『神道集』の神々

第九 鹿嶋大明神事

鹿嶋大明神は天照大神の第四の御子の天津児屋根尊である。 金鷲に乗って常陸国に天下り、古内山旧跡の鹿嶋の里に顕れた。
本地は十一面観音である。

この神の氏人である大仲臣鎌足村子は、天津児屋根尊が金鷲に乗って天下った時に銀鷲に乗ってお供をした者の末裔である。 人皇三十七代孝謙天皇の御代に様々な大臣を定めた時、鎌足は最初の内大臣になった。 人皇三十九代天智天皇の御代に、始めて藤原の姓を賜った。
藤氏の始祖は鎌足内大臣で、今では多くの帝・后・大臣・公卿が藤氏の末々枝葉である。 鎌足が鹿嶋大明神から鎌を賜り内裏の勅によって朝敵を誅した事による。 鎌足は三十二歳で内大臣になり、五十六歳で亡くなった。 位は大織冠である。
その御子は次男の左大臣正二位不比等である。 元明・元正の二代の帝に仕えた。 太政大臣となり諱を淡海公という。
淡海公には二人の御子と二人の弟があった。 一人の弟は宇合式部卿で、鎌足の三男である。 これを式家という。 もう一人の弟は内麻呂で、鎌足の四男である。 これを京家という。 嫡子は武智麻呂で、これを南家という。 次男は房前参議で、これを北家という。 以上を藤氏四家といい、関白家はこの末裔である。

鹿嶋大明神は藤氏の氏神なので、氏人が帝・后・大臣になる時は御使いを奉る。 帝が奈良に在る時、常陸国は遠方なので、鹿嶋大明神を大和国三笠山に遷して春日大明神と名付けた。 都が平安京に移ってから、その近くに遷したのが大原大明神と吉田明神である。

第二十五 春日大明神事(参考)

そもそも鹿嶋大明神が常陸国に垂迹された由緒であるが、天神七代の国常立尊より伊弉諾・伊弉冊尊の御代が終り、地神五代の御代に荒振神たちを鎮め、大小の神祇の鎮座地が定まった。 その時に天津児屋根尊は金鷲に乗って、常陸国の中郡古内山に天下られた。 その後に国中を廻り、鹿嶋郡は吉き処であるとして御在所に定められた。
鹿嶋には思惟大明神という石が山中に在る。 即ち大明神の御思惟が有る所である。
御宝殿は西向きである。 一説によると、天王寺を向いており、仏法東漸の始めと終りを表している。
不開御殿は北向きである。
奥御前は天明大神等である。
六所明神は大龍神である。
南八龍神の本地は不動明王である。
北八龍神の本地は毘沙門天王である。
鹿嶋三所は鹿嶋大明神と沼尾・酒戸である。
沼尾の本地は薬師如来で、明神の御弟である。
酒戸の本地は地蔵菩薩で、明神の御妹である。
息洲三所の本地は釈迦如来・薬師如来・地蔵菩薩・不動明王・毘沙門天王等である。
手子后の本地は釈迦如来である。
御足洗で心の塵を濯ぎ、神宮寺で本地を拝する。

鹿嶋大明神

鹿島神宮(茨城県鹿嶋市宮中)
祭神は武甕槌大神。
式内社(常陸国鹿嶋郡 鹿嶋神宮名神大 月次新嘗)。 常陸国一宮。 旧・官幣大社。

『鹿島宮社例伝記』[LINK]には「大宮柱太敷立始給事、于時神武天皇元年辛酉[B.C.660]ヨリ二十一年在造立」と記されている。

『日本書紀』(神代紀・第九段)[LINK]によると、高皇産霊尊は葦原中国の平定のために武甕槌神と経津主神を遣わした。 二神は出雲国の五十田狭小汀(稲佐の浜)に降り、大己貴神に天孫に葦原中国を譲るよう申し入れた。 稲背脛が使者となって大己貴神の子の事代主神を帰順させると、大己貴神は国土平定に用いた広矛を献上し、「吾れ此の矛を以て卒に治功あり、天孫若し此の矛を用て国を治めたまはば、必ず平安ましまさん、今我れまさに百不足の八十隈に隠去れなん」と云ってお隠れになった。 その後、二神はまつろわぬ神々を誅して葦原中国を平定し、高天原に戻った。

