『神道集』の神々

第四十七 群馬郡桃井郷上村内八ヶ権現事

人皇四十八代称徳天皇の御代、上野国群馬郡桃井郷に田烈大夫信保という人がいた。 身分は賎しいが裕福で、多くの眷属・牛馬・田畠・着物を持っていた。
御魂子がいない事を悲しみ、仏天に祈ったところ、女の子が生まれた。 千手の前と名付け、多くの乳母をつけて大切に養育した。
信保は姉の子の田烈藤次家保も養育していた。 二十一歳に成った時に婿にして、自分の代理として都に出仕させた。 姫が十六歳になった時、家保は国元に帰って都の話を聞かせた。 姫は「自分も都に生まれていたら五障三従の罪も少しは消えたでしょうに」と都が恋しくなり、すっかり窶れてしまった。
姫が十八歳になった二月、家保は再び都に上った。 田舎では姫の病気のために医術と祈祷を行ったが、三月中頃に死んでしまった。
三月十五日の夕刻、家保は右近の馬場の桜の下で千手の前によく似た娘を見かけた。 気になってすぐに国元に帰ると、既に姫は亡くなっていた。
家保はその場で出家した。 父母も共に出家し、伊香保山の東麓の船尾の崖の下に草庵を建て、姫の形見の千手観音を本尊とした。 家保入道は都に上って円頓坊僧正を連れ帰り、船尾寺の別当とした。
船尾寺は群馬・那波の二郡を寺領として三百三十三の寺坊を有する大寺院となった。 船尾寺から北には石巌寺が建てられ、信保入道夫婦が住んで念仏三昧に過ごした。

人皇五十三代淳和天皇の天長五年、桃苑左大将家光が上野国の国司に着任した。 家光には月塞殿という若君がいた。 国司は若君を船尾寺別当の円頓坊僧正に預け、若君は十一歳から十九歳の三月十五日まで寺で大切に養育された。
三月十六日、月塞殿は山から里へ下りた。 馬から下りて誰かと話しているので、お供の菊王丸が不思議に思い近寄ると、若君の姿は消えていた。
菊王丸は寺に戻って報告し、別当や寺僧は四方を探し廻った。 菊王丸は大将の邸にこの様子を伝え、母や乳母や家人たちも寺に上って探したが、若君の行方は分からなかった。
菊王丸は若君のお供をしようと切腹した。 母は車で伊香保沼に行き、身を投げて自害した。 乳母の黒部局は山奥で岩から落ちて死んだ。 お守役の徳戸の前は身を投げて死んだ。 後見役の宮内判官相満は切腹して死んだ。
都に知らせが届くと、桃苑左大将は早々に帰国し、無人になった邸で泣き悲しんだ。 国司は伊香保山で死のうと思い、大勢の供を連れて出発した。 国司が妻子の怨みを晴らすため寺を焼き払おうとしているという噂が流れ、国司の軍勢と船尾寺の寺僧の間で合戦が始まった。 二王堂から火が出て燃え広がり、船尾寺・石巌寺の寺坊はすべて焼失し、寺僧・稚児らは焼死した。 国司は都に戻り、病気になって死んだ。
月塞殿は浅間嶽の北の阿妻屋嶽の手向の笹岡の峯で天狗に養育されていたが、翌年の三月中頃に堂塔の焼跡に捨てられて物狂いとなった。 天狗の養い子ということで、哀れんだ山神たちに通力を与えられて神と成った。 父母をはじめ自害した八人の男女も神として顕れ、八ヶ王子と申された。 後に里に下って社殿が建立され、八ヶ権現として祀られた。 今の津禰宮で、本地はすべて阿弥陀如来や観音菩薩である。

八ヶ権現(津禰宮)

常将神社(群馬県北群馬郡榛東村山子田)
祭神は千葉常将で、宇迦之御魂命・日本武尊・品田和気命(応神天皇)を合祀。
旧・村社。

『船尾山縁記』によると、常陸・下総・安房・上総の四ヶ国の大将である千葉左衛門常将は、船尾山柳沢寺の千手観音に子授けの願をかけて九十九日間参籠し、相満という若君を得た。 常将は相満を柳沢寺に預けて学問を学ばせた。 山王の祭礼の日、若君は榛名山の天狗に連れ去られてしまった。 常将は寺が若君を隠していると誤解し、柳沢寺を焼き討ちにした。 その後に天狗が若君をさらった事を知り、自分の所業を悔いて郎党とも自害した。 承暦三年[1079]、常将の奥方は夫と郎党を弔うために柳沢寺を再建した後に自害した。 奥方は思川弁財天に、千葉常将は常将神社に祀られた。
垂迹本地
八ヶ権現(津禰宮)阿弥陀如来・観音菩薩

船尾寺

船尾山柳沢寺(群馬県北群馬郡榛東村山子田)
天台宗。
本尊は千手観音。

『船尾山縁記』によると、弘仁六年[810]、伝教大師が上野国に下向して船尾山を御覧になり、寺院建立を立願した。 関東八国の大将の群馬太夫満行(参照: 「上野国那波八郎大明神事」)が寺院を建立して伝教大師を開山とし、船尾山等覚院柳沢寺と号した。

阿妻屋嶽の笹岡の峯

阿妻屋嶽は吾妻山、笹岡の峯は中腹の峯林に該当。 この峯に鎮座していた吾妻神社(『群馬県群馬郡誌』[LINK]によると、明治四十年[1907]に常将神社に合祀)が山麓に社殿が建立される前の旧・津禰宮と考えられる。
(参考文献 大島由起夫「八ヶ権現縁起の在地展開」、『中世衆庶の文芸文化』所収、三弥井書店、2014)