『神道集』の神々

第六 熊野権現事

役行者と婆羅門僧正は熊野権現の本地を信仰された。
縁起によると、甲寅の年に唐の霊山より日本の鎮西豊前国の彦根大嶽に天下った。 その形は八角の水晶で、高さは三尺六寸であった。 その後、各所で長い年月を経た後、神武天皇四十三年[壬寅]に熊野権現として顕れた。 それから三百余年後、役行者と婆羅門僧正が参詣して本地を明らかにした。
十二所権現の内、三所権現の証誠権現は本地阿弥陀如来である。 両所権現の中御前は薬師如来、西御前は観音菩薩である。
五所王子の内、若一王子は十一面観音、禅師宮も十一面観音である。 聖宮は龍樹菩薩である。 児宮は如意輪観音である。 子守宮は請観音である。
四所明神の一万・十万は普賢菩薩・文殊菩薩である。 十五所は釈迦如来である。 飛行夜叉は不動尊。 米持権現は愛染王、または毘沙門天王とも云う。
以上を十二所権現という。
那智の滝本は飛龍権現で、本地千手観音である。
道中には合計八十四所の王子宮が鎮座する。
新宮の神蔵は毘沙門天王、または愛染王とも云う。
雷電八大金剛童子は本地弥勒菩薩である。
阿須賀大行事は七仏薬師である。
金峯山の象王権現は三十八所である。 本地は未来の導師の弥勒菩薩である。 勝手・子守は不動明王・毘沙門天王である。

中天竺の摩訶陀国に善財王という大王がいた。 大王の千人の后の内、源中将の娘の五衰殿の女御(別名は善法女御)は最も醜女だった。
女御は千手観音を深く信仰して、三十二相八十種好の姿となり、大王の寵愛を得てついに懐妊した。
残りの九百九十九人の后は女御を嫉妬し、占師を買収して「生まれてくる王子は八頭の鬼神で、大王を食い殺し、天下を滅ぼすだろう」と予言させた。 また、老女に鬼の扮装をさせて都で騒ぎを起こさせた。 その結果、大王も女御の処刑に同意せざるを得なくなった。
后たちの命を受けた六人の武士は、女御を鬼谷山の鬼持ヶ谷に連れ出した。 そして、王子を出産して乳を与えている女御の首を斬り落とした。 その夜、血の匂いを嗅ぎ付けてやって来た十二頭の虎が王子を養育し始めた。
王子が四歳になった頃、三十里程離れた山奥で喜見上人が仏道修行をしていた。 法華経の薬王品を講じている時、一匹の蜘蛛が 「鬼持ヶ谷に善財王の王子が十二頭の虎に養われている。引き取って大王にさしあげよ」 と糸で文字を書いた。 上人は王子を探し出して虎たちから引き取り、三年間養育した。
王子が七歳になった時、上人は王子を連れて宮中に参上した。 そして、五衰殿の女御の最期や虎が王子を養育した事などを大王に話した。
大王は王子・上人と三人で金の早車に乗り、五本の剣を投げた。 第一の剣は紀伊国の神蔵、第二の剣は豊前国の彦根嶽、第三の剣は陸奥国の中宮山、第四の剣は淡路国の和、第五の剣は伯耆の大山に留まった。 大王の車は剣に従って最初に彦根嶽に着いた。 それから各地を転々として、最後に第一の剣に従って紀伊国の牟婁郡に留まった。 日本に来てから七千年は顕れなかった。