『古事記』[LINK]によると、天照大神は建御雷神と天鳥船神を葦原中国に遣わした。 二神は出雲国の伊那佐の小浜(稲佐の浜)に降り、大国主神に天孫に国を譲るよう申し入れた。 事代主神が先ず国譲りに応じ、青柴垣に身を隠した。 建御名方神は国譲りに抵抗して建御雷神と争い、科野国之洲羽海(信濃国の諏訪湖)に逃れてついに国譲りに応じた。 息子たちが帰順したので、大国主神も国譲りに応じ、出雲国の多芸志の浜に天之御舎(出雲大社)が建立された。 建御雷神は葦原中国の平定を終えると高天原に戻った。

『常陸国風土記』香嶋郡の条[LINK]には「別に神郡を置く。其の処に所有す天之大神社、沼尾社、坂戸社、三処を合せて、総べて香島天之大神と称す」「高天原より降り来たまひし大神、名を香嶋天之大神と称す。天にては号を香嶋之宮と曰ひ、地にては豊香嶋之宮と名づく」とある。
また、「淡海大津朝[662-671]に、初て使人を遣して神の宮を造らしめき」とある。

思惟大明神

鹿島神宮境内の要石。
『鹿島宮社例伝記』[LINK]には「奥之院奥ニ石ノ御座有、是俗カナメ石ト云、号山ノ宮トモ、大明神降給シ時、此石ニ御座侍、金輪際連云」と記されている。 また、「常州殊地震難繁国石御座有ケルニヤ、為地震不動故、於当社地震不動」とあり、江戸時代には地震を起こす大鯰を鹿島神宮の要石が押さえているという俗信が流布した。
無住『沙石集』の拾遺によると、右大弁入道光俊が鹿島神宮に参詣した時に、「尋ねかね 今日見つるかなちはやぶる 深山の奥の石の御座(みまし)を」と詠み、「これは大明神天よりあまくだり給ひて、時々座禅せさせ給石なり。万葉集のみましと云これなり」と語った。 この逸話に因んで"石の御座"・"御座石"・"座禅石"とも呼ばれる。

御宝殿

一般的には本殿(正殿)を云うが、ここでは仮殿(奉拝殿)を指すと思われる。
『鹿島宮社例伝記』[LINK]には「楼門当西向在御社、奉拝殿曰、正御殿ニアラズ、遷宮等之時、暫此社御座移給、御仮舎所也」と記されている。

明治十四年[1881]まで楼門の正面に西向きに建てられていたが、その後は境内を再三移転し、昭和二十六年[1951]からは現在地に南向きに建てられている。

不開御殿

鹿島神宮の正殿。 正月七日の夜の"御戸開神事"以外の時は御扉は開かれない。
史料上の初見は『吾妻鏡』(仁治二年[1241]二月十二日庚午)[LINK]の「丑刻常陸国鹿嶋社焼亡、但不開御殿、奥御殿等不焼、当社垂跡以来、未有此災之由、古老之相謂所也」。
『鹿島宮社例伝記』[LINK]には「不開御殿曰、奉拝殿傍御座ス、是則正御殿也、北向御座、雖本朝之神社多、北方向立給社稀也、鬼門降伏、東征静謐鎮守、当社御神殿霊法如此社北向ケル、御神躰正東向、奉安置内陣之例法也」と記されている。

奥御前

鹿島神宮の摂社・奥宮。
祭神は武甕槌大神荒御魂。
史料上の初見は不開御殿と同じ。

『鹿島宮社例伝記』[LINK]には「是ヨリ東三丁ヲ去、奥院トテ御座、是大明神禅定三昧之内院トモ曰、諸神官等参詣、俗出家ニ心アラン人ハ念誦読経モ高声ナラズ」「天照太神影御社共伝」と記されている。 『神道集』の"天明大神"は"天照大神"の誤写だろうか?

