2020年2月4日

パソコン日記(2020)




1997年からはじめた身の回りのコンピュータ全体の日記コーナーです。

仕事でソフトウェア開発をやっているので、仕事も趣味もコンピュータです。 そんな生活の中で起こったことや気づいたことを紹介します。
毎日書いてるわけではないのですが、のらりくらりと続いています。

特定のテーマで独立したページを書くのは結構大変なのですが、日々の出来事を エッセイ風に書くのはかなり楽なので最近はこちらばかり更新しています。



2019年 2014年 2013年 2012年
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年
2006年 2005年 2004年 2003年 2002年
2001年 2000年 1999年 1998年 1997年

リンクアイコン トップページへ戻る


2020/02/01(土)

SONY 「PC TV Plus」

デジタル映像データの伝送を暗号化するHDCP に対応してなかった古い液晶モニタ(2004年購入)では家庭LAN で地デジの録画を視聴するDTCP-IP DLNAクライアントを利用できなかった のですが、昨年液晶モニタを買い替え、ようやくHDCP 対応になったので SONY の「PC TV Plus」 (https://www.sony.jp/software/store/products/pctv-plus/) をダウンロード購入しました。
PC TV Plus もDTCP-IP 対応のDLNAクライアントアプリケーションです。 これは14日間は体験版として無料で試用でき、動作確認できて気に入ったら 3,000円+消費税で購入できるようになっています。

PC TV Plus のど真ん中の利用方法はSONY のnasne をWindows PC から利用することだと思います。
でもnasne は生産と販売が終了していてもう購入できません。
私が試してみたかったのは2009年に購入したSONY のブルーレイレコーダBDZ-EX200 に有線LAN接続してみることでした。
11年前のレコーダでとても古いのですが、2T のHDD を搭載していて高かったので大切に使ってます。
試してみたところ録画コンテンツをWindows(最初Win7 で11月にWin10 に乗り換え) で再生することができました。
この古いレコーダはPC TV Plus の動作保証機種ではないのですが、動作しました。

ただPC TV Plus のすべての機能が動くわけではないようです。 いま放映中の番組を録画せず、そのままライブで視聴することはできませんでした。
録画ファイルをWindows にダウンロードすることも対応してないようです。
ニュースなどを残さずにどんどん新しい予約録画で 上書きしていく「自動更新」設定で録画予約したものでも、PC TV Plus で一度再生すると上書きされなくなるようです。
BDZ-EX200 が非保障の機種だからかもしれません。
1.5倍速の早見再生は機能しました。

液晶モニタはLGエレクトロニクスの27UL850W(27inch 4K) なのですが、少し問題がありました。
HDCPに対応した液晶なのですが、不安定でHDCPのエラーでPC TV Plus がなかなかうまく動作しない感じでした。
試行錯誤したところ、HDMIではなくDisplayPort で接続し、 液晶モニタの設定ダッシュボードで DisplayPort のバージョンを1.1, 1.2, 1.4 の3つから選択できるのですが、ver1.1 を設定した場合だけ安定 しています。

IO DATA テレキング(GV-TNX1A)

上記のPC TV Plus で放映中のテレビもライブ視聴したく、 nasne はもう手に入らないので何か代わりがないか調べたところ、 IO DATAさんのテレキングという製品が安くて手ごろのようです。
テレキングはnasne のように、 USBではなく有線LAN(イーサネット)で接続するテレビチューナです。
アンテナをつないで電波からテレビを受信します。 テレビやモニタを直接接続することはできず、HDDも内蔵していません。
WindowsPC やスマホやタブレットに無料で公開されている専用アプリを入れLAN 経由で視聴します。
USBで直接つながないので、LAN内でその時に使いたい端末から視聴できます。
USB3.0 でHDDを外部接続することもでき、その場合は録画もできるようになります。
時代はNETFLIX やAmazon プライムビデオのようなネット配信に移ってきたからか、 nasne のようにテレキングも販売収束しそうな感じです。
幸い、チューナを1機搭載した廉価版モデル
GV-NTX1A(https://www.iodata.jp/product/av/tuner/gv-ntx1a/index.htm) を量販店で購入できました。17,960円でした。

セットアップしてみたところ、PC TV Plus でテレキングに接続でき、 ライブ視聴が成功しました。
第7世代 iPad に無料の専用アプリ「REC-ON App」を入れるとiPad でも見れました。
別のWindows10 PC にテレキング専用の無料アプリ「テレキングリモート」と 「テレキングプレイ」をWindows Store 経由でいれ、こちらでも見れました。
PC TV Plus は3,000円+税金ですがテレキングのアプリは無料なのでこれだけでも よさそうですね。
USB3.0 でポータブルHDDを接続すると録画でき、録画したコンテンツもPC TV Plus やテレキング専用アプリで視聴することができました。

残念な点として、テレキングはチャンネルの切り替えに15秒から20秒ぐらいかかります。 かなり遅いですね。
購入できたのは1チューナの廉価版モデルで、 1チューナというのは部品も古くて遅いのかもしれません。
そのほかの特徴としては、電源はACアダプタではなく内蔵電源になっています。
3cm ぐらいの小型の冷却ファンがついていて、少し音がします。 ファンレスでないことは知っておいたほうがよいと思います。
取扱い説明書のライセンス記述を見るとOSとしてLinux が動いているようです。

メインメニュー へ戻る

アクセスカウンタのイメージ