『神道集』の神々

第十六 上野国九ヶ所大明神事

一宮は抜鉾大明神、俗体は弥勒菩薩、女体は観音菩薩である。
二宮は赤城大明神、大沼の本地は千手観音、小沼の本地は本地虚空蔵菩薩、禅頂の本地は本地地蔵菩薩である。
三宮は伊香保大明神、湯前の本地は薬師如来、里下の本地は十一面観音である。
四宮は宿禰大明神、本地は千手観音である。
五宮は若伊香保大明神、本地は千手観音である。
六宮は春名満行権現、本地は地蔵菩薩である。
七宮は沢宮小祝、本地は文殊菩薩である。
八宮は那波上宮の火雷神、本地は虚空蔵菩薩である。
九宮は那波下宮の少智大明神、本地は如意輪観音である。
総社の本地は普賢菩薩である。

抜鉾大明神

参照: 「上野国一宮事」

赤城大明神

参照: 「上野国勢多郡鎮守赤城大明神事」上野国赤城山三所明神内覚満大菩薩事

伊香保大明神

参照: 「上野第三宮伊香保大明神事」

宿禰大明神

参照: 「上野第三宮伊香保大明神事」

若伊香保大明神

参照: 「上野第三宮伊香保大明神事」

春名満行権現

榛名神社(群馬県高崎市榛名山町)
祭神は火産霊神・埴山毘売命で、水分神・高龗神・闇龗神・大山祇神・大物主神・木花開耶姫神を配祀。
式内社(上野国群馬郡 榛名神社)。 旧・県社。
榛名山の中腹に鎮座し、御神体は社殿背後の御姿岩の洞窟中に祀られている。

『群馬県群馬郡誌』[LINK]によると、綏靖天皇の御宇[B.C.581-B.C.549]、可美真手命・彦湯支命父子が東国平定の際に榛名山上に神籬を立てて天神地祇を祀り、鎮護国家の霊場とした。 用明天皇元年[586]四月八日に初めて斎祀が行われた。

『榛名山志』によると、中殿に元湯彦命、東殿に饒速日尊、西殿に熟真道命を祀り、三神で満行宮大権現と称する。 吉田神道の説では、中殿に伊弉諾尊・伊弉冊尊、東殿に国常立尊、西殿に大己貴命を祀る。 貴宮という小祠が在り、古老の説によると満行宮鎮座以前の地主神で、祭神は大己貴命である。 本地堂には勝軍地蔵菩薩を安置する。

『上野国志』[LINK]は先代旧事本紀大成経(神社本紀)の説として「背野国、秦名神祠、高丘宮天皇時、元湯彦大神至這国鎮坐、先是、橿原宮天皇時、与父神美真遅大神、伏夷賊、亦戦大力之悪神、威殺之、威伏之、依之此神主勝軍道」と記す(高丘宮天皇は綏靖天皇、橿原宮天皇は神武天皇)。 大成経(皇孫本紀)によると、元湯彦命は父神と共に東征し、尾張国で猛力雄(たけちからを)神と戦ってこれを屈服させた。 さらに、三河国で隠飡(かけくひ)彦鬼、信濃国で縁長祇(あをたけすみ)鬼を退治した。 その後、双槻宮天皇(用明天皇)の御代に榛名山に現人神として顕れ、名を満行権現と云う。

沢宮小祝

小祝神社(高崎市石原町)
祭神は少彦名命で、速玉男命・伊弉冊命・事解男命・大日孁尊・五十猛神・健御名方神・大国主神・誉田別命(応神天皇)・宇気母智神・倉稲魂神・大名持神・大山祇命・菊理姫命・軻遇突智命・八衢彦神・八衢姫命・久那止神・市杵嶋姫命・素盞嗚命・菅原道真を配祀。
式内社(上野国片岡郡 小祝神社)。 旧・郷社。
史料上の初見は『日本三代実録』(元慶四年[880]五月二十五日戊寅)の「授上野国正四位上勲八等貫前神従三位勲七等。従四位下赤城石神・伊賀保神並従四位上。正五位下甲波宿祢神従四位下。正五位下小祝神・波己曽神並正五位上勲十二等」