牟婁郡の摩那期(真砂)に住む千代包という猟師が獲物を待っていると、八咫烏が現れた。 猟師は大きな猪に手傷を負わせて跡を追い、八咫烏に導かれて曽那恵に着いた。 そこには猪が倒れており、烏は何処かへ見えなくなった。 猟師は空に光り物を見つけて怪しみ、大鏑矢でその光り物を狙った。 光り物は三枚の鏡で、「我は天照大神の五代目の子孫で摩訶陀国の主である。帝王をはじめ万民を守る神である。熊野三所として顕れたのは我が事である」と答えた。
猟師が弓矢を捨ててお詫びをし、木の下に三所の庵を造って「こちらにお移り下さい」と祈ると、三枚の鏡は庵に移った。 千代包は山を出て宣旨を賜るために都に上った。 熊野権現も藤代から飛行夜叉を遣わして夢でお告げをしたので、帝も早く御宝殿を造るよう仰せられた。 三所の御宝殿が建立され、千代包はその宮の別当となった。 人皇第七代孝霊天皇の御代の事である。

三所権現とは証誠殿・中ノ宮・西ノ宮の三所である。 証誠殿は本地阿弥陀如来、昔の喜見上人である。 西ノ宮は本地千手観音、昔の五衰殿の女御である。
証誠殿は「一度我が山に参詣した者は、三悪道に落ちても、その験を見つけて救済しよう」と誓願された。 その験とは参詣時の宝印である。
人皇第十代崇神天皇の御宇、証誠殿の左に善財王の御子、若一王子が顕れた。
中ノ宮は昔の善財王である。
八十四所の王子宮は人皇十一代垂仁天皇の御宇に顕れた。
大王を追って来た九百九十九人の后は赤虫と成った。

この帝の御代、諸国に疫病が流行った。 天皇は大いに驚かれ、国々に多くの神社を創祀した。 総じて三千七百四十二所で、三千七百余社の日本の鎮守と称す。

綏靖天皇は朝夕に七人の人間を食べた。 ある臣下が帝を亡ぼそうと謀り、「近いうちに火の雨が降るだろう」と奏上した。 そして、「火の雨から逃れたい者は岩屋に籠って難を避けよ」と人々に告げた。 諸国に今も残る塚はこの時に人々が作った岩屋である。 都の内裏にも岩屋を作り、柱を立てて下から人が上がれないようにして、帝をその中に入れた。

三千七百余社の鎮守の中で、熊野嶽は金胎両部の地である。 鎮守の第一は伊勢太神宮である。 天照大神の御心を思い奉ると、天照大神と神武天皇は一つである。 それは熊野権現を総当明神とも鋳師明神とも申すからである。 天照大神が天岩戸に隠れた時、子孫のためにその姿を鋳留めたのが内侍所である。 鋳師大明神が預かって神武天皇に渡し、天皇は祖父・曾祖父の形見として崇敬された。 開化天皇まで同床共殿していたが、崇神天皇の御宇に天津社と国津社を定められた際に、畏れ多いと温明殿に移された。 内侍所の第一の守護は熊野権現である。

熊野権現

本宮・新宮・那智を熊野三山と呼び、修験道の根本道場である"日本第一大霊験所・根本熊野三所権現"として崇敬された。

熊野本宮大社(和歌山県田辺市本宮町本宮)
熊野本宮大社 第一殿(西御前)に夫須美大神、第二殿(中御前)に速玉大神、第三殿(本社・証誠殿)に家都美御子大神、第四殿(若宮)に天照大神を祀る。
式内社(紀伊国牟婁郡 熊野坐神社名神大)。 旧・官幣大社。
史料上の初見は『日本三代実録』(貞観元年[859]正月二十七日甲申)の「従五位下須佐神・熊野早玉神・熊野坐神並従五位上」。

『熊野年代記』によると、崇神天皇六十五年[B.C.33]に創建された。
本来の鎮座地は音無川が熊野川に合流する中洲の大斎原であるが、明治二十二年[1889]八月の熊野川大洪水で社殿が流失し、同二十四年に現在地に上四社が移転・再建された。 再建されなかった中四社・下四社および摂末社は大斎原の二つの別社(石祠)に合祀されている。

