『神道集』の神々

第十九 越後国矢射子大明神事

越後国の一宮は、矢射子大明神である。 この大明神は美大菩薩で、本地は阿弥陀如来である。
二宮は両田大菩薩、また土生田大明神とも称す。 本地は阿弥陀如来である。
三宮は八海大明神である。 本地は薬師如来である。
矢射子大明神は和銅二年に顕れた。

北陸道には道前・道後の二社が有り、兄弟である。
道前は気比大菩薩、越前国に鎮座している。 本地は大日如来である。
道後は気多大菩薩、能登国に鎮座している。 本地は地蔵菩薩である。

矢射子大明神

弥彦神社(新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦)
祭神は天香山命。
式内社(越後国蒲原郡 伊夜比古神社名神大)。 越後国一宮。 旧・国幣中社。
史料上の初見は『続日本後紀』(天長十年[833]七月戊子)の「越後国蒲原郡伊夜比古神預之名神」。

弥彦山は古くから霊峰として崇敬され、山頂の神剣峰には天香山命と熟穂屋姫命の御神廟(弥彦神社奥宮)が祀られている。

『弥彦神社古縁起』によると、和銅二年[709]八月上旬、弥彦大明神は西天竺弥彦国から越後の米水浦(長岡市寺泊野積)に顕現した。 七日間海に浮かび、光明で浪を照らした後、太子之浦に着岸し、然るべき霊地を求めて弥彦山に鎮座した。
養老三年[719]に社殿を造営。 天平勝宝年間[749-756]に金智大師が来臨して本地仏の阿弥陀如来を顕した。

『伊夜日子宮旧伝』によると、伊夜彦大明神は天照大神の曾孫の天香語山命である。 天孫降臨の際に供奉三十三神の長臣として瓊瓊杵尊に仕えた。 天孫の崩御後は紀伊国熊野神邑に住して高倉下命と称し、神武天皇に神剣韴霊を献上した。 神武天皇四年[B.C.657]に越国を賜り、神船で越後の米水浦に到着した。 その後、伊夜彦山に移って佐久良井郷(弥彦村弥彦麓の境外摂社・桜井神社)に宮居し、手繰彦命と称された。 孝安天皇元年[B.C.392]に薨去。
垂迹本地
弥彦大明神阿弥陀如来

両田大菩薩(土生田大明神)

物部神社(柏崎市西山町二田)
祭神は二田天物部命で、若宮神社(物部稚桜命)と諏訪神社(建御名方命)を合祀。
式内社(越後国三嶋郡 物部神社)。 旧・県社。

祭神の二田天物部命は饒速日命の降臨に供奉した天物部二十五部の一人である。
『二田宮伝記』によると、二田天物部命は天香山命に倶奉して越後国の石地浜(柏崎市西山町石地)に上陸した。 天香山命は弥彦山に鎮まり、二田天物部命は多岐佐加の二田を献じられて居を定めた。 二田天物部命はこの地で薨去され、二田土生田の高陵に葬られた。 崇神天皇の御宇[B.C.97-B.C.30]に神託により石地浜から南大崎の浦に遷座した。 その後、推古天皇の御宇[593-628]に亀岡山中腹、神亀年間[724-729]に土生田岡、弘仁年間[810-824]に亀岡山頂に鎮座。 天仁元年[1108]に現在の亀岡山麓に遷座した。
垂迹本地
両田大菩薩阿弥陀如来

八海大明神

八海山は越後魚沼地方を代表する山岳霊場で、山麓には坂本神社(南魚沼市大倉)・八海山尊神社(同市大崎)・八海神社(同市水尾)・八海神社(同市山口中手原)・八海神社(同市長森暮坪)・坂本神社(同市宮)などの里宮や元里宮が鎮座する。

『八海山御伝記』によると、八海山は天地開闢元気水徳神国挟槌尊の神霊の留まる山である。 弘法大師が湯殿山開闢の途中で越後国を通ると、東方から紫雲靉靆としてその奥に霊山(八海山)が在った。 大師はその霊山に登り、山上の霊松の木を大聖松神社と名付けた。 そして、三日三夜の護摩修行を行ない、大聖歓喜天を勧請し、山頂に不動明王を祀った。

暮坪八海神社の『八海山大明神由緒及記録』によると、大和国豊明里の栗田政次の末裔清国が日向高千穂に参籠した時、元気水徳神国狭槌尊・天津彦火瓊々杵尊・神吾田鹿葦津比女命の三神が現れ、「越後の霊峰八海の山頂に移り、永く天下を鎮護せん。汝奉じ行きて祭祀せよ」と託宣した。 応神天皇三年[272]七月十六日、清国は八苗の氏子を伴って城内郷に下向し、八海山頂に三神を奉安し、山麓の暮坪に遥拝所を設けた。

