伊香保神社 群馬県渋川市伊香保町伊香保 式内社(上野国群馬郡 伊加保神社[名神大])
上野国三宮
旧・県社
現在の祭神 大己貴命・少彦名命
本地 薬師如来

「神道集」巻第三

上野国九ヶ所大明神事

三の宮は伊香保大明神と申す。
湯前と崇めたてまつる時は、本地は薬師なり。 この仏はこれ東方浄土の教主、十六王子の最初なり
[中略]
里に下りては、本地は十一面観音なり。 また大光普照観世音と申す。

「神道集」巻第七

上野国第三宮伊香保大明神事

そもそも伊香保大明神は、赤城大明神の御妹、高野辺大将の第三の姫君なり。
[中略]
その後別当の夢の中、北の方はかの水沢寺へ御参詣有ければ、別当子細問はれかれば、我等は神明の形と成りにけり、この寺の鎮守と成らんと仰せられけると、思へば夢覚めぬ。 夜明けて後、枕の上を見たまへば、一の日記有り。
引き披て見たまへば、北の方は伊香保大明神と顕れ、御乳母の伊香保太夫は早尾大明神、太夫の女房は宿禰大明神。
御妹の有御前は御父の屋敷に顕れて、岩滝沢より北に、有御前とて今の代までも御在す。
御姉の石童御前は沢より南に立ち給ひ、石常明神と申す。
中将殿の姫君は都へ上らせ給れば、帝も崩御の後に国へ下せ給ひて後、母御前と倶に神と顕れて、若伊香保大明神と申す。
夢の枕の日記に任せ、水沢寺の鎮守と崇めたてまつる。
[中略]
そもそも伊香保大明神とは、男体・女体御在す
男体は伊香保の御湯を守護して、湯前にて御在す時は本地は薬師如来なり
女体は里へ下らせ給ふとて、三宮渋河保に立たせ御在す。 本地は十一面なり。
宿禰・若伊香保の二所は倶に千手なり。
早尾大明神は本地は聖観音なり。
有御前は本地は如意輪観音なり。
石垣明神は本地は馬頭観音なり。

「水沢寺之縁起」

抑々此の寺の来由は、人王三十四代推古天皇の朝、上野国司高光中将公の菩提処と為し、御勅宣を以て、高麗来朝の貴僧恵観僧正を南都より請待し、開山別当と為し、伊香保御前の御守の持尊千手観世音菩薩を安置し奉り、建立する所の寺也。
[中略]
別当の僧正夢みらく、北の方御堂に詣じ語つて曰く、我等は神と成る、此の寺の鎮守たるべし、 夜明け枕上を見下へと覚て、枕上を見れは一の巻物有り、 これを被覧するに、高光中将并びに北の方は伊香保大明神男躰女躰の両神なり、 有御前は護擁神(立有馬郷)、 石童御前は石津祢明神(立有馬郷)、 姫御前は推古帝崩御の後当国に下着し、弱伊香保明神と顕現はる(立水沢県)、 伊香保太夫は早尾大明神、 妻女は宿祢大明神、 皆これ水沢寺の鎮守なり、 御本地は、伊香保大明神男躰は薬師、 女体は十一面、 弱伊香保は千手、 有御前は聖観音、 石童御前は如意輪、 早尾は馬頭、 宿祢は千手なり云々。
[中略]
夫れ高光中将殿は男躰伊香保大明神、御本地は薬師如来、別当は医王寺、 伊香保御前は女躰伊香保大明神、御本地は十一面観世音、別当は湯泉寺也。

尾崎喜左雄「上野国の信仰と文化」

伊香保神社の研究

湯前の守護神

 温泉は医療の最上のものである。 仏者は薬師の功徳として、温泉自体を薬師の霊力と見做し、更に薬師を温泉明神として祀った。 温泉明神とは湧泉そのものを神格化したものである。
[中略]
 即ち薬師堂が伊香保の御湯を祀る本体であり、それが温泉明神である。 その前に伊香保神社が鎮座したものであり、湯前なる表現が行なわれたものと解して好かろう。 しかし、何故に湯前に鎮座したかは明にしがたい。 その鎮座は湯前なる表現が一般化し、薬師堂と一体として捉えられていた程に、既に時日が経ていたものである。 ただ、温泉明神とは異なるものとの意識があったためか、守護として考えられてはいるが、温泉明神の社が薬師堂そのものであるので、薬師堂と伊香保宮とも、神社と本地堂との関係において捉えていたのである。

