『神道集』の神々

第三十九 玉津島明神事

第十二代景行天皇に衣通姫という后がいた。 衣通姫は大和国山辺郡の地頭・山辺右大臣高季卿の娘である。
天皇が亡くなって姫が悲嘆に暮れていると、三十五日目の暁に天井で物音がした。 振り仰いでご覧になると、帝の面影が見えた。 帝は文を結えて枕元に投げ落とし、姿を消した。
衣通姫がその文を見ると、確かに帝の手跡であの世の寂しさが述べられ、最後に一首の歌が記されていた。
 わくらばに問ふ人あらば死出の山 泣き泣き独り行くと答へよ
衣通姫の嘆きはますます深くなり、死後のお供をしようと和歌浦に身を投げ、玉津島明神として顕れた。 その後、帝も神として顕れた。

玉津島明神

玉津島神社(和歌山県和歌山市和歌浦中三丁目)
祭神は稚日女命・息長足姫命(神功皇后)・衣通姫命で、明光浦霊を配祀。
旧・村社。
史料上の初見は『続日本紀』(神亀元年[724]十月壬寅)で、聖武天皇が紀伊国に行幸して海部郡玉津島頓宮に十余日逗留した際、 「山に登り海を望むに最も好し。遠行を労せずして、以て遊覧するに足れり。故に弱浜の名を改めて明光浦とし、宜しく守戸を置きて、荒穢せしむことなかれ。春秋二時に官人を差遣し、玉津島の神・明光浦の霊を奠祀せしめよ」と詔した。

『紀伊続風土記』附録(神社考定部)[LINK]によれば、玉津島には神代から稚日女命が祀られていた。 この神は天野の丹生津比女神と同神である。
『播磨国風土記』逸文(『釈日本紀』に引用)[LINK]によると、神功皇后が新羅征伐に向う途中、爾保都比売命が播磨国造の石坂比売命に懸って託宣し、赤土を出した。 この赤土を天逆鉾に塗り、軍船や兵士の衣も赤土で染めたところ、何者も皇后の軍を遮る事は出来なかった。 皇后は凱旋後に紀伊国管川の藤代之峯(伊都郡高野町筒香地区の子粒山)に爾保都比売命を祀ったという。
この社を後に天野に遷座したのが丹生都比売神社(伊都郡かつらぎ町上天野)である。 玉津島と天野は元来は一神であるので、毎年九月十六日には丹生明神の神輿を玉津島に遷幸する"浜降り"の神事が行われた。 神幸は永禄年間[1558-1570]に廃絶したが、祭礼(現在は4月第3日曜日の花盛祭)の時に神輿を玉津島に向けて遥拝する。
上記の縁由により神功皇后を玉津島神社に合祀。 また、仁和二年[886](『古今集序註』では同三年)九月十三日に衣通姫命を合祀し、三座の神を祀るようになった。

『親房卿古今集序註』によると、衣通姫は稚野毛二派皇子(応神天皇の御子)の娘で、その姉は允恭天皇の皇后(忍坂大中姫)である。 その美しさは衣を通して輝くようなので衣通姫と呼ばれた。 允恭天皇に妃として召されたが皇后を憚って参内しなかったので、中臣烏賊津が使者として応諾させた。 後に和歌浦に垂跡して玉津島明神となった。 光孝天皇が病気になって祈祷をした明け方、赤袴を着た女房が夢枕に立って 「立かへり又も此世に跡たれん 其名うれしきわかのうらなみ」 と歌を詠み、天皇が誰かと問うと衣通姫と答えた。 そこで、仁和三年九月十三日に右大弁源隆行を勅使として和歌浦に玉津島神社を造立し、信遍上人が勧請して本地聖観音と崇め奉った。

上記の由縁により、玉津島明神(衣通姫命)は歌道を守護する"和歌三神"の一として崇敬された。
垂迹本地
玉津島明神衣通姫命聖観音
参考文献『親房卿古今集序註』