『神道集』の神々

第三十四 上野国児持山之事

人皇四十代天武天皇の御代、伊勢国度会郡より荒人神が顕れ、上野国群馬郡白井保に児持山大明神として垂跡した。
阿野津の地頭で阿野権守保明という人がいた。 財産には不自由は無かったが、子宝には恵まれなかった。 伊勢太神宮に祈願したところ、児守明神に祈るよう示現があった。 児守明神に参詣したところ、阿野の女房は懐妊し、持統天皇七年三月に美しい姫君が生まれた。 児守明神に授かった子なので、児持御前と名づけた。
姫君が九歳の秋、母は三十七歳で亡くなった。 一周忌の後、阿野保明は伊賀国(伊勢国の誤記か?)鈴鹿郡の地頭・加若大夫和利の姫君を後妻に迎えた。 三年後、後妻にも妹姫が生まれた。 姫君が十六歳の時、継母の弟の加若次郎和理という二十一歳の若者と夫婦約束をした。
姫君が二十一歳、加若次郎が二十六歳になった三月、夫婦で伊勢太神宮に参詣した。 その途中、伊勢の国司の在間中将基成が児持御前を見て恋煩いになった。 国司は加若次郎を呼び、この国の守護職と引き替えに児持御前を差し出すよう云った。 加若次郎が断ると、国司は立腹して「阿野権守と加若次郎が謀叛を企んでいる」という讒言を書状にして父関白に送った。 関白は両名を捕縛し、加若次郎は下野国の室の八嶋に流された。 保明は罪が軽いという事で許された。
児持御前は尼になろうとしたが、既に身重の体であった。 夫の流刑先の下野に旅立とうとした時、継母は甥にあたる上野国の目代(国司代理)・藤原成次を訪ねるよう云った。
国司の軍勢が児持御前を奪おうと押し寄せて来た時、継母は鮃鮎(サモチ)を焼いてその周囲で念仏を唱え、児持御前の葬式であると偽った。
児持御前と乳母子の侍従局は尾張国の熱田宮に着いた。 鳥居の外の小さな家に逗留し、児持御前はそこで若君を生んだ。 そして、若君を侍従局に抱かせて再び旅立った。
東山道の不破の関を越える時、藍擂の模様の直垂姿の武士と連れになった。 木曽でまた梶の葉の模様の直垂姿の武士と連れになった。 上野国の国府に着くと、前の目代の藤原成次は山代庄の石下という山里に移った後だった。 児持御前と二人の武士は山代庄に行って成次と面会した。
藤原成次と二人の武士は加若次郎を救うため下野国の室の八嶋に着いた。 二人の武士は神通を使って牢番を眠らせ、牢の戸を破って加若次郎を連れ出した。 宇都宮の河原崎で四十歳ほどの武士が現れ、二人の武士と話し合った。 その後、四名は山代庄に入り、加若次郎と児持御前は再会を果たした。
二人の武士は尾張国の熱田大明神と信濃国の諏訪大明神で、河原崎で話をした武士は宇都宮大明神だった。 夫妻は神道の法として大仲臣経の最要を授かり、神の身と成った。

児持御前は白井村の武部山に神として顕れた。 因位は児持御前なので、武部山の名を児持山と改め、児持山明神と云う。 本地は如意輪観音である。
乳母子の侍従局は半手木鎮守と成った。 本地は文殊菩薩である。
若君は岩下の鎮守と成り、突東宮と云う。 本地は請観音である。
加若殿は見付山の峠に和理大明神として顕れた。 本地は十一面観音である。
阿野権守夫妻も神道の法を授かって津守大明神と成り、伊勢太神宮の荒垣の内に鎮座している。
加若殿の父母も神道の法を授かり、伊賀国三宮の鈴鹿大明神と成った。
尾張国熱田で産所を貸してくれた宿の女房も神道の法を授かり、鳴海の浦の鳥居明神と成った。
児持御前の継母は阿野明神として顕れた。
藤原成次も神道の法を授かり、尻高の山代大明神と成った。
山代庄は吾が妻と再会できた地なので、地名を改めて吾妻と呼ばれる。
阿野津から尾張熱田まで馬に乗せてくれた人も神道の法を授かり、馬は岩尾山の駒形、舎人は今至の白専馬大明神と成った。
鮃鮎を我が子の身代りに焼いて助けたので、今は鮃鮎を"子の代(コノシロ)"と呼ぶ。

児持山大明神

子持神社(群馬県渋川市中郷)
祭神は木花開耶姫命で、邇邇芸命・猿田彦大神・蛭子命・天鈿女命・大山祇神・大己貴命・手力雄命・須佐之男命を配祀。
奥宮の祭神は日本武尊。
『上野国神名帳』所載社(群馬東郡 従五位上 児持明神)。 旧・郷社。