『神道集』が成立した頃の越後国三宮や本地仏(薬師)を奉安していた寺院は不明であるが、城内郷には室町期の薬師如来を本尊とする八海山長福寺(南魚沼市上薬師堂)が在り、中世には八海山信仰と八海山登拝の中心だった可能性がある。
(参考文献 鈴木昭英「八海山信仰と八海講」、『山岳宗教史研究叢書9 富士・御嶽と中部霊山』所収、名著出版、1978)
垂迹本地
八海大明神薬師如来

気比大菩薩

気比神宮(福井県敦賀市曙町)
本殿の祭神は伊奢沙別命・仲哀天皇・神功皇后。
東殿宮の祭神は日本武尊、総社宮の祭神は応神天皇、平殿宮の祭神は玉姫命、西殿宮の祭神は武内宿禰。
式内社(越前国敦賀郡 気比神社七座並名神大)。 越前国一宮。 旧・官幣大社。
史料上の初見は『日本書紀』(神功皇后摂政十三年[213]二月甲子)[LINK]の「武内宿禰に命せて、太子に従ひて角鹿の笥飯大神を拝みまつらしむ」。
応神天皇即位前紀[LINK]にも「一に云ふ、初め天皇太子として越国に行まして、角鹿の笥飯大神を拝み祭りたまふ。時に大神太子と名相易えたまふ。故れ大神を号けて去来紗別神と曰し、太子をば誉田別尊と名づく。然らば則ち大神の本名を誉田別神、太子の元の名をば去来紗別尊と謂ふべし」と記す。
また、持統天皇六年[692]九月戊午[LINK]に「詔して曰く、白蛾を角鹿郡の浦上之浜に獲たり。故れ封を笥飯神に増すこと二十戸、前に通はす」とある。

『気比宮社記』[LINK]によると、気比大神宮は仲哀天皇・神功皇后・保食大神を祀る。 豊葦原中州の大地主保食神で、神代よりの霊社である。
保食神は五穀・百穀の播殖を始め、養蚕の道を開いた。 これにより国土は豊穣となり、民は飢寒の憂いが無くなった。 天照大神は天上でこの事を知り、月読尊を葦原中国に降らせた。 保食神は月読尊を迎えて、稲・麦・黍・粟・稗・大豆・小豆や獣・魚など様々な品物を口から出した。 月読尊はこれを見て、口から吐いた物を出すとは穢らしいと激怒し、直ちに天上に帰った。 天照大神は次に天熊人神を派遣したが、保食神は既に亡くなっていた。 天熊人神は保食神が作った品物を持って天上に登り、天照大神に献上した。 天照大神は大いに喜ばれ、これらは顕見蒼生(人間)が食べて生きていくものであると云った。 天下の民は保食大神の恩沢を永く蒙ったので、この州に宮柱を立てて笥飯大神と崇めた。
吉貴二年(推古天皇三年)[595]八月四日[LINK]に瑞雲がたなびき加比留山の峯が光り輝いた。 その夕刻、角鹿小海直の小児に仲哀天皇の神霊が憑り、笥飯神宮に祀るよう神託が有った。
大宝二年[702][LINK]に笥飯神宮の社殿を修造し、仲哀天皇・神功皇后を合祀した(本宮の三座は、中位は仲哀天皇、西位は神功皇后、艮位は保食大神である)。 また、東殿宮に日本武尊、艮隅宮(総社宮)に応神天皇、西殿宮に武内宿禰、乾隅宮(平殿宮)に玉妃命を祀り、合わせて七座を奉斎して気比大神宮と号した。
垂迹本地
気比大菩薩大日如来

気多大菩薩

気多大社(石川県羽咋市寺家町)
祭神は大己貴命。
式内社(能登国羽咋郡 気多神社名神大)。 能登国一宮。 旧・国幣大社。
史料上の初見は『続日本紀』(神護景雲二年[768]十月甲子)の「充石上神封五十戸、能登国気多神廿戸、田二町」。

『気多神社古縁起』によると、孝元天皇の御宇[B.C.214-B.C.158]に越中北島の魔王が鳥と化して害をなし、鹿嶋路湖水(邑知潟)に大蛇が出現して人々を悩ませた。 この時に大己貴命が三百余神の眷属を率いて能登国に来臨し、化鳥と大蛇を退治して南陽浦に垂迹し、天下国家君民の守護神として崇められたという。
垂迹本地
気多大菩薩地蔵菩薩