熊野速玉大社(新宮市新宮)
第一本社(結宮)に夫須美大神、第二本社(速玉宮)に速玉大神を祀り、上三殿の証誠殿に家都美御子大神、若宮に天照大神、神倉宮に高倉下命を祀る。 また、八社殿に中四社・下四社を祀る。
式内社(紀伊国牟婁郡 熊野早玉神社)。 旧・官幣大社。
史料上の初見は『新抄格勅符抄』大同元年[806]牒の「熊野牟須美神 四戸 紀伊 天平神護二年[766]奉充」「速玉神 四戸 紀伊 神護二年九月廿四日奉充」。

『熊野年代記』によると、安寧天皇十八年[B.C.531]に神倉山に垂迹。 孝昭天皇五年[B.C.471]に石淵谷(三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿の貴祢谷)に遷座し、二宇の社殿が建立された。 その後、景行天皇五十八年[128]三月に現在地に遷座し、"新宮"と称された。

熊野那智大社(東牟婁郡那智勝浦町那智山)
第一殿(滝宮)に大己貴神、第二殿(証誠殿)に家都美御子大神、第三殿(中御前)に速玉大神、第四殿(本社・西御前)に夫須美大神、第五殿(若宮)に天照大神を祀る。 また、第六殿(八神殿)に中四社・下四社を祀る。
旧・官幣中社。

『熊野権現金剛蔵王宝殿造功日記』によると、孝昭天皇五十三年[B.C.423]に裸形上人により創祀された。 また、『熊野年代記』によると、仁徳天皇五年[317]に創建された。

那智は南海補陀落山につながる観音霊場として崇敬され、裸形上人が那智の滝壺で授かった如意輪観音像を如意輪堂に安置した。 花山法皇が那智に参籠して熊野権現の託宣により西国三十三所観音霊場巡礼を再興し、如意輪堂はその第一番札所として信仰を集めた。 明治初年の神仏分離で如意輪堂は廃寺となったが、明治八年[1875]に現在の那智山青岸渡寺として再興された。
熊野三山の主祭神を祀る証誠殿・中御前・西御前を熊野三所権現と称する。 これに五所王子および四所明神を併せて熊野十二所権現と総称する。

証誠殿

本宮の主祭神である家都美御子神を祀る。 家都美御子神は素戔嗚尊(または天神七代の第一代である国常立尊)と同体とされ、浄土信仰が隆盛すると極楽往生を証明する"証誠大菩薩"として崇敬された(例えば、一遍上人は証誠殿で熊野権現の神勅により時宗を開宗したと伝えられる)。

『両峯問答秘鈔』[LINK]によると、証誠大菩薩は浄飯大王(釈尊の父王)の五代の子孫で中天竺摩訶陀国の慈悲大顕王である。

両所権現

中御前は"早玉宮"と呼ばれ、新宮の主祭神である速玉神を祀る。 速玉神は伊弉諾尊と同体とされる。 なお、『日本書紀』(神代紀・第五段の一書)[LINK]には、伊弉諾尊が黄泉国に趣いた際に「乃ち唾く神を号けて速玉之男と曰す」とある。
西御前は"結宮"と呼ばれ、夫須美神を祀る。 夫須美神は那智の主祭神でもあり、別の一書[LINK]において熊野の有馬村(三重県熊野市有馬町の花の窟)に葬られた伊弉冉尊と同体とされる。

『両峯問答秘鈔』によると、慈悲大顕王が雅顕長者の息女を后として生まれた両子が結・早玉の両所である。 結尊は甘露梵王の后である。 早玉尊の后は長寛長者(稲荷大明神)の娘である。

五所王子

地神五代と同体とされる。
 若宮:天照大神
 禅師宮:天忍穂耳尊
 聖宮:瓊瓊杵尊
 児宮:彦火火出見尊
 子守宮:鸕鷀草葺不合尊
五所王子の筆頭である若宮は三所権現に次ぐ崇敬を受け、上四社の一として祀られている。 また、その他の四所の王子は中四社として祀られている。

