『神道集』の神々

第三 正八幡宮事

八幡由来記によると、八幡大菩薩は善紀元年(壬寅)に大唐国より日本に来て御住所を求められた。 正八幡宮本記によると、震旦国の三皇五帝より百五十七代になる陳大王の姫宮大比留女は七歳にして男の子を生んだ。 姫宮は侍女に「私もこの因縁を知りません。ある日、やんごとない人が来て懐に入る夢を見ました。夢から覚めると、日の光がいつもよりも柔らかに私の上に差し覆いました。それ以外の子細は有りません」と云った。
三~四年経ち、大王は「これは人間の仕業ではない、東宮ではあるが化物であろう」と椌船を造り、印鑰を持たせて、母子をその船に乗せて海に放った。 王子を八幡御前と名付けたので、船が着いた磯を八幡崎という。
王子は海人たちに秘密にするよう云い、「我はこの国の主で、日本人皇十六代応神天皇である」と名乗った。 その後、王子は垂跡して正八幡宮として顕れた。
善紀元年(壬寅)は日本人皇二十七代継体天皇の十六年である。 応神天皇の崩御より二百三十年後、仏法東来の三十年前である。 異朝より因縁を求めて顕れ、初めての和光垂跡である。

正八幡宮の御殿は南向きに鎮座している。 御殿から東北に二町くらいの所に、高さ三尺程、広さ二尺程の石が有る。 石の面に「昔於霊鷲山説妙法華経、今在正宮中示現大菩薩」という文字が顕れた。 御殿を造ってこの石を覆い、石体権現と名付けた。

正八幡宮

鹿児島神宮(鹿児島県霧島市隼人町内)
祭神は彦火火出見尊・豊玉比売命で、品陀和気尊(応神天皇)・息長帯比売命(神功皇后)・帯中比子尊(仲哀天皇)・中比売命を配祀。
式内社(大隅国桑原郡 鹿児島神社)。 大隅国一宮。 旧・官幣大社。

『八幡愚童訓』[LINK]によると、大比留女と皇子を乗せた椌船は日本国鎮西大隅の海岸に漂着した。 皇子を八幡と号したので、船が着いた場所を八幡崎と名付けた。 これは継体天皇の御宇[507-531]である。 大比留女は筑前国の若椙山へ飛び入り、後に香椎聖母大菩薩(福岡県福岡市東区香椎四丁目の香椎宮)として顕れた。 皇子は大隅国に留まり、正八幡宮として祀られた。 大隅国の隼人は八幡を追却しようと合戦をしかけたが、負けて頸を切られた。 八幡は仲哀天皇の御子としては皇后の胎内にいて異賊を滅し、大比留女の御子としては幼年の身で隼人を平定された。

『六郷開山仁聞大菩薩本紀』によると、神功皇后は同摂政六十九年[269]に崩御。 中大同元年[546] 、神功皇后の霊は陳の武帝(陳霸先)の姫宮として再誕、名を聖母大比留女と称した。 承聖元年[552]、姫宮が七歳の時、日天子の光が口中に入るのを夢に見て懐妊。 天文博士の占いによると、姫宮の胎内の子は皇子で大日本国の主だと云う。 臨月になったある日、天より八つの白幡が下り、皇子が誕生した。 翌年、諸臣が皇子に問うと「吾名は八幡」と答えた。
紹泰元年[555]、皇子四歳の時、帝自ら珠杖・銀杖・印鑰の三つの宝を授け、八つの幡を添え、姫宮と皇子を椌船に乗せて海に流した。 船は日本の大隅国に漂着した。 里人が集まって母子を労り、地主が仮殿を造って養育した。 その頃、御殿から東北に二町余の所に、高さ三尺広さ二尺の石が自然に湧出した。 里人が見ると「昔於霊鷲山、説妙法華経、今在正宮中、示現大菩薩」という銘文が有った。 これを深く秘し、御殿を造って覆った。 その後、長承元年[1131]にこれを拝見する者があった。 帝に奏聞して勅定により御造宮し、大隅一之宮石体八幡宮と崇敬した。

『三国名勝図会』[LINK]によると、鹿児島神社は正宮とも称し、正八幡宮とも云う。 祭神は彦火火出見尊・応神天皇・仲哀天皇・神功皇后である。 当初は彦火火出見尊一坐を祀っており、神武天皇が勧請されたと云う。 井上氏蔵の正宮伝記によると、此処は彦火火出見尊が大宮を建て皇都とされた旧址で、その田址は石体宮である。 正宮社家伝によると、石体宮は彦火火出見尊の山陵と伝わっている。 今の正宮は和銅元年の建立で、それ以前は石体の地を宮床としていた。 社家の説は石体宮を彦火火出見尊の山陵とするが、正しい根據は無い。 御陵は高屋山上陵と称し、内之浦にある。
欽明天皇五年[544]、鹿児島神社の上で雷電が夥しく、人々が皆奇異に思っていると、八流の幡が降下して八幡大神の示現の奇特が有り、応神天皇・仲哀天皇・神功皇后を合祭した。 顕現の場所は石体宮で、これが八幡大神の最初の垂跡である。

『大隅国鹿児島神社社記 正八幡宮之御伝記』によると、欽明天皇五年七月十一日に鹿児山の麓の岩が崩れ、金色の光を放つ大石が顕れた。 鹿児島神社の祭主が神楽を奏したところ、 「我が丑寅の角に現し玉ふは、仲哀帝・神功帝・応神帝也。吾朝を守らんか為、今石体に現し賜ふ也」 と託宣があったので、鹿児島神社の御宝殿に仲哀天皇・神功皇后・応神天皇を配祀した。
垂迹本地
正八幡宮応神天皇釈迦如来(または弥勒菩薩)
仲哀天皇阿弥陀如来
神功皇后観音菩薩
参考文献『大隅国鹿児島神社社記 正八幡宮之御伝記』

石体権現

鹿児島神宮の元宮・石体宮(霧島市隼人町内)
祭神は彦火火出見尊。

『三国名勝図会』[LINK]によると、石体宮は鹿児島神社の東北、直線距離で約三町の鬱然とした林の中に鎮座する。 彦火火出見尊が初めて皇都とされた宮址で、此所に神廟を建て、石の御神体を安置し奉られた。 鹿児島神社の元の鎮座地であり、現在地に遷座した後も此処に留め祀られている。 土地の人の説によると、この御神体の石は大地の中心を貫き支えている坤軸際から出ており、人力では動かす事が出来ないので、元の宮地に斎き奉るのである。
欽明天皇五年に八幡大神が垂跡されたのも此所である。 昔、宇佐八幡の神官はこの事を信じず、三人の使者を派遣して石体を焼かせたところ、忽ち石体が裂けて中に「正八幡」の文字が現れた。 三人の使者は恐怖して逃げ帰ったが、一人は直ぐ、一人は途中で、一人は宇佐に着いて死んだ。 皆神罰を蒙ったのである。
此の石体は秘物で、藁薦を以て覆っている。 毎年薦を新しくする事になっており、祠官が潔斎して内陣に入り薦更式を行う。 深く密封されているので、他の人には覗うことが出来ない。