『神道集』の神々

第四十八 上野国那波八郎大明神事

人皇四十九代光仁天皇の御代、上野国群馬郡の地頭は群馬大夫満行といった。 息子が八人いたが、八郎満胤は容貌美麗で才智に優れ、弓馬の術にも長じていたので、父の代理で都に出仕していた。 父満行は八郎を総領に立て、兄七人を脇地頭とした。
父満行が亡くなり三回忌の後、八郎満胤は上京して三年間宮仕えに精勤し、帝から目代(国司代理)の職を授かった。 七人の兄は弟を妬み、八郎に夜討ちをかけて殺害し、屍骸を石の唐櫃に入れて高井郷にある蛇食池の中島の蛇塚の岩屋に投げ込んだ。
それから三年後、満胤は諸の龍王や伊香保沼・赤城沼の龍神と親しくなり、その身は大蛇の姿となった。 神通自在の身となった八郎は七人の兄を殺し、その一族妻子眷属まで生贄に取って殺した。
帝は大いに驚いて岩屋に宣旨を下し、生贄を一年に一回だけにさせた。 大蛇は帝の宣旨に従い、当国に領地を持つ人々の間の輪番で、九月九日に高井の岩屋に生贄を捧げる事になった。

それから二十余年が経ち、上野国甘楽郡尾幡庄の地頭・尾幡権守宗岡がその年の生贄の番に当たった。 宗岡には海津姫という十六歳の娘がいた。 宗岡は娘との別れを哀しみ、あてどもなくさまよい歩いていた。
その頃、奥州に金を求める使者として、宮内判官宗光という人が都から下向して来た。 宗岡は宗光を自分の邸に迎えて歓待し、様々な遊戯を行った。 そして、三日間の酒宴の後に、宮内判官を尾幡姫(海津姫)に引き合わせた。 宗光は尾幡姫と夫婦の契りを深く結んだ。
八月になり、尾幡姫が嘆き悲しんでいるので、宗光はその理由を尋ねた。 宗岡は尾幡姫が今年の大蛇の生贄に決められている事を話した。 宗光は姫の身代わりになる事を申し出た。 そして夫婦で持仏堂に籠り、ひたすら法華経を読誦して九月八日になった。
宗光は高井の岩屋の贄棚に上ると、北向きに坐って法華経の読誦を始めた。 やがて、石の戸を押し開けて大蛇が恐ろしい姿を現したが、宗光は少しも恐れずに読誦し続けた。
宗光が経を読み終わると、大蛇は首を地面につけて 「あなたの読経を聴聞して執念が消え失せました。今後は生贄を求めません。法華経の功徳で神に成る事ができるので、この国の人々に利益を施しましょう」と云い、岩屋の中に入った。
その夜、震動雷鳴して大雨が降り、大蛇は下村で八郎大明神として顕れた。
この顛末を帝に奏上したところ、帝は大いに喜び、奥州への使者は別の者を下らせる事にして、宗光を上野の国司に任じた。 宗光は二十六歳で中納言中将、三十一歳で大納言右大将に昇進した。 尾幡権守宗岡は目代となった。

大納言右大将(昔の宮内判官宗光)は、多胡郡の鎮守・辛科大明神として顕れた。
尾幡姫は野粟御前と成った。
尾幡権守宗岡夫婦は白鞍大明神に成った。 この明神には男体と女体がある。
八郎大明神の父群馬太夫満行神は、群馬郡長野庄に満行権現として顕れた。 今の戸榛名である。
母御前は白雲衣権現として顕れた。
戸榛名の本地は地蔵菩薩である。
白雲衣権現の本地は虚空蔵菩薩である。
八郎大明神の本地は薬王菩薩である。
辛科大明神の本地は文殊菩薩である。
野粟御前の本地は普賢菩薩である。
白鞍大明神の男体の本地は不動明王、女体の本地は毘沙門天王である。

八郎大明神

八郎神社(群馬県伊勢崎市福島町)
祭神は群馬八郎満胤。

『伊勢崎風土記』[LINK]によると、八郎祠は下福島村に鎮座し、別当は長楽寺である。 同書に記された縁起略によると、群馬八郎満胤の霊魂は蛇龍と化して那波郡下福島に顕れたので、此の地に祠を建て八郎大明神として祀った。 また、『幸科大明神縁起』も八郎大明神が顕現した地を那波郡の福島とする。

那波八郎は上野国八宮の火雷神社(佐波郡玉村町下之宮)にも配祀されており、尾崎喜左雄は同社を那波八郎大明神に比定する。
(参考文献 尾崎喜左雄「古文献に見える上野国の諸神」、『上野国神名帳の研究』所収、尾崎先生著書刊行会、1974)

ただし、『加沢記』[LINK]には「凡上州に十二社あり」として、抜鋒大明神・赤城明神・伊香保明神・宿禰明神・若伊香保明神・榛名満行権現・小祝明神・火雷神・少智大明神・惣社・子持山明神・那波八郎明神・辛科明神を挙げており、火雷神と那波八郎明神は別の神として扱われている。
(参考文献 大島由起夫「『神道集』にみる上野国の神々」、国文学解釈と鑑賞、1993年3月号)

