『神道集』の神々

第三十五 白山権現事

白山権現は北陸加賀白山の雪山に垂迹された。 時期については二つの説がある。 一つの説は、第四十四代元正天皇の霊亀二年である。 もう一つの説は、第四十九代光仁天皇の宝亀二年、泰澄大師が顕されたというものである。
白山権現の大御前の本地は十一面観音である。
小男地の本地は阿弥陀如来である。
別山大行事の本地は請観音である。
五人の王子がいるが、太郎は剣御前、本地は大聖不動明王である。
次郎王子の本地は虚空蔵菩薩である。
三郎王子の本地は地蔵菩薩である。
四郎王子は毘沙門天王で、毘沙門天王の本地は文殊菩薩である。
五郎王子の本地は弥勒菩薩である。

白山権現

白山比咩神社(石川県白山市三宮町)
祭神は白山比咩大神(菊理媛命)・伊弉諾尊・伊弉冊尊で、三宮媛神を配祀。
式内社(加賀国石川郡 白山比咩神社)。 加賀国一宮。 旧・国幣中社。
史料上の初見は『文徳天皇実録』(仁寿三年[853]十月己卯)の「加賀国白山比咩神従三位」。

白山比咩神社の社伝によると、本宮は崇神天皇七年[B.C.91]に舟岡山(白山市八幡町)に創祀された。 応神天皇二十八年[297]に手取川畔の十八講河原(白山市鶴来水戸町)に遷座。 霊亀二年[716]、元正天皇の詔により安久濤の森(白山市白山町)に遷座した。

『白山之記』には 「白山本宮(本地は十一面観音)は霊亀元年に陮他に現じ給ふ。殊に勅命ありて、四十五宇の神殿仏閣を造立せらる」 とある。

『白山宮荘厳講中記録』によると、文明十二年[1480]十月十六日の大火により本宮は焼失。 本宮の御神体や本尊は三宮に奉遷され、長享二年[1488]六月に本宮の鎮座地を三宮に定めた。

大御前

白山比咩神社の奥宮(白山市白峰)
祭神は白山比咩大神(菊理媛命)であるが、古くは伊弉冊尊を祭神としていた。
御前峰の山頂に鎮座する。

『泰澄和尚伝記』によると、霊亀二年に泰澄が越知山で修行中、夢に天衣瓔珞を以て身を飾れる貴女が出現し「我が霊感時至れり、早く来るべし」と告げた。 養老元年[717]に白山の麓の伊野原(福井県勝山市猪野)に赴くと、貴女が再び出現し「此の地は大徳が悲母(伊野氏の女)の産穢の地にして、結界に非ず、此の東の林泉は吾が遊止の地なり、早く来るべし」と告げた。 林泉(平泉寺白山神社の御手洗池)で祈念すると、貴女が三度出現し「吾は伊弉諾尊(伊弉冉尊の誤記か?)なり、今は妙理大菩薩と号す」「吾が本地真身は天嶺に在り、往いて礼すべし」と告げた。
神示に従って白山の御前峰に登り、緑碧池(翠ヶ池)の畔で祈念すると、池中から九頭龍王が出現した。 「是れ方便の示現なり、本地の真身に非ず」とさらに祈念すると、十一面観音が顕現した。 次に左の別山に登って小白山別山大行事(聖観音)を、右の大汝峰に登って太己貴(阿弥陀如来)を感得した。

『加賀白山伝記之事』によると、霊亀二年に泰澄が舟岡山の岩窟で修行中、夢に貴女が白馬に乗って出現し「我は白山の真霊なり。昔葦原国始て成りしより以来此の舟岡山に住みなれ、西河の深淵に遊ひ、時節因縁を待て、汝が出世の結界荘厳の道場を建立せん事を相待こと既に久し」と告げた。 泰澄が安久濤の淵で祈念すると、再び貴女が出現し「霊感時至れり、早く修行すへし」と告げた。 養老元年四月に貴女が三度出現し「我はこれ昔は伊弉冊尊となり。天照大神の王母なり。今は白山妙理権現と名けたり」「我が本地の真身は雲嶺の絶頂にあり。安久濤の流れを越へ源をたづね登り拝すへし」と告げた。
泰澄は同年六月に白山に登り、三所権現を感得した。

『白山之記』には「山頂を禅定と名く。有徳の大明神住す。即ち正一位白山妙理大菩薩と号す。その本地は十一面観自在菩薩なり。一間一面の宝殿を建立して、五尺の金銅の像を安置す」とある。

