『神道集』の神々

第四十六 富士浅間大菩薩事

人皇二十二代雄略天皇の御代、駿河国富士郡に子供のいない老夫婦が住んでいた。
「死後、極楽往生できるよう、仏祭りをしてくれる御魂子が欲しいものだ」 と嘆いていると、後ろの竹林から五六歳くらいの幼女が現れた。
翁の名は筒竹の翁、媼の名は加竹の媼といった。 老夫婦はその子を赫野姫と名付けて大切に育てた。 姫は国司に寵愛され、夫婦約束をする深い仲となった。
老夫婦の没後、姫は国司に 「私は富士山の仙女です。老夫婦とは前世で宿縁があったので姫となりました。その果報が尽き、あなたとの宿縁も尽きたので仙宮へ帰ります」 と云った。
国司が悲しむと、姫は 「私は富士山の山頂にいます。恋しくなったら来て下さい。また、この箱の蓋を開けてご覧ください」 と返魂香の箱を与えて姿を消した。
男がその箱を開けて見ると、煙の中に姫の姿が見えた。 ますます姫が恋しくなった男は富士山に登った。 山頂の池から煙が立ちのぼり、その中に姫の姿が見えた。 男は箱を懐に入れて池に身を投げた。

赫野姫と国司は富士浅間大菩薩として顕れた。 男体と女体がある。 その後、富士浅間大菩薩は衆生利益のために山頂から下りて麓の村に鎮座した。
恋に迷っている人は大菩薩に祈れば必ず願が叶えられる。 ある女が男に捨てられ、富士浅間大菩薩に参詣して
 人しれぬ思ひはつねに富士の根の たえぬ煙はわが身なりけり
と詠んだところ、すぐに男が戻って来たという。

富士浅間大菩薩

富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市宮町)
祭神は木花之佐久夜毘売命で、天津日高日子番能邇邇芸命・大山津見神を配祀。 また、荒神社(荒御魂神)・水神社(弥都波能売神)・牛頭天王社(須佐之男命)・日之宮社(日之宮神)・伊勢社(天照大御神)・八幡社(応神天皇)・弁天社(市杵嶋姫神)・追加明神(祭神不詳)・見目社(見目神)・飯酒王子社(飯酒御子神)を内陣に合祀。
式内社(駿河国富士郡 浅間神社名神大)。 駿河国一宮。 旧・官幣大社。
史料上の初見は『文徳天皇実録』(仁寿三年[853]七月甲午)の「以駿河国浅間神預於名神」。

『常陸国風土記』筑波郡の条[LINK]に、富士山と筑波山の神に関する以下の説話が記されている。
神祖の尊が諸神の処を巡行している際、駿河国の福慈の岳(富士山)で宿を求めた。 福慈の神は新嘗の物忌を理由に宿泊を断った。 神祖の尊はこれを恨み、「汝が居する山は、冬も夏も雪や霜が降り、人民は登らず、飲食を供えないだろう」と呪った。 次に筑波の岳に登って宿を求めた。 筑波の神は新嘗中にも拘らず、飲食を奉って歓待した。 神祖の尊は歓んで筑波の岳を言祝いだ。 筑波の岳には人々が集めって歌舞や飲食で楽しみ、今に至るまで賑わいが絶えない。

『真名本 曾我物語』は『神道集』と同様の伝承を記す。 富士浅間大菩薩の本地は千手観音であり、赫屋姫と国司はその応跡示現の初めである。

『富士山大縁起』によると、孝安天皇四十四年[B.C.349]、大地が震動する事が七日七夜に及び、忽然と山が出現した。 米穀を積み上げたような形なので穀聚山と名付けた。 その後、五つの大磐石が降って山が高く成ったので般若山と名付けた。
延暦の頃、東海道駿河国の乗馬の里に老夫婦がいた。 翁は箕作りを業とし、作竹翁と呼ばれていた。 翁は鷹を愛し、媼は犬を飼っていた。 ある時、老夫婦は竹の中で一寸六分ほどの女子を見つけた。 その子は美しく成長し、身から光明を放ったので赫夜姫と名付けられた。
姫が十六歳になった頃、桓武天皇が后を選ぶため諸国に勅使を派遣した。 田村丸(坂上田村麻呂)が下向して、乗馬の里の翁の家に宿泊した時、夜も明るいのでその理由を尋ねると、翁は「私の養女が放つ光明です」と答えた。 田村丸が対面すると容顔無比の美女であったので、「我が君が美女を選ぶため諸国へ勅使を派遣しています。あなたがその人ですので、后になる備えをして下さい」と言い、上洛してこの事を奏上した。 姫は父母に「人の一生は仮の宿、ただ幻の中で夢を見たり、雷光が露に映るようなものです。勅使が再び見えられたら、天の下で王土でない場所はありませんので、私は憂き世を捨てて般若山の岩屋に入ります」と言った。 父母はこれを許そうとしなかったが、姫は「般若山に登る日時を既に決めております」と言った。
姫が般若山に登る日、名残を惜しむ多くの人々が集まって、人の通る道も無い山中に入った。 その場所は今の中宮で、それより上には女人は登れない。 姫が立ち返って人々に別れを告げると、翁は 「世を憂しと思ひ出しに世捨て人と何に床しとや立帰るらん」 と詠んだ。 姫は 「世を憂しと思ひ出し心より厭はぬ人を立ち返りて見る」 と返歌して、深山に踏み入った。 姫は元は神仏の化身なので、山頂に至り、釈迦岳の南の角の大岩の中に入った。 そもそも、般若山の神が衆生救済のために女体で現れ、浅間大菩薩と成ったのである。
桓武天皇は美女の事を聞いて駿河国に行幸し、姫の跡を尋ねて翁と共に般若山に登った。 天皇が山頂に至ると、赫夜姫は天皇の前に現れた。 天皇は歓喜して、姫と共に大岩の中に入る事にした。 諸臣は悉く随喜の涙を流して下向した。 また、翁は愛鷹権現、媼は犬飼明神として顕現した。
平城天皇の御宇、大同元年[806]に社頭を建立し、浅間神社を勧請した。 今の大宮(富士山本宮浅間大社)がこれである。

