2019年08月22日

ぱそこん


20年以上AT 互換機が趣味です。今では誰でもPC 持ってますけどね。 昔は98やMac はともかく、AT互換機は珍しかったのです。 今でもいやなことがあると秋葉原 へ出かけてパーツやソフトウェアを買ってきてストレスを発散させます。

というわけで本ドキュメントでは私の場合のAT 互換機導入・活用事例の 紹介をします。でも『パソコン日記』以外は古いはなしばかりだったりします。 逆にもっと古いはなしに走ったほうがウケるかもしれませんね。

2台目マシンの写真

ミニサーバ


  1. マシン紹介
    所有する7台のAT 互換機の構成について

  2. AT 互換機で何をしているか

  3. ハード・ソフトの感想、使いごこち
    私が使用しているハードウェアやソフトウェア、サービスの感想や私的な解説です。
    TMC AI6NLD 440LX マザーボード
    FM Blaster FM 文字放送の受信機
    IBM MTA 3230 SCSI MO ドライブ
    HP 35480A DDS(DAT) テープ
    Nakamichi MBR-7 7連装SCSI外づけCD-ROM
    キーボード切替器 全結線の切替えスイッチ
    YY-B0010 キューブ型のケース
    DTI インターネットプロバイダ
    QV-10デジカメ
    Mod4Win MOD ファイルを演奏するシェアウェア
    SONY SMD-v341 ユニークなモデム
    VMware 3.0 仮想PC を実現するソフトウェア

  4. トラブル・不満なこと
    AT 互換機ライフではいろいろなトラブルが発生します。
    私がこれまでに体験したハードウェアの故障や不具合に関するページです
  5. これからやりたいこと

  6. ダイヤルアップルータによるセキュリティー向上

  7. Solaris8 x86 02/02 版セットアップ記
    1台のPC にDOS, WinNT4.0WS, Slackware-8.1, Solaris8 をマルチインストールし、Solaris8 にはOpenSSH, XFree86-4.2.1, samba-2.2.4-ja-1.0 等をインストールしました

  8. ソフトウェア
    自作のソフトウェアを公開しています。

  9. パソコン日記
    仕事でソフトウェア開発をやっているので、仕事も趣味もコンピューター です。そんな生活の中で起こるできごとを紹介します。



メインメニューへ戻る