行ゼロの女 (昭和62年 札幌テレクラ殺人事件)

猟奇エッセイマンガ

[PREV] [NEXT]