『両峯問答秘鈔』によると、若宮・禅師宮(本地は地蔵)・聖宮の三所は結尊の御子、児宮・子守宮の二所は早玉尊の御子である。

四所明神

本宮では火・土・水・木を司る四神とされる。
 一万十万宮:軻遇突智命
 米持金剛:埴山姫命
 飛行夜叉:弥都波能売命
 勧請十五所:稚産霊命

新宮・那智では天神七代の第二代~第七代と同体とされる。
 一万十万宮:国狭槌尊・豊斟渟尊
 勧請十五所:埿土煮尊
 飛行夜叉:大戸道尊
 米持金剛:面足尊

四所明神は下四社として祀られている。

飛龍権現

那智の別宮・飛龍神社(東牟婁郡那智勝浦町那智山)
祭神は大己貴命。 『熊野山略記』は難陀龍王の化現とする。
また、祈願所(旧・本地堂)に観世音菩薩(本地仏)・役行者・滝不動を安置し、御滝行者(花山法皇・弘法大師・伝教大師・一遍上人・文覚上人)を祀る。
旧・郷社。

飛龍権現は那智の地主神で、熊野那智大社にも滝宮として祀られている。 本殿が無く、那智の大滝を御神体とする。 社伝によると、神武天皇が即位前三年[B.C.663]に荒坂津(丹敷浦)に上陸した際、那智の山に輝く大滝を見つけ、神として祀ったという。

那智山中には、この大滝(一之滝)をはじめ、二之滝(速玉之男命、本地如意輪観音)、三之滝(熊野櫛御気野命、本地馬頭観音)など四十八の滝が有ると伝えられ、修験者が妙法山に登る際の禊祓の行場として重視された。

神蔵

新宮の境外摂社・神倉神社(新宮市神倉)
祭神は高倉下命・天照大神。

山上の"ごとびき岩"と称される巨岩を御神体とする。
『日本書紀』(神武紀)[LINK]には、神武天皇即位前三年に 「遂に狭野を越えて、熊野神邑に到る。且ち天磐盾に登る」 とあるが、"ごとびき岩"がこの"天磐盾"に比定されている。

『熊野権現御垂跡縁起』によると、神倉山は熊野権現が最初に降臨した地であり、この由緒により"熊野根本権現"と称する。

阿須賀大行事

阿須賀神社(新宮市阿須賀)
祭神は熊野夫須美大神・家都御子大神・熊野速玉大神。 『鏡谷之響』『熊野山略記』等は事解男命とする。 また、明治四十年[1907]に新宮末社の宮戸社(黄泉津道守命)と八咫烏神社(建角美命)を合祀。
旧・村社(新宮の元・境外摂社)。

社伝によると、孝昭天皇五十三年[B.C.423]三月に創祀された。

『紀伊続風土記』[LINK]には「愛徳山縁起に軍武男阿須賀大明神鰐を斬りて熊野大神を助け奉れる事見えたれは其功を賞して摂社に祀れるならむ」とある。

『両峯問答秘鈔』[LINK]によると、阿須賀大明神は猟師の千代包で、本地は大威徳明王である。

雷電八大金剛童子

右足を振り上げて太鼓と撥(あるいは金剛杵)を持った忿怒形の鬼神で、礼殿執金剛とも呼ばれる。
礼殿は本殿に付属して経供養などを行った施設で、本宮の礼殿(現存しない)には守護神として金剛童子(あるいは執金剛)が安置されていた。 "礼殿"と"雷電"の音通により、雷神の表象である太鼓を持つようになったと考えられる。
(参考文献 梅沢恵「熊野曼荼羅に顕れた雷電神」、東アジア恠異学会(編)『怪異学の技法』所収、臨川書店、2003)

『両峯問答秘鈔』[LINK]によると礼殿執金剛の本地は八字文殊である。
垂迹本地
三所権現証誠殿阿弥陀如来
中御前薬師如来
西御前千手観音
五所王子若宮十一面観音
禅師宮十一面観音(または地蔵菩薩)
聖宮龍樹菩薩
児宮如意輪観音
子守宮聖観音
四所明神一万眷属
十万金剛童子
文殊菩薩
普賢菩薩
勧請十五所釈迦如来
飛行夜叉不動明王
米持金剛愛染明王(または毘沙門天)
その他飛龍権現千手観音
神蔵権現毘沙門天(または愛染明王)
阿須賀大行事七仏薬師(または大威徳明王)
雷電八大金剛童子(礼殿執金剛)弥勒菩薩(または八字文殊)