存覚『諸神本懐集』[LINK]によると、奥御前の本地は不空羂索観音。

六所明神

不詳。

沼尾

鹿島神宮の境外摂社・沼尾神社(鹿嶋市沼尾)
祭神は経津主命。
『常陸国風土記』所載社(香島郡 沼尾社)。

『鹿島宮社例伝記』[LINK]には「沼尾社ハ本社ヨリ七里ヲ去ル、是則経津主命香取大明神也、此神始常陸鹿島天降後、下総神崎ト云所ニ御座トモ云ヘリ、其後香取ニハ垂跡給ト云」と記されている。

かつては社辺に"沼尾の池"が有り、『常陸国風土記』香嶋郡の条[LINK]には「北に沼尾の池あり。古老の曰へらく、神世に天より流れ来し水沼なりと」「前に郡の置かれし所なり」と記されている。

酒戸

鹿島神宮の境外摂社・坂戸神社(鹿嶋市山之上)
祭神は天児屋命。
『常陸国風土記』所載社(香島郡 坂戸社)。

『鹿島宮社例伝記』[LINK]には「坂戸宮、本社ヨリ北五里ヲ去、天児屋根尊、是則河内国平岡之神也」と記されている。

八龍神

靇神社(鹿嶋市宮中一丁目)
祭神は高龗神・闇龗神。

『鹿島宮社例伝記』[LINK]には「八龍神トテ両社左右ニ峙賜、恐雨師風神佰風神之現外護眷属、中宗トノ御神、賞罰新ニ御座ニヤ」「八大龍王并六拾四億之大龍王、皆此神ノ内外守護給ニヤ」と記されている。

『鹿嶋誌』[LINK]によると、拝殿の脇に二社、楼門の中に四体、大町の左右に二社の八所に龍神が祀られていたが、明治維新の際に取り払われた。
八所の龍神の内、大町の二社が合祀されて現在の靇神社となり、大町区の鎮守社として祀られている。

息洲三所

息栖神社(茨城県神栖市息栖)
祭神は岐神・天鳥船神・住吉三神。
国史現在社(於岐都説神)。 旧・県社。
史料上の初見は『日本三代実録』(仁和元年[885]三月十日乙丑)の「授常陸国正六位上於岐都説神従五位下」。

『鹿島宮社例伝記』[LINK]には「本社ヨリ南ニ当リ三十里去、在息栖宮、是遥宮ト云、塩津老翁、岐神、伊弉冉ノ御子御座由、此社左右ニモ八龍神御座、本社ヨリ祭礼勤行之末社也」と記されている。

『木曽路名所図会』によると、神功皇后の東夷征伐の時、三筒男神・武甕槌命・経津主命が顕現し、東征の将軍となって皇后を守護した。 皇后が賊敵を征伐して還幸の際、武甕槌命を鹿嶋、経津主命を香取、三筒男神を息栖の浜に祀った。 その後、大同二年[806]四月十三日に平城天皇が右大臣・藤原内麿に勅して現在地に遷座させた。

手子后

手子后神社(茨城県神栖市波崎)
祭神は手后比売命。

『鹿島宮社例伝記』[LINK]には「本社ヨリ五十里去、息栖之辰巳当、有天宮社、是ヲバ俗手子妃ト云、末社ナリ、是大明神御子ト云リ、東方守護之鎮守ト云々、本社ヨリ祭礼勤行之」と記されている。

『鹿嶋誌』[LINK]によると、旧記には神遊社とも云い、大神の御女と伝える。

御足洗

鹿島神宮境内の御手洗池。 かつては御手洗池で潔斎をしてから鹿島神宮に参拝した。
『鹿島宮社例伝記』[LINK]には「有神泉、号御手洗、昔宮作先一夜湧出云、又大明神大曲ト云弓ニテ堀出給ヘリトモ云」「此御池之辺小社有、八龍神トモ曰フ、御手洗大明神共云、神躰有二座」と記されている。
なお、この八龍神(御手洗大明神)を祀る小社は現存しない。