小男地

白山比咩神社の境外摂社・大汝神社
祭神は大己貴命。
大汝峰の山頂に鎮座する。
『白山之記』には「北に並て高峯峙つ。其の頂に大明神住し、高祖太男知と号す。阿弥陀如来の垂迹なり。一間一面の宝殿を建立して、五尺の金銅の像を安置す」とある。

別山大行事

白山比咩神社の境外摂社・別山神社
祭神は大山祇命。
別山の山頂に鎮座する。
『白山之記』には「南に十数里去りて高山あり。其の山頂に大明神住し、別山大行事と号す。是れ大山の地神なり。聖観音の垂迹なり。一間一面の宝殿あり。五尺の金銅の像を安置す」「(奥宮の)西に小社あり。別山の本宮なり。権現に譲り奉り、南山に渡り給ふなり」とある。
垂迹本地
白山三所権現大御前(妙理大菩薩)十一面観音
別山大行事聖観音
大汝阿弥陀如来

太郎王子(剣御前)

金剣宮または佐良早松神社に比定される。

金剣宮(白山市鶴来日詰町)
祭神は天津彦火瓊瓊杵尊で、大国主神・大山咋命・日本武尊・事代主神・猿田彦神・菅原道真を配祀。
旧・県社。
剣ヶ峰の神霊を祀り、白山本宮・三宮・岩本宮と共に本宮四社に数えられる。
社伝によると、崇神天皇三年[B.C.95]の創祀で、霊亀二年に泰澄により再興された。
『白山之記』には「金剣宮(白山の第一の王子なり) 本地は倶利伽羅明王なり。垂迹は男神なり。御冠に上衣を着す。銀弓と金箭を帯し、金作の御太刀はかせ給ふ」とある。

佐良早松神社(白山市佐良)
祭神は鸕鷀草葺不合尊。
旧・村社。
中宮・別宮と共に中宮三社に数えられる。
『白山之記』には「又一の宝社あり。佐羅大明神と名く。本地は不動明王なり。天元五年(壬午)始て宝殿を造る」「佐羅宮 本地は不動明王なり。垂迹は金剣宮の如し」とある。

次郎王子

別山平の神霊を祀る加宝神社(白山市尾添)に比定される。
祭神は太玉命。
旧・村社。
『白山之記』には「次に宝社有り。加宝と名づく。虚空蔵菩薩の垂迹なり」とある。

三郎王子

檜新宮(白山市尾添)に比定される。
『白山之記』には「次に又一つの霊験ある宝社あり、檜の新宮と号す。垂迹は禅師権現にして、本地はこれ地蔵菩薩なり。建立の人は乃美郡軽海郷の松谷澄に住む如是房と言う人なり。崇め奉る後二百歳に及べり。錬行の輩、此の所に来集して精進し、この宝社に勤行す。夏衆の勤行、注し尽くことかたし」とある。
長らく廃社となっていたが、昭和五十七年[1982]に小祠が再建された。

四郎王子

藁履御峯の小社(現存しない)に比定される。
『白山之記』には「一つの岳有り。藁履の御峯と名づく。上道に藁履を進る。小社ありて、多門天を安んず」とある。

五郎王子

不詳。

なお、五人の王子を笥笠中宮神社(白山市中宮)の末社(現存しないが、『白山之記』の笥笠中宮の項に「小社は五所なり」とある)に比定する説もある。
(参考文献 有賀夏紀「『神道集』の世界 ―白山権現の王子たちをめぐって―」、伊藤聡(編)『中世神話と神祇・神道世界』所収、竹林舎、2011)
垂迹本地
五人王子太郎王子(剣御前)不動明王
次郎王子虚空蔵菩薩
三郎王子地蔵菩薩
四郎王子文殊菩薩
五郎王子弥勒菩薩

泰澄大師

白山修験道の開祖。 白鳳二十二年[682]六月十一日、越前国麻生津の三神安角の次男として誕生。 大化元年[695]、十一面観音の夢告を受けて出家、法澄と名乗って越知山で修行を積んだ。 大宝二年[702]、伴安麻呂が勅使として越前に派遣され、鎮護国家の法師に任ぜられた。 養老元年に白山を開き、同三年まで一千日の修行を行った。 同六年[722]、弟子の浄定行者と共に内裏に召され、元正天皇の病気平癒の祈祷を行った。 その効験あって禅師の位を授けられ、諱を神融禅師と号した。 天平八年[736]に玄昉から十一面経を授けられ、翌九年に都で流行した疱瘡を十一面法により鎮めた。 その功により大和尚の位を賜り、諱を泰澄と号した。 天平宝字二年[758]に越知山に戻り、神護景雲元年[767]三月十八日に入定。