「社寺縁起伝説辞典」

伊香保神社(小林宣彦)

 『神道集』「上野国勢多郡鎮守赤城大明神事」では、高野辺大将の末娘である伊香保姫が、兄の高野辺中納言から上野国司を譲られるまでの話が述べられているが、「上野国第三宮伊香保大明神事」では、その後、伊香保姫が神となった話が記されている。
 同縁起によれば、伊香保姫は高野辺中納言の奥方の弟、高光中将と結婚して一人の姫君を産み、伊香保大夫のもとで暮らしていた。 ある日、伊香保姫が父や姉姫たちの供養のために淵名の社に参詣した帰路、上野国司の大伴大将が伊香保姫を見て恋に落ちる。 しかし相手にされなかった大伴大将は、武力を繰り出して伊香保大夫に攻めよせる。 大夫は九人の息子と三人の娘婿と共に防戦したが、皆討たれ、高光中将も重傷を負って死んでしまう。 大夫は上洛して帝に事情を報告すると、伊香保姫を国司、大夫を国司代理とする勅命が下った。 大夫は九人の息子たちを九所の神社でまつり、三人の娘婿も三所明神となった。 高光中将が葬られた寺は後に「水沢寺」の額を掲げて隆盛した。
 年月が過ぎて、伊香保姫は伊香保大夫の娘である石童御前と有御前と共に、故高光中将や故伊香保大夫夫婦を慕って伊香保沼に身を投げてしまう。 水沢寺の別当恵美僧正は、伊香保姫が神となった夢を見たが、その夢から覚めると一冊の日記が置いてある。 それを広げてみると、「伊香保の奥方は伊香保大明神、守役の伊香保大夫は早尾大明神、大夫の妻は宿禰大明神として現れ、有御前と石童御前も神と現れた。高光中将と伊香保姫の姫君は都に上ったが、帝の崩後、上野国に下り若伊香保大明神となって現れた」ことが書かれていた。
 さらに年月が過ぎ、光仁天皇の御代、上野国司の柏階大将知隆は、苛政をしき、伊香保山を荒し、水沢寺を焼失させてしまう。 恵美僧正が上洛して事情を報告すると、帝は激怒し、柏階大将を佐渡島へ流す宣旨を下すが、伊香保大明神は山神たちを呼び集めて石牢をつくり、柏階大将と代官右中弁宗安を中に追い込み、焦熱地獄に落とし込んだとある。
 伊香保大明神には男体と女体があり、男体のときは伊香保の湯を守護するために湯前に坐し、女体は三宮として渋河保の里に坐すとある。 男体の本地は薬師如来、女体の本地は十一面観音であるとし、「上野国九ヶ所大明神事」でも湯前に崇るときは薬師如来、里に下れば十一面観音であるとする。
 恵美僧正は、大宝元年に水沢寺を差出山に建て直したが、上洛して行基の弟子の東円という僧に別当を譲り、建立の完成を見てから死んだとある。

名称比定社本地仏鎮座地
伊香保大明神(男躰)伊香保神社薬師如来渋川市伊香保町伊香保
伊香保大明神(女躰)三宮神社十一面観音北群馬郡吉岡町大久保
宿禰大明神甲波宿禰神社千手観音渋川市川島
若伊香保大明神若伊香保神社千手観音渋川市有馬
早尾大明神早尾神社聖観音渋川市中村
有御前大宮神社か(*)如意輪観音北群馬郡榛東村長岡
石垣明神常将神社(*)馬頭観音北群馬郡榛東村山子田
(*) 尾崎喜左雄『上野国神名帳の研究』による