『子持山宮記』によると、日本武尊が東征の際に子持山に祈願して東国の平定を成し遂げ、地主神猿田彦大神・天鈿女命など七座の大神を祀った。 その後、仁徳天皇元年[313]に瓊々杵尊・木花開耶姫命の二神が高千穂の峯から子持山に影向した。

『子持神社紀』によると、日本武尊が東国平定の際、上野国の国府に至り、豊城入彦命の娘の上妻媛を妃とした。 木花開耶姫命を子持山に奉斎して祈念したところ、忽ちに御子の岩鼓王が誕生したので、日本武尊は木花開耶姫命の神徳を称え奉り、子持山姫神と号して崇敬した。

『子持山大神紀』によると、弘法大師が東国巡遊中に子持山の奥の院に分け入り、激しい雷雨に襲われた。 弘法大師は岩屋に籠って子持山姫神を祈念し、七星如意輪供の秘法を修行して、本地仏の如意輪観音を岩屋に安置した。
(参考文献 福田晃「児持山縁起の成立」、『神道集説話の成立』所収、三弥井書店、1984)

『上野国志』[LINK]は先代旧事本紀大成経(神社本紀)の説として「金橋宮天皇時(安閑天皇)、磐筒女大神鎮坐」と記す。

半手木鎮守

中山神社(吾妻郡高山村中山)
祭神は木花咲耶姫命。 菅原道真・誉田別尊(応神天皇)・建御名方命・素戔嗚命・保食命・少彦名命・天照大御神・軻遇突知命・大山祇命・火之迦具土命・大己貴命・大物主神・不詳二座を合祀。
『上野国神名帳』所載社(群馬東郡 従四位上 中山明神)。 旧・村社。

『群馬県吾妻郡誌』[LINK]によると、元慶二年[879]に美濃国一宮の南宮大社(仲山金山彦神社)を勧請、城主宇都宮氏の守護神として崇敬された。 元弘二年[1332]に中山五郎左衛門光能が城主となって社殿を修造、破敵明神と称した。
(『平成祭データ』所収の中山神社由緒によると、永禄二年[1559]に破敵明神を合祀奉斎した)
明治四十年[1907]、境内末社9社及び菅原神社・八幡神社・諏訪神社を合祀。

突東宮

鳥頭神社(吾妻郡東吾妻町矢倉)
祭神は大穴牟遅神・宇迦之御魂神で、倭健命・建御名方命を配祀。 また、大山津見命を合祀。
旧・村社。

社伝によると、建久年間[1190頃]の創建。

明治四十年[1907]に境内末社(雨降社)及び大山祇神社2社を合祀(『群馬県吾妻郡誌』[LINK])。

和理大明神

吾妻神社(吾妻郡中之条町横尾)
祭神は大穴牟遅神で、大山祇命・誉田別尊(応神天皇)を配祀。 また、菅原道真・宇迦之御魂神・火産霊命・速須佐之男命・天照皇大神・大日孁尊・軻遇突智神・豊宇気姫神・豊受大神・宇気母智神・大物主神・日本武尊・埴山比売神・市杵島姫命・別雷命・速玉男命・伊弉冉尊・事解男命・建御名方命・八坂刀売命・経津主命・天之御中主尊・木花開耶姫命・橋姫命・武甕槌命・麓山祇命・不詳六座を合祀。
旧・郷社。

社伝によると、古くは和流宮と称した。 唐流に対する大和流の意味とされ、後には割宮あるいは和利宮などとも称した。
見付山とは現在の嵩山で、和流宮は元は嵩山の南麓に鎮座していたと伝えられる。 中古以前には、本殿は現在地から南西三丁距てた御洗水山(現在の中之条町伊勢町付近)の頂上に鎮座しており、現在地は拝殿の所在地であった。 険阻な丘上で参拝に不便なため、現在地に本殿を遷座した。

明治四十一年[1908]、和利神社に境内末社19社及び名久田村(現・中之条町の横尾・平・大塚・赤坂・栃窪)・高山村尻高の神社24社(末社108社)を合祀、吾妻神社と改称した(『群馬県吾妻郡誌』[LINK])。