『上野国志』[LINK]によると、本地は薬師仏である。

火雷神

火雷神社(佐波郡玉村町下之宮)
祭神は火雷神で、那波八郎・保食命・菅原道真・火産霊命・大物主命・建御名方命・誉田別尊(応神天皇)・素盞鳴尊・高淤賀美命・宇迦御魂命・大日孁貴尊・少彦名命を配祀。
式内社(上野国那波郡 火雷神社)。 旧・郷社。
史料上の初見は『日本後紀』(延暦十五年[796]八月甲戌)の「上野国山田郡賀茂神・美和神・那波郡火雷神並為官社」

『佐波郡神社誌』[LINK]によると、当社の創立は崇神天皇元年[B.C.97]で、景行天皇五十七年[127]に東国大都督御諸別王により初めて奉斎された。

和田義弓『郷社火雷神社調書』によると、旧暦十月末午日丑刻から翌月初午日丑刻、社頭の四方に注連を張って秘密神事(那波神事)を行う。 その由来であるが、貞観四年[862]の冬十月から翌月にかけて、この地を寒波が襲い大雪が積もった。 また、妖怪が現れて子供を奪って食った。 郡司が朝廷に訴えると、僧正と武士が遣わされた。 僧正は社辺清地に神壇を設け、妖怪降伏利生安民法を行った。 七日目の満願の夜に妖怪が現れ、神壇から神鏡を奪おうとしたが、武士は妖怪を捕えて退治した。 朝廷は僧正と武士の功を賞し、武士は那波郡を領して那波八郎と称した。 那波八郎は下之宮に居館を設け、後に都島に遷って亡くなった。 人々はその霊を祀って八郎明神と呼んだ。 以来、火雷神社では霊剣を以て妖怪を降し五穀豊穣を祈願する秘密神事を行うのである。
(参考文献 佐藤喜久一郎『近世上野神話の世界』、岩田書店、2007)

少智大明神

倭文神社(伊勢崎市上之宮町)
祭神は天羽槌雄命で、倉稲魂命・菅原道真・豊受姫命・木花咲耶姫命・大己貴命・大山祇命・誉田別尊(応神天皇)・素盞嗚尊・菊理姫命を配祀。
式内社(上野国那波郡 倭文神社)。 旧・郷社。
史料上の初見は『日本三代実録』(貞観元年[859]八月十七日庚子)の「上野国正六位上委文神列於官社」

『佐波郡神社誌』[LINK]によると、垂仁天皇三年[B.C.27]に創建された。

総社

上野総社神社(群馬県前橋市元総社町一丁目)
主祭神は磐筒男命・磐筒女命・経津主命・宇迦之御魂命・須佐之男命で、赤城大明神・抜鉾大明神・若伊香保大明神・伊香保大明神・岩根大明神(宿禰大明神)・小祝大明神・浅間大明神・榛名大明神・火雷大明神・倭文大明神・上野国内五百四十九社を配祀。
旧・県社。

『群馬県群馬郡誌』[LINK]によると、崇神天皇四十八年[B.C.50]、豊城入彦命が東国平定のために上野国に下向した際、経津主命を軍神として奉斎し、親神である磐筒男命・磐筒女命を合祀。 安閑天皇元年[531]三月十五日、社殿を改築して蒼海明神と称した。 天平十年[738]九月九日、上野国内十四郡五百四十九社を勧請。 永仁六年[1238]十二月二日、『上野国神名帳』を作り、社号を総社大明神と称した。

『上野国神名帳』(総社本)によると、総社大明神は抜鋒(抜鉾)大明神と父子一体の分身であり、本地は弥勒菩薩である。
垂迹本地
抜鉾大明神男体弥勒菩薩
女体観音菩薩
赤城大明神大沼千手観音
小沼虚空蔵菩薩
禅頂(地蔵岳)地蔵菩薩
伊香保大明神男体(湯前)薬師如来
女体(里下)十一面観音
宿禰大明神千手観音
若伊香保大明神千手観音
榛名満行権現地蔵菩薩
小祝大明神文殊菩薩
火雷大明神虚空蔵菩薩
倭文大明神如意輪観音
総社大明神普賢菩薩(または弥勒菩薩)