『神道集』の神々

第三十六 上野国一宮事

上野国一宮の抜鉾大明神は人皇二十八代安閑天皇の御代に日本に渡来し、乙卯年[535]三月中頃に上野・信濃の国境の笹岡山に鉾を逆立てて坐した。 ある伝によると、阿育大王の姫宮、倶那羅太子の妹である。
南天竺の狗留吠国に玉芳大臣という長者がいた。 長者には娘が五人いて、上の四人は波羅奈国・毘舎利国・斯羅奈国・沙陀国の大王の后になっていた。 末娘の好美女だけは未婚で家にいた。 この姫は国中に並ぶ者が無い美人で、舍留吠国の大王の后に成る事が決まっていた。
狗留吠国の王はこれを聞いて、自分の后にしようとした。 父の長者は、十六大国の大王の后ならともかくこんな小国の王の后にはしたくないと断った。 狗留吠国の王は大いに瞋り、夜討ちをかけて長者を殺し、好美女を后に迎えようとした。
好美女は父母の敵の国に住むのは口惜しいと、抜提河の真中に降魔の鉾を立て、その上に好玩団を敷いて住んだ。 狗留吠国の王がその河も自分の知行地であると云うと、好美女は鉾を抜き、二人の美女に好玩団を持たせ、天甲船に乗り笹岡山にやって来た。 好美女は船を山の峯に伏せて、船の中に抜提河の水を保ち、劫末の火の雨をこれで消す事を誓った。

諏訪大明神は母神の住む日光山に通う内、好美女と知り合って夫婦と成った。 諏訪の下宮の女神がこれに立腹したので、上野国甘楽郡尾崎郷の成出山に社を建て、好美女を住まわせる事にした。 美女の一人は船を守るために笹岡山に留まり、荒船大明神と成った。
抜鉾大明神の本地は弥勒菩薩である。

当国は赤城大明神が一宮だったが、今では赤城は二宮となり、他国の神である抜鉾大明神が一宮である。 赤城大明神が絹布を織っている内に絹笳が不足した。 狗留吠国の好美女は財の君なので、赤城大明神は絹笳を借用して織り上げた。 これほどの財の君を他国に移らせるのは惜しいと思い、赤城大明神は二宮となり、当国の一宮を好美女に譲った。
好美女は抜提河から鉾を抜いて脇に挟んでこの国に来たので、抜鉾大明神という。

抜鉾大明神

一之宮貫前神社(群馬県富岡市一之宮)
祭神は経津主命・姫大神。
式内社(上野国甘楽郡 貫前神社名神大)。 上野国一宮。 旧・国幣中社。
史料上の初見は『新抄格勅符抄』大同元年[806]牒の「上野抜鋒神 二戸」。

貫前神社の元宮とされる咲前神社(安中市鷺宮)の社伝によると、上野国碓氷郡鷺宮は経津主命が建御名方命を追って荒船山に出陣した時の行在地である。 安閑天皇元年[532]六月初申日、神石「雷斧石」に抜鉾大神が顕現。 朝廷に上奏すると、磯部朝臣小倉季氏が奉幣使として下向し、鷺宮に社殿を建立して抜鉾大神を奉斎した。 白鳳元年[661]、小倉季氏から十一代目の小崎邦平に神託があり、甘楽郡蓬ヶ丘菖蒲谷(綾女谷)に遷座したのが現在の貫前神社である。

『上野国一宮御縁記』によると、教倒四年[534]三月十五日、抜鉾大明神は三人の供を連れて天早船に乗って荒船山に降臨した。 その後、上野国甘楽郡尾崎郷丸山崎菖蒲谷に遷り、ある時は美女として現れ、ある時は大きな光物に変じて飛び回った。 大海人皇子(天武天皇)が碓氷郡に流されていた頃、狩猟のため丸山崎に行幸された時、皇子の肩に光物が飛びついて「我は是れ南天竺の者なり。衆生済度の為に本朝に来り」と託宣した。 これにより、白鳳六年[666]三月十五日に菖蒲谷に社殿が建立された。 三人の供は、新船(荒船)大明神、鷺大明神(咲前神社)、稲含大明神として顕れた。

『一宮御本地堂縁起』によると、一宮の本地は多聞天(毘沙門天)である。 養老年中[717-724]、東夷征伐の勅命を蒙った兵庫宿禰の夢に多聞天が示現し、 「我は軍神の多聞天で、貫前宮は我が分神である。戦が終わったら一宇を建て我を安置せよ」 と告げた。 宿禰はそのお告げに従って金色の毘沙門天像を入手し、朝敵を亡ぼして凱旋し、本地堂を建てて尊像を安置した。
昔、抜鉾大神の鎮座の時、悪神が荒船山の方から雲を起こして鎮座を妨げようとした。 この時、毘沙門天の神通の兵が現れて、悪神を追い退けた。
その後、一人の旅僧が来て、尊像を直に拝するのは畏れ多いと、自ら弥勒像を作って中に尊像を納めたので、一宮の本地は弥勒菩薩となった。

『上野国志』[LINK]は「祭神経津主命(一宮記)」とする。 また、先代旧事本紀大成経(神社本紀)の異説として「金橋宮天皇時(安閑天皇)、若桜宮天皇魂(神功皇后)、従洲輪(諏訪)遷至鎮坐、元坐洲輪下宮」と記す。

なお、「上野国九ヶ所大明神事」では、抜鉾大明神を俗体(弥勒)・女体(観音)の二神としている。 これについて、尾崎喜左雄は貫前神社と抜鉾神社とは本来は別の神社だったとする"二神二社説"を主張した。 同説によると、抜鉾神社は物部氏の奉斎する武神(経津主命に該当)を祀り、貫前神社は渡来人が祀った織物の女神(姫大神に該当)を祀っていた。
(参考文献 尾崎喜左雄「貫前抜鉾両神社の研究」、『上野国の信仰と文化』所収、尾崎先生著書刊行会、1970)
垂迹本地
抜鉾大明神俗体弥勒菩薩
女体観音菩薩

荒船大明神

荒船神社(群馬県甘楽郡下仁田町南野牧)
祭神は経津主命で、大山津見命・大日孁尊・建御名方命・菅原道真公・国常立尊・迦遇突知命・須佐之男命・火産霊命・金山毘古神・伊斯許理度売命・宇迦之御魂命・市杵嶋比売命・誉田別尊(応神天皇)・保食命・罔象女命・味耜高彦根命・大国主命・日本武尊・煩大人神・波邇夜須比売神・天椹野命を配祀。

『上野国志』[LINK]によると、抜鉾大明神の最初の鎮座地が荒船神社、第二の鎮座地が稲含神社(甘楽郡下仁田町栗山)である。

笹岡山は長野県と群馬県の県境に位置する荒船山に該当する。
荒船山は国譲りの際に経津主命と建御名方命の戦場となり、その後に和議が成立した地と伝えられる。
なお、長野県側の山麓にも荒船山神社(長野県佐久市内山)が鎮座し、建御名方命・八坂刀売命を祀っている。

諏訪大明神

参照: 「諏訪縁起事」

赤城大明神

参照: 「上野国勢多郡鎮守赤城大明神事」