『神道集』の神々

第四十五 釜神事

人皇二十八代安閑天皇の御代に、釜神が日本に弘まった。
近江国甲賀郡の由良の里から一人の男が年貢を納めに都に上った。 その帰路、甲賀の山中の大木の下で寝ていると、故郷の方から大なる光物が飛来して木の枝に止まった。
木の下から「今夜は何事か有るか」と声がして、光物は「由良の里で東西軒並に同時にお産が有った。すぐ名を付けて七歳以前に命を取ろうとしたが、親が賢くて胎内にいる内に名を付けたので、力が及ばなかった」と答えた。 下から「果報はどうか」と問うと、上の光物は「男の子は"箕を作り門々を売り廻るべし"という文字、女の子は"作らずして万福来る"という文字を手に持って生まれた」と答えた。 地底の物が「別の村里へ走り廻り、急いで名を付けて多くの小児を取り集めよ」と云うと、光物は承知して西の空に飛び去った。
その男が帰ると、家では男の子が生まれていた。 その隣家では女の子が生まれていた。 男は隣家の娘を息子の許嫁とした。
二人の子は成人して夫婦となり、両家の財宝を相続して裕福に暮らしていた。 しかし、夫は遊女にうつつを抜かして家業を疎かにし、ついに妻を家から追い出してしまった。
妻は伊勢国浦野の伯母を訪ねる途中、錦木の里で一人の男と出会った。 その男は三年前に妻を亡くし、法華経を読誦して供養を終えたところだった。 妻はその男と再婚し、福運により不自由の無い身の上となった。
一方、妻を離別して福運を失った夫は、零落して箕売りになった。 夫は妻の家とは知らず箕を買ってもらい、妻と再会して自分の身を恥じて死んでしまった。
夫は釜屋の後に埋められ、妻は釜神の小蓋の御料だと称してお供えをした。 その後、夫は釜神と成り、その家の釜屋を守護した。 こうして、釜神の小蓋の御料は近江国甲賀郡から始まったのである。

釜神

『古事記』[LINK]には、「又奥津日子神。次に奥津比売命、亦の名は大戸比売神。此は諸人の以ち拝く竈神ぞ」とある。

陰陽道では土公神について「春三月在竈、夏三月在門、秋三月在井、冬三月在庭」(『和名類聚抄』[LINK])とする事から、土公神を竈神として祀る。

仏教・修験道系の民間信仰では、三宝荒神を竈神とする。 子登『真俗仏事編』[LINK]には「荒神は最も不浄を忌む。然るに火は其体清浄にして、而不浄を除くものなれば、家に在りて竈を浄処とする。故に荒神、人の家に至ては竈を棲居とし玉ふ。これによりて俗に荒神を竈神とす」と記す。

本説話は甲賀を本拠として竈祓などに従事した声聞師が語り伝えたもので、彼らと密接な関係にあった修験者を通じて竈神信仰が全国に広められた。
(参考文献 村山修一『日本陰陽道史総説』、塙書房、1981)

竈神の由来に関しては、中国やベトナムにも「張郎と丁香」「チョン・カオとティ・ニ」などの類話が伝わっている。
(参考:竈神の縁起