『神道集』の神々

第二十一 能登国石動権現事

石動権現には男体・女体がある。
男体の本地は虚空蔵菩薩である。
女体の本地は如意輪観音である。
また七社の王子があり、本地は皆七仏薬師である。
第一社の本地は善逝薬師如来である。
第二社の本地は善吉祥薬師如来である。
第三社の本地は称吉祥薬師如来である。
第四社の本地は称名珠妙薬師如来である。
第五社の本地は消除病患薬師如来である。
第六社の本地は消滅苦悩薬師如来である。
第七社の本地は薬師瑠璃光如来である。

石動権現

伊須流岐比古神社(石川県鹿島郡中能登町石動山)
祭神は伊弉諾尊で、伊弉冉尊・大物主命・天目一箇神・市杵島姫命を配祀。
式内社(能登国能登郡 伊須流支比古神社)。 能登国二宮。 旧・郷社。

『石動山古縁起』によると、南閻浮提には万物の種子を生じる"護命"があり、それは朝字・動字・竹字の三石である。 朝字石は阿逸多王宮、動字石は金剛証大宝満宮、竹字石は岩金島宮に在る。
福祐自在を預る天目一箇尊の座す峰であるので、金剛証宝満峰石動山と名づける。
崇神天皇の御代、天照大神の神勅により諸国に神社が創建された。 石動山に十三番目の神社が創建され、方道仙優婆塞が派遣された。 同六年[B.C.92]、鋳移した宝剣を石動山に鎮納し、六月十三日に宝満宮が鎮座した。
方道仙人は天竺摩訶陀国の仙人で、七百歳を経て来朝し、開化天皇の御宇に越中州鈴御崎に住した。 垂仁天皇の御代、誉津別皇子は三十歳になるまで言葉を発しなかった。 方道仙人が勅を受けて宝満宮御宝前で仙法を修すると、皇子は初めて言葉を発した。 方道仙人は登空するまで三十代八百八年の間、神威を以て当山を護持した。
霊亀二年[716]に役優婆塞が宝満宮において求聞持頭巾法を修した。
同年、越中から四郡を分け、方道仙人の登空の故に"能登"と称した。
宝満大権現の神託により、智徳上人優婆塞は元正天皇から太朝大師の号を蒙り、養老元年[718]三月三日に石動山に登って求聞持頭巾法を修した。 天平勝宝八年[756]六月七日、太朝大師は大礼堂を造新した。
天平宝字元年[758]三月十三日、勅使の左大臣藤原家通公が宝満宮御宝前で開扉し、勅宣を述べると、「天地開闢より明星が興り、虚空蔵の身を現し、六大無碍大深誓を示した。当山は求聞持頭巾法を護持する峰である」と神託が有った。
同七年、孝謙上皇の重祚のため、優婆塞が二位宮と三宮を造新し、求聞持頭巾法を修した。 天平神護元年[766]、孝謙上皇が重祚即位され、太朝大師は正一位大僧正を賜った。
大宝満宮には九神九曜星王が相殿で祀られ、正殿には虚空蔵灌頂仏が座す。 二位宮には十六神、三宮にも十六神が相殿で祀られる。

林羅山『石動山新縁起』によると、石動山に星が落ちて三石と為り天の三光を象った。 天漢より石が流れ下ったので石動山と云う。 『延喜式』に載る能登国能登郡の伊須流岐比古神社である。 伊須流岐(石動)山は泰澄法師が開いた山で、白山の霊神と同一体である。
泰澄は養老元年に神示を受け、白山に登って三所権現を感得した。 また、天平八年[736]に疱瘡が流行した際、十一面観音法を修してこれを鎮めた。 ある日、行基が来訪して泰澄と相談し、浄域を作る事を約束した。 泰澄が白山の神仏を石動山に勧請したのが金剛証宝満宮である。

石動山山頂(大御前)には金剛証大宝満宮の本社が鎮座し、主祭神である大宮大権現と白山から勧請した客人大権現が相殿で祀られた。 また、火宮(蔵王大権現)・梅宮(鎮定大権現)・剣宮(降魔大権現)の三社が勧請され、山頂の本社と併せて五社大権現と称した。
明治初年の神仏分離により石動山天平寺は廃寺となった。 明治七年[1874]に本社が山頂から遷されて現在の本殿となり、火宮・梅宮・剣宮も本殿に合祀された。
垂迹本地
石動五社大権現大宮大権現(男体)虚空蔵菩薩
客人大権現(女体)十一面観音(または如意輪観音)
蔵王大権現(火宮)聖観音
鎮定大権現(梅宮)勝軍地蔵
降魔大権現(剣宮)倶利迦羅不動明王
参考文献『加賀能登神社由来書上』

七社の王子

不詳。
なお、一般的な七仏薬師の名称は、善名称吉祥王如来・宝月智厳光音自在王如来・金色宝光妙行成就王如来・無憂最勝吉祥王如来・法海雲雷音如来・法海勝慧遊戯神通如来・薬師瑠璃光如来であり、『神道集』における七仏薬師(薬師瑠璃光如来以外)の名称は他に見られない。