神宮寺

『常陸州鹿嶋太神宮本地尊像略縁起』によると、和銅元年[708]に満願上人が諸国巡行中に鹿島神宮に参籠して法楽を捧げると、地から金色の蓮華が涌出し、その上に十一面観音が示現した。 満願上人は行基菩薩を延請して十一面観音および釈迦・薬師・地蔵・弥勒の尊像を彫刻し、中臣鹿島連と協力して本地堂を造営した。
『鹿島宮社例伝記』[LINK]には「本社巽方五里去、建立其遠、其開基云ヘバ、四十三代元明天皇和銅元年戊申万巻上人是建立三十間之紺[金]堂、以鷲尾葺云、本尊丈六之釈迦如来、脇立十一面観音自在菩薩有弥勒菩薩ニテ建立後三百八十年ヲ経」「此神宮寺、昔基跡改、今御手洗河辺移御座、十一面観音薬師如来地蔵并不動明王毘沙門天皇[王]是也」と記されている。

ただし、『類聚三代格』[LINK]の太政官符「応随闕度補鹿島神宮寺僧五人事」(嘉祥三年八月五日)によると、鹿島神宮寺の創建は天平勝宝年間[749-757]である。
垂迹本地
鹿嶋三所鹿嶋大明神十一面観音
沼尾神社薬師如来
坂戸神社地蔵菩薩
奥御前不空羂索観音
北八龍神不動明王
南八龍神毘沙門天
息栖神社釈迦如来・薬師如来・地蔵菩薩・不動明王・毘沙門天
手子后神社釈迦如来

天津児屋根尊

中臣氏・藤原氏の祖神。 河内国の枚岡神社(大阪府東大阪市出雲井町)に祀られ、春日大社(奈良県奈良市春日野町)の第三殿に勧請された。

天児屋命の神統は以下の通りである。
『日本書紀』(神代紀・第七段の一書)[LINK]:「中臣連遠祖興登産霊の児天児屋命」
『新撰姓氏録』(左京神別上、藤原朝臣の条)[LINK]:「津速魂命三世孫天児屋命」
『先代旧事本紀』(神代本紀)[LINK]:「次津速魂尊。児市千魂尊。児興登魂命。児天児屋命(中臣連等の祖)」

『神道集』が鹿嶋大明神を「天照大神の第四の御子の天津児屋根尊」とする典拠は不明。

古内山

鹿島神社(東茨城郡城里町上古内)の背後の山。
『日本三代実録』(貞観八年[866]正月二十日丁酉)[LINK]に「鹿島大神宮惣六箇院。二十年間一加修造。所用材木五万余枝。工夫十六万九千余人。料稲十八万二千余束。採造宮材之山在那賀郡」とあり、この"宮材之山"にも比定される。

藤氏四家

藤原不比等の四人の息子を祖とする四家。
 南家:藤原武智麻呂(長男)
 北家:藤原房前(次男)
 式家:藤原宇合(三男)
 京家:藤原麻呂(四男)

春日大明神

参照: 「春日大明神事」

大原大明神

大原野神社(京都府京都市西京区大原野)
祭神は武御賀豆智命・伊波比主命・天之子八根命・比咩大神。
二十二社(中七社)。 旧・官幣中社。

延暦三年[784]、桓武天皇の皇后である藤原乙牟漏が春日大社の分霊を大原野に勧請した。

吉田明神

吉田神社(京都府京都市左京区吉田神楽岡町)
祭神は健御賀豆智命・伊波比主命・天之子八根命・比売神。
二十二社(下八社)。 旧・官幣中社。

貞観元年[859]、藤原山蔭が春日大社の分霊を神楽岡に勧請した。