明治四十二年[1909]十二月四日、八幡宮(伊勢崎市大正寺町)に八郎神社など近隣の神社を合祀し、豊武神社と改称。 昭和四十五年[1970]十月十七日、八郎神社が現在地に分祀・再建された。

辛科大明神

辛科神社(高崎市吉井町神保)
祭神は速須佐之男命・五十猛命で、金山毘古命・品陀和気命(応神天皇)・中筒男命・伊邪那美命・大山津見命・建御名方命・八坂刀売命・大物主命・大日孁尊・宇迦之御魂命・木花佐久夜毘売命・天児屋根命・市寸嶋比売命・菅原道真・塩光清を合祀。
『上野国神名帳』所載社(多胡郡 従二位 辛科明神)。 旧・郷社。

『上野国志』[LINK]によると、辛科社の本地堂には文殊菩薩が安置されている。 別当は長根村の常行院(天台宗)である。 多胡郡の総鎮守で、神保村に鎮座している。 この地は古の辛科である。

野粟御前

『上州群馬郡岩屋縁起』『満勝寺略縁起』には"野栗御前"とあり、野栗神社(甘楽郡甘楽町秋畑)に比定される。
祭神は大己貴命。 『甘楽町史』によると、日本武尊を祭神とし大国主命を合祀する。

白鞍大明神

白倉神社(甘楽郡甘楽町白倉)
祭神は日本武尊・大山祇神・金山彦神で、大穴牟遅神・誉田別尊・倉稲魂命・建御名方命・八坂刀売命・八衢毘古神・八衢毘売神・三嶋溝咋耳命・火産霊神・素盞鳴尊・菅原道真・経津主命を合祀。

社伝によると、宝亀三年[772]の創建。
金光山(天狗山)山頂付近の磐座の上に旧社、山麓に里宮が鎮座する。

満行権現(戸榛名)

戸榛名神社(高崎市神戸)
祭神は埴山姫命・火産霊神・速須佐之男命・源満行。
『上野国神名帳』所載社(群馬西郡 従五位 榛名大取明神)。

社伝によると、天応年間[781-782]の創祀。
『戸榛名大権現縁起』によると、群馬五郎満行は光仁天皇の御宇に上洛して禁中に参内していた頃、紫宸殿に現れた化物を鏑矢で射て退治した。 その功績により武家の長者・三位の中将の藤原朝臣満行となったが、病により亡くなった。 その後、満行の霊魂による様々な怪異が起きたため、帝は勅使を派遣して神社を建立し、満行を神として祀った。
(参考文献 大島由起夫「『神道集』にみる上野国の神々」、国文学解釈と鑑賞、1993年3月号)

白雲衣権現

妙義神社(富岡市妙義町妙義)の地主神・波己曽社
国史現在社(波己曽神)。

社伝によると、宣化天皇二年[537]の創祀。
史料上の初見は『日本三代実録』(貞観元年[889]三月二十六日壬午)の「授上野国正六位上波己曽神従五位下」。

白雲衣山(白雲山)は妙義山の主峰で、『上野国妙義山旧記』は「山頭天について白雲腰をめくる、是則白衣観音の現相俯応衆生の効験なれは白雲衣山と号す」と説く。 また、同山の地主破古曽三社大明神について、「破胡曽大明神は日本仁王四十九代光仁天皇御宇上野国十四郡内利根河西七郡中に群馬之郡地頭は群馬太夫満行と申、榛名山満行大権現と顕、本地地蔵菩薩、同御前に神と顕被破胡曽大明神と成る、男子八人神と顕る内一人八郎大明神」と記す。

『辛科大明神縁起』によると、御前は"はこそ(波己曽)大明神"と顕れ、本地は千手観音である。 また、末社が七社(七波己曽)ある。
垂迹本地
八郎大明神薬王菩薩
辛科大明神文殊菩薩
野栗御前普賢菩薩
白倉大明神男体不動明王
女体毘沙門天
満行権現地蔵菩薩
白雲衣権現虚空蔵菩薩

伊香保沼・赤城沼の龍神

「上野国第三宮伊香保大明神事」「上野国勢多郡鎮守赤城大明神事」によると、伊香保沼の龍神は吠尸羅摩女、赤城沼の龍神は唵佐羅摩女である。

高井の岩屋

蛇穴山古墳(前橋市総社町総社)
一辺の長さ約40メートルの方墳。 埋葬主体は横穴式石室。 石室の規模は玄室長(西)3メートル、同幅2.6メートル、同高さ1.8メートル。 8世紀初頭の頃に造られたと推定される。

『群馬高井岩屋縁起』によると、仁徳天皇五十五年[367]に蝦夷の叛乱で敗死した田道将軍(上毛野君の竹葉瀬の弟)を葬った墳墓である。 田道将軍の怨霊は大蛇となり、蝦夷は蛇毒により悉く死亡したという。
その後、大蛇は蒼海の風呂沼に棲んで生贄を求めるようになり、その犠牲者を供養するために化粧薬師の石仏が祀られた。 また、田道将軍の墳墓は蛇穴山と呼ばれ、本地として弁財天が祀られた。