『神道集』の神々

第十三 赤山大明神事

赤山大明神の本地は地蔵菩薩である。
その本地の名は武答天神王で、これは牛頭天王と一体である。
経文によると、牛頭天王には三つの名が有る。 第一は牛頭天王、第二は武答天神王、第三は薬宝賢明王という。
また、義浄三蔵訳の『仏説秘密心点如意蔵王陀羅尼経』によると、この天王には十種の反身がある。 第一は武答天神王、第二は牛頭天王、第三は倶摩羅天王、第四は蛇毒気神王、第五は摩耶天王、第六は都藍天王、第七は梵王、第八は玉女、第九は薬宝賢明王、第十は疫病神王である。
武答天神王は頂上に十一面有り、面毎に白牙を出す。 また四面に八角を現す。 毛髪は皆赤色で、悉く忿怒の相である。 最頂は仏面で慈悲の相である。
武答天神王の婦人は十人の子を生んだ。 即ち、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の尊である。
また、北方に都跋国という国がある。 武答天神王は本来はその国に在ったという。
武答天神王は本来は観自在菩薩であり、過去無量劫に成仏して尊号を正法明如来と云う。

赤山大明神

赤山禅院(京都府京都市左京区修学院関根坊町)
祭神は泰山府君。
天台宗修験道総本山管領所。

赤山禅院は比叡山延暦寺の別院として仁和四年[888]に創建された寺院で、赤山大明神は日吉大社と並ぶ比叡山延暦寺の鎮守神である。

『寺門伝記補録』によると、登州で瘴疫が流行した時、嵩嶽神の眷属神が童形と化して疫鬼を追い払った。 そこで、登州の人々は赤山に祠を建てて神童を祀った。 これが赤山明神である。
尊意阿闍梨の説によると、嵩嶽神とは新羅明神(園城寺の鎮守神)のことで、赤山明神は新羅明神の眷属神である。

『慈覚大師伝』[LINK]によると、円仁は五台山巡礼の本願を許されず、開成四年[839]に唐から帰朝の途についた。 しかし、船は逆風や海賊に阻まれて登州に着き、円仁はそこで下船して赤山法華院に滞在した。 円仁は当処の山神に冥助を願い、もし求法の本願が叶ったならば日本に禅院を建立する事を誓った。
しかし、円仁は帰国後にその冥約を果たせないまま、貞観六年[864]に入寂した。 高弟の安慧は師の遺命により仁和四年に赤山禅院を創建した。

『源平盛衰記』[LINK]によると、円仁が入唐して清涼山で引声念仏を学んでいた時、赤山大明神が示現して念仏守護のために円仁と共に日本に渡る事を約束した。 円仁が帰国する途中で船が暴風雨に遭って沈みそうになった時、船上に赤山大明神が示現して円仁を守護した。

「諏訪縁起事」によると、赤山大明神は甲賀三郎(諏訪大明神)の父の甲賀権守諏胤である。
垂迹本地
赤山大明神地蔵菩薩

武答天神王

参照: 「祇園大明神事」

『吽迦陀野儀軌』に「次観証入曼荼羅世界、中央主都鉢主多聞天王、……東方牛頭有、正面可甚怖畏、頂上十一面怖畏形、各牛角出為出其荘厳」、『阿娑縛抄』の毘沙門天王の巻に「昔在国、名都鉢羅国。其国、大疫癘発、人民皆悉死。時国王発願念仏、帰依観音。時十一面観自在菩薩十一牛頭毘沙門変化、毘沙門亦十一面牛頭摩訶天王現矣」とあり、『神道集』における武答天神王の記述はこれらの説の系統を承けていると考えられる。
(参考文献 三崎良周「中世神祇思想の一側面」、『密教と神祇思想』所収、創文社、1992)

牛頭天王

参照: 「祇園大明神事」

赤山大明神と牛頭天王とは別の神格とするのが一般的である。 ただし、『寺門伝記補録』によると赤山明神は疫鬼を追い払う神であり、『神道集』では牛頭天王と同系統の神と見做したと考えられる。

薬宝賢明王

不詳。 「祇園大明神事」では薬宝賢菩薩とする。

『覚禅鈔』の薬師法の条に「祇園天王 如薬宝賢童子。神農薬師所変云々 医師説」という記載が有るが、薬宝賢童子の名は薬師経関係の経軌には見えない。
毘沙門天の眷属に夜叉八大将があり、その中の宝賢大将に由来するとも考えられる。
(参考文献 三崎良周「中世神祇思想の一側面」)

倶摩羅天王

元来はヒンドゥー教の主神シヴァの息子クマーラで、鳩摩羅天とも音写される。 クマーラは"童子"を意味し、孔雀に乗る六面の童子姿で表される。

日本では、牛頭天王の八王子の一人を倶摩羅天王に宛てる。
「祇園大明神事」では、八王子の第八王子(大陰神)の異名を倶摩良天王とする。
『簠簋内伝』は「第三大陰神は倶摩羅天王、本地は聖観自在尊。この方に向き万事凶、殊に嫁取結婚等は凶」と説く。
『祇園牛頭天王縁起』は「第三王子は倶魔羅天王と名づく。本地は弥勒菩薩。歳徳神に変じて、秋三月を行ふ」と説く。

蛇毒気神王

参照: 「祇園大明神事」

都跋国

西域の国名。 吐蕃(古代チベット)あるいはトルファンに比定され、通常は兜跋国と表記する。 上記の『吽迦陀野儀軌』における"都鉢"、『阿娑縛抄』における"都鉢羅国"も同国を指すと思われる。
毘沙門天が出現して外敵から兜跋国を守ったという伝承により、兜跋毘沙門天は王城鎮護の神として信仰された。