八十四所の王子宮

摂津国の窪津(大阪府大阪市中央区天満橋付近)から熊野三山に至る参詣道(紀伊路・中辺路)に勧請された守護神で、通常は"九十九王子"と呼ばれる。

『両峯問答秘鈔』[LINK]によると、九十九王子は大師先徳の参詣の時に守護の為に隋来した神で、例えば石上王子(田辺市中辺路町道湯川の岩神峠に勧請)は智証大師が参詣された時の守護神(新羅大明神、本地は文殊菩薩)である。

以下の王子宮は九十九王子中でも別格の"五体王子"として重視された。

象王権現・三十八所・勝手・子守

参照: 「吉野象王権現事」

唐の霊山

『熊野権現御垂跡縁起』では天台山とする。
徐霊府『天台山記』[LINK]によると、周の霊王(在位: B.C.571-B.C.545)の太子喬は字を子晋という。 笙を吹く事を好み、鳳が鳴くようであった。 道人の浮丘公に伴われて嵩山に上り、三十余年後に白鶴に乗って何処かに飛び去った。 そして、桐柏真人・右弼王・領五岳司なる仙官に任ぜられ、天台山を治めた。 また、唐の開元年間[713-741]の初め、玄宗皇帝が天台山に桐柏真人を祀る王真君壇を建立した。
延久四年[1072]に入宋した成尋の『参天台五台山記』[LINK]によると、天台山の地主山王元弼真君として祀られており、真君は仙人に成って数百年後に智者大師(智顗)に謁見して受戒したという。

彦根大嶽

『熊野権現御垂跡縁起』では日子山峯とする。
英彦山は福岡県と大分県の県境に位置する霊山である。 熊野三山や出羽三山と並ぶ修験道の根本道場として崇敬され、英彦山神宮(福岡県田川郡添田町英彦山)が鎮座する。

陸奥国の中宮山

不詳。

淡路国の和

不詳。 『熊野権現御垂跡縁起』では遊鶴羽峯とする。
諭鶴羽山には熊野権現の元宮とされる諭鶴羽神社(兵庫県南あわじ市灘黒岩)が鎮座する。

伯耆の大山

伯耆大山は山陰地方を代表する霊山で、大神山神社奥宮(鳥取県西伯郡大山町大山)が鎮座する。

曽那恵

大斎原から熊野川を挟んだ対岸の丘陵を備崎と云う。 中世の大峯奥駈道では、熊野から吉野に向かう順峰の最初の参籠宿に当たる備宿が置かれた(ただし、近世以降の大峯奥駈道では備宿は通らない)。
近年の発掘調査により、熊野川から備宿に到る尾根筋には大規模な納経所(備崎経塚群)が設けられていた事が判明した。 また、大斎原に面する北裾には熊野権現を礼拝する磐座群や石窟が存在し、備宿が礼拝所・納経所・参籠宿から成る聖域であった事が明らかになりつつある。

内侍所

参照: 「神道由来之事」

役行者

役君小角の通称で、役優婆塞とも呼ばれる。 修験道の開祖とされ、日本各地の数多の霊山を開いたと伝えられる。

『続日本紀』(文武天皇三年[699]五月二十四日)[LINK]には、 「役君小角伊豆島に流さる。初め小角葛木山に住し呪術を以て称さる。外従五位下韓国連広足初め師と為す。後其の能を害み讒するに妖惑を以てす。故に遠処に配す」 と記されている。 これに続けて 「世の相伝に言く、小角能く鬼神を使役し、水を汲み薪を採せ、若し命を用ひざれば即ち呪を以て之を縛す」 とあり、役行者が伝説的な呪術者として世に知られていた事がわかる。