山代大明神

山代神社(吾妻郡高山村尻高)
祭神は大山祇命。
旧・無格社

明治四十一年[1908]に和利神社(吾妻神社)に合祀(同上)。

駒形

駒形神社(吾妻郡中之条町青山)
祭神は宇気母智神で、大山津見神・菅原道真・建御名方神・大日孁尊を配祀。
旧・村社。

明治四十年[1907]に伊勢宮(吾妻郡中之条町伊勢町)に合祀(『群馬県吾妻郡誌』[LINK])。

白専馬大明神

白鳥神社(吾妻郡中之条町市城)
祭神は日本武尊。
旧・村社。

明治四十四年[1911]に伊勢宮に合祀(同上)。 昭和二十四年[1949]に分祀、翌年に旧社地に再建された。

児持七社

児持山大明神・半手木(破敵)大明神・鳥頭大明神・和理大明神・山代大明神・駒形大明神・白専女大明神を児持七社(吾妻七社)と呼ぶ。 笹尾大明神(『子持山縁起』では藤原成次の北の方)を加える事もある。
(参考文献 福田晃「児持山縁起の成立」、『神道集説話の成立』所収、三弥井書店、1984)
垂迹本地
児持山大明神如意輪観音
半手木大明神文殊菩薩
鳥頭大明神聖観音
和理大明神十一面観音
山代大明神十一面観音
駒形明神馬頭観音
白専馬大明神十一面観音
笹尾大明神聖観音
参考文献『子持山縁起』『和利宮縁起』

児守明神

皇大神宮の末社・許母利神社(三重県伊勢市二見町松下)か?
祭神は粟嶋神御魂。
現在は神前神社(皇大神宮の摂社)に同座で祀られており、社名の許母利(こもり)に因んで、子授け・安産の信仰がある。

津守大明神

皇大神宮の所管社・屋乃波比伎神(三重県伊勢市宇治館町)か?
古くは矢乃波波木神とも称し、『子持山縁起』には「権守を神になしまいらせ、荒垣の内におはします、則あらはゝき是なり」と記されている。

『神宮摂末社巡拝』[LINK]によると、内宮の板垣南御門の外、東石階下の石畳の神座に石神が安置され、屋乃波比伎神と呼ばれている。 "波比伎"とは"波比入君"ということで、人の入って来る入口の守り神として祀られた。

吉野裕子『日本人の死生観』によると、波波木神は内宮の御敷地の旧主で、新来の神にその場所を譲り、自身はその外側に守護神として鎮まった。 御敷地の外に顕現する波波木神は、内から外へあらわになった意味で"顕波波木(あらははき)"と呼ばれる。

鈴鹿大明神

伊賀国には該当する神社は現存しないが、伊勢国の誤記だとすると、片山神社(三重県亀山市関町坂下)と推定される(ただし、片山神社を伊勢国三宮とする説は見当たらない)。
祭神は倭姫命で、瀬織津比売神・気吹戸主神・速佐須良比売神・坂上田村麿・天照大神・速須佐之男命・市杵島姫命・大山津見神を配祀。
式内論社(伊勢国鈴鹿郡 片山神社)。 旧・村社。

『三国地誌』[LINK]によると、鈴鹿神祠は坂下駅に鎮座し、鈴鹿権現と俗称されている。 社伝によると、片山神社は元は三子山(鈴鹿嶽・武名嶽・高幡嶽)の嶺に在った。 瀬織津姫・伊吹戸主・速佐須良姫の三神を祀り、三神が出現したので三子山と云った。 三子山の火災後、寛永十六年[1639]に現在地に遷座し、鈴鹿社の倭姫命と相殿で四神を一社に祀る。
なお、現在地への遷座を永仁五年[1294]とする説もある。

鳥居明神

成海神社(愛知県名古屋市緑区鳴海町乙子山)か?
祭神は日本武尊で、宮簀媛命・建稲種命を配祀。
式内社(尾張国愛智郡 成海神社)。 旧・県社。

社伝によると、朱鳥元年[686]に草薙剣を熱田神宮に奉遷する際、日本武尊の縁由により創祀された。 元は鳴海浦に鎮座していたが、応永初年[1394-95頃]に鳴海城が築城された際に現在地(乙子山)に遷座した。

阿野明神

不詳。

諏訪大明神

参照: 「諏訪縁起事」

熱田大明神

参照: 「熱田大明神事」

宇都宮大明神

参照: 「宇都宮大明神事」

室の八島

歌枕として多くの和歌に詠まれた下野国の名所。
本来の場所は不明だが、江戸時代には総社六所大明神(栃木県栃木市惣社町)が"室の八島"を称し、松尾芭蕉『奥の細道』[LINK]により広く知られるようになった。 明治以降、同社は大神神社と改称し、境内の池に浮かぶ八つの小島を"室の八島"と称している。 『下野国誌』三之巻[LINK]によると、九月九日に広前においてコノシロを焼いて鉾にささぐ神事が行なわれる。

大仲臣経の最要

神道では毎年六月・十二月の晦日に大祓が行われる。 その際に用いられたのが、『延喜式』巻八[LINK]の「六月晦大祓」の祝詞で、中臣氏が奏上していた事から"中臣祓"と称する。
中世には密教や陰陽道の影響を受け、経典や真言陀羅尼にならって中臣祓を読誦するようになり、その要点を抜粋したものを"最要中臣祓"と称した。