『富士本宮浅間社記』によると、孝霊天皇の御代[B.C.290-B.C.215]に富士山が噴火して地震が頻発し、人々は四方に離散して国土は長く荒廃した。 垂仁天皇は人々の憂窮を哀しまれ、同三年[B.C.27]八月に浅間大神を山麓に祀って噴火を鎮めた。 景行天皇四十年[110]、東夷征伐に向う日本武尊が駿河国で狩猟をしていると、賊徒が尊を殺そうと野に火を放った。 尊は浅間大神を拝し、迎え火を放って賊徒を撃退した。 その時に浅間大神を祀ったのが山宮浅間神社(富士宮市山宮)である。 大同元年、坂上田村麻呂が東国を平定して帰陣した後、富知神社の旧社地に壮大な社殿を造営し、山宮から浅間神社を遷座した。

『浅間大菩薩縁起』によると、富士山に最初に登頂したのは金時上人である(年代は不詳)。 天元六年[983]六月二十八日に覧薩上人、天喜五年[1057]六月十八日に日代上人が登頂した。 その次に富士山に登頂したのは末代上人である。 駿河国の出身で名を有鑑と云い、幼い頃から伊豆国走湯山に常住し、出家後は諸国の霊地を巡って難行苦行を重ねた。 富士山の山腹に庵室を結んで修行中、夢の中に三人の童子(三宮・悪王子・剣御子)が現れて「汝をば、末代上人と名づけん」と告げた。 末代上人は天承二年[1132]閏四月十九日に登頂し、日代上人が岩窟に奉納した金泥の法華経と仏具類(閼伽器など)を拝見。 同年六月十九日に再び登頂して、剣と金一両を奉納。 翌年四月五日に登頂した時は、如法経一部十巻を埋納し、地主不動明王三尊が鋳された面八寸の鏡を奉納した。
(参考文献 西岡芳文「新出『浅間大菩薩縁起』にみる初期富士修験の様相」、史学、73、1、pp.1-14、2004)

江戸時代まで、富士山の山頂には浅間大菩薩の本地仏・大日如来を安置する大日堂が在り、"表大日"と通称された。 『本朝世紀』(久安五年[1149]四月十六日)[LINK]には、「駿河国の末代上人は富士山に登攀すること数百度に及び、山頂に仏閣を搆え大日寺と号した」と記されている。 富士山頂の大日堂はこの大日寺の跡と伝えられており、末代上人の流れを汲む村山修験の富士山興法寺(富士宮市村山)が管轄していた。 明治初年の神仏分離により大日堂から本地仏などが撤去され、現在は富士山本宮浅間大社の奥宮として祀られている。
垂迹本地
富士浅間大菩薩千手観音(または大日如来)

赫野姫

『神道集』『真名本 曾我物語』『富士山大縁起』等の中世の富士山縁起では、竹取説話を取り入れて、かぐや姫が浅間大菩薩に成ったと説くものが少なくない。 近世になると、林羅山『丙辰紀行』[LINK]において、三嶋・富士は父子の神であるとして、三嶋大社の祭神を大山祇神とする事から、「さては富士の大神をば木花開耶姫と定申さば」と考察した。 また、同『神社考証節』でも同じ論法で「浅間は蓋し木花開耶姫と為るか、姫は大山祇の女なり」と述べた。 以後、浅間神社の祭神を木花開耶姫命とする説が主流となったが、村山や下方五社ではかぐや姫とする説が近世中期頃まで残っていた。 例えば、村山浅間神社では主祭神を「浅間 赫夜姫 本地大日」(『村山浅間七社相殿』)としていた。 また、東泉院(下方五社の旧・別当寺)の『浅間宮略縁起』には、賀久夜姫が富士山の岩穴に入り「我は浅間大明神と号す」とある。
(参考文献 植松章八「東泉院とかぐや姫」、六所家総合調査だより、2、pp.4-7、2008)