『神道集』の神々

第十八 諏訪大明神五月会事

諏訪大明神の五月会は、人皇五十代光孝天皇の御宇より始まった。
当時、在原中将業平という臣下がいた。 平城天皇の五代の子孫で、文武二道に秀でており、特に笛の名手であった。
また、信濃国に一人の鬼王がいた。 名を官那羅といい、鬼婆国の乱婆羅王から五十二代目だった。 この鬼は笛好きで、青葉の笛という不思議な笛を持っていた。 心に音声を観じれば自在に吹く事ができ、また善悪・吉凶も察知する事ができた。
在原中将はこの笛を手に入れたいと思い、笛を百本造って高山幽谷に行き、毎夜秘曲を吹いた。 ある夜、鬼王が来て伊諱門の北の野辺で遊んだ。 業平は鬼王の笛を借りて二十五菩薩来迎の自然の法音を吹いた。 明け方近くなって、業平は青葉の笛を隠して別の笛と入れ替えた。 鬼は「違う」と云って受け取らない。 その内に鶏が鳴き始めると、鬼王は大いに驚いて帰ってしまった。
業平は笛を帝に献上した。 中一日おいた昼頃、鬼王が若衆姿に変じて内裏に現れ、笛の返還を求めた。 帝の返事が無いと、鬼王は怒って本身を現した。 それでも帝は笛を返そうとしないので、鬼王は帝の寵愛する二人の女官を攫っていった。
帝は満清を召し出し、鬼王を討ち取るよう命じた。 満清将軍は十二人の供を率いて信濃に向った。 美濃と尾張の国境の洲俣川を渡った時、楠の葉の紋の水干を着た殿原と出会い供に加えた。 翌日、伏屋という所で、梶の葉の紋の水干を着た殿原と出会い供に加えた。
鬼王は戸隠山を出て浅間山に居を移していた。 将軍一行は浅間山に登って鬼の城に近づいた。 二人の殿原は太刀を抜いて門内に討ち入った。 鬼王が出て来て二人を追い出した。 将軍は矢が続く限り戦ったが、鬼王は二人を左右の手に提げて門内に入った。 やがて、二人は鬼王を縛り上げて出て来た。
凱旋の途中、粟田口で二人の殿原は姿を消した。 楠の葉の紋の水干を着た殿原は尾張国鎮守の熱田大明神、梶の葉の紋の水干を着た殿原は信濃国鎮守の諏訪大明神だった。
京の三條河原で鬼王の処刑が行われた。 鬼の首は斬ってもすぐに元に戻るので、帝もお困りになっていた。 その時、熱田大明神と諏訪大明神が守護して力を貸してくれたので、ついに鬼の首を斬り落とす事が出来た。
満清は大納言になって信濃など十五ヶ国を賜り、熱田大明神に四十八箇所の土地を寄進した。 また、諏訪大明神には特別に十六人の御頭を定め、改めて諏訪郡を寄進した。

天竺の舍衛国の波斯匿王の娘に金剛女の宮という天下第一の美人がいたが、十七歳の時に生きながら鬼王の姿となった。 これは過去世で善光王の后だった時に三百人の女に嫉妬して殺した報いである。 祇陀大臣がこの金剛女を預かる事となった。
大王は釈尊に説法を願った。 釈尊は弟子を引き連れて来臨し、説法は数日に及んだ。 金剛女はこれを知って王宮を伏し拝んだ。 すると、釈尊の眉間より光が放たれ、金剛女は三十二相を具えた美しい姿となった。 大王は不思議に思い、祇陀大臣を姫の婿にした。
金剛女の宮は会者定離を示すための化身で、本地は千手観音である。 後に日本に移り住まわれた。

神武天皇は諏訪の宮の御子である。
熱田大明神は諏訪大明神の甥で、宇都宮大明神の御子である。
宇都宮大明神は諏訪大明神の弟である。
満清は諏訪大明神の烏帽子子である。
諏訪の上宮は祇陀大臣で、本地は普賢菩薩である。
下宮は昔の金剛女の宮で、本地は千手観音である。
昔の事を忘れず、神功皇后の新羅征伐の時に守護された。

諏訪の五月会は満清の立願により始まった。

諏訪大明神

参照: 「諏訪縁起事」
垂迹本地
諏訪大明神上宮普賢菩薩
下宮千手観音

五月会

諏訪円忠『諏訪大明神絵詞』[LINK]によると、五月二日に御狩押立の神事を行う。 その後、台弖良山において数百騎で鹿を射る(ただし、実際に矢を当てる鹿は二~三頭である)。 同四日までの三ヶ日の儀式である。 五日は上社本宮の祭礼で饗膳式を行い、六日は流鏑馬を行う。

熱田大明神

参照: 「熱田大明神事」

宇都宮大明神

参照: 「宇都宮大明神事」
「諏訪縁起事」によると、示現太郎大明神(宇都宮大明神)は甲賀三郎(諏訪大明神)の兄の甲賀太郎諏致である。

波斯匿王

釈尊在世時のコーサラ国王プラセーナジット。 王妃はマッリカー(勝鬘夫人)。 王子はジェータ(祇陀太子)とヴィドゥーダバ(毘瑠璃王)が知られる。

波斯匿王の娘に関する説話は『撰集百縁経』などの仏典に説かれ、『今昔物語』巻三「波斯匿王娘金剛醜女語 第十四」[LINK]としても知られている。

『諏訪神社縁起』[LINK]によると、天竺の獅子類王に四人の御子がいた。 第一は甘露飯王でその御子は貴飯王(上宮大明神の父)と提婆達多である。 第二は白飯王でその御子は阿難である。 第三は黒飯王でその御子は波斯匿王(下宮后大明神の父)である。 第四は浄飯王でその御子は釈迦如来である。

神功皇后の新羅征伐

『諏訪大明神絵詞』[LINK]によると、神功皇后元年[201]に皇后が松浦県に到った時、官軍はわずか三百七十余人・乗船四十八隻、異敵は五十万人・乗船十万八千隻であった。 皇后が占いの為に髪を海に浮かべて細針を浪に投げると、鮧鯷(アユ)が釣れる吉兆が有り、虚空より武装した二名の神将が化現した。 これは、天照大神の詔勅により諏訪・住吉の二神が守護のために参じたものであった。