<定型テキスト挿入&クリップボード履歴ツール>

寺尾 進さんによるソフト。
オフィシャルHP及び入手先はこちら
 → [ToClip for Windows]


・せっかく登録したテキストをなくさない為にも、ToClipフォルダのバックアップはマメに取りましょう。

・レイアウトが崩れている場合も、横幅を多めに取ると快適にご覧いただけます。


(2004.4.18 マニュアル更新)

・ToClip Ver. 1.92が公開されました。Ver.1.91〜1.92の変更点は、

2004/04/18 Ver.1.92
 ・内蔵エディタで貼り付けを実行するとフリーズする不具合を修正。
 (v1.91で入っ た不具合)

2004/04/13 Ver.1.91

・[重複データを削除する]は、アルファベットの大文字と小文字を
 区別する仕様に変更。
・タスクトレイへのアイコンが登録できない場合に対処してみた。
・長く起動していると履歴を取得できない場合に対処してみた。
・クリップボードに巨大な文字列がある場合のもっさり動作を少し改善。

とのことです(^-^)ノ

このコメント以外に、マニュアルの修正点はありません(笑)。

みなさんはよく使うテキストをどうやって入力してますか?
ちょっとした単語なら、IMEに登録するのが手っ取り早いし、閲覧性では他のテキストファイルにまとめて書いておいて、必要になったらコピー&ペーストというのが有利でしょう。
しかし僕の思うところでは、IMEに登録しても、どのような読み方で登録したかどうか忘れてしまうことがあるし、テキストファイルにまとめておくという方法でも、コピー&ペーストという作業は意外に面倒です。

で、オススメしたいのが、このソフト。
今回はこのソフトの使い方を説明していきます。

なお、各ページには多数の画像が貼り付けてありますので、オンラインで見るには重めのページになっています。そこでこのページをまとめたアーカイブを作成しましたので、こちらをご利用下さい(解凍後、「index.html」をブラウザでご覧下さい)。

「ToClip for Windows」 Manual (by Kis)
538KB (LZH形式書庫)

「テキスト編集」ウィンドウの「ヘルプ」メニューから、ダウンロードしたマニュアルを開くようにすることもできます。

ダウンロードしたファイルを解凍し、解凍された「tc-manual」フォルダをそのままToClipのインストール先フォルダへコピーして下さい。

「C:\Program Files\Tc」にToClipがインストールされている場合は、
「C:\Program Files\Tc\tc-manual」となります。

以上で[ヘルプ]の[オンラインマニュアル]が[マニュアル]に変わりメニューから直接マニュアルを開けるようになります。

※解凍ソフトの設定によっては、「tc-manual」フォルダが2重(Tc\tc-manual\tc-manual\index.html)になることもあります。そのままですとこの機能は利用できませんので、
「Tc\tc-manual\index.html」となるようにして下さい。

も く じ

1.「ToClip」はじめの一歩〜 テキストの登録と貼り付け 〜
2.オプションの意味〜 カスタマイズしよう! 〜
3.アイテムが一杯になってきたら〜 「テキスト編集」ウィンドウによるアイテムの整理 〜

各ページにある[次ページ]をクリックしていくと、一通り全てのページをご覧頂けます。

[次ページ]

「ToClip for Windows」の著作権は、作者である寺尾進さんにあります。
「ToClip for Windows」のアイコンは、「アイコン。」のPiaZさんの作品です。