また、景戒『日本霊異記』上巻の「孔雀王の咒法を修持し、異しき験力を得て、現に仙と作りて天に飛ぶ縁 第二十八」[LINK] には、 「役優婆塞は、賀茂役公、今の高賀茂朝臣といふ者なり。大和国葛木上郡茅原村の人なり」と出自が述べられている。 四十歳を過ぎた頃から俗世間を離れて巌窟に住し、孔雀明王の呪法を修習して験力を得て、鬼神を自在に駆使した。 鬼神に金峯山と葛城山の間に橋を架けさせようとした時、葛城山の一言主神が託宣により役優婆塞を朝廷に讒言した。 母親を人質にされた役優婆塞は自ら捕縛されて伊豆島に流されたが、夜は富士山に行って修行を続けた。 大宝三年[701]正月に恩赦があり、仙人となって天に飛び去った。

『両峯問答秘鈔』[LINK]によると、役優婆塞は印度に於いては雅顕長者と号し、慈悲大顕王に家臣として仕えていた。 慈悲大顕王が日本に降臨する時、雅顕長者はその使者として皇大神宮に趣き、紀州牟婁郡と和州吉野郡の霊地を賜りたいと願った。 天照大神は「我は慈悲大顕王の五代の祖であり、率濁大王の七代の祖であるので、霊地については認める。但し、秋津島の民人の頭である神武天皇に奏上せよ」と答えた。 そこで、雅顕長者は神武天皇に許しを得て、紀州牟婁郡に熊野十二所、和州吉野郡に蔵王三所を勧請し奉った。 これにより、雅顕長者は勧請十五所と呼ばれた。 その後、雅顕長者は千二百余年の間に行者の身として七回生まれ、その第七生が役優婆塞である。

寛政十一年[1799]に聖護院門跡の盈仁法親王より光格天皇に役行者没後千百年の御遠忌を迎える旨の上奏があり、同年一月二十五日に"神変大菩薩"の諡号を賜った。

婆羅門僧正

菩提僊那(ボーディセーナ)の通称。
天平八年[736]に来日、天平勝宝四年[752]に東大寺大仏の開元供養の導師を勤めた。

『両峯問答秘鈔』[LINK]によると、婆羅門僧正は同五年十二月に南都で神示を受けて熊野に参詣し、証誠殿の本地阿弥陀を顕した。

熊野権現御垂跡縁起

冒頭で言及されている縁起は、『熊野権現御垂跡縁起』(『長寛勘文』所収)[LINK]である。
唐の天台山の王子信(王子晋)の旧跡が甲寅の年に日本の鎮西の日子山峯(英彦山)に天下った。 その形は八角の水晶で、高さは三尺六寸であった。 五年後[戊午]に伊予国の石鉄峯(石鎚山)、 六年後[甲子]に淡路国の遊鶴羽峯(諭鶴羽山)、 六年後[庚午]に紀伊国無漏郡(牟婁郡)切部山の北の海の西の岸の玉那木の淵の松の木の下に渡り、 五十七年後[庚午]に熊野新宮の南の神蔵峯(神倉山)に降臨した。 六十一年後[庚午]に新宮の東の阿須加社(阿須賀神社)の北の石淵谷に勧請された。 初めて結玉家津御子と称し、二宇の社であった。 十三年後[壬午]に本宮の大湯原(大斎原)の一位(櫟)の木の梢に三枚の月形が天下った。 八年後[庚寅]に南河内の熊野部千与定という犬飼が、一丈五尺の猪を射て大湯原に追って来た。 猪は一位の木の下で死んでおり、犬飼はその猪の肉を取って食べた。 犬飼は木の下で一宿し、木の梢に月を見つけた。 犬飼が「何故月が虚空を離れて木の梢に在るのか」と問うと、 月は「我は熊野三所権現である。一社は証誠大菩薩と申し、二枚の月は両所